通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> アフターピル副作用

アフターピル副作用目次

アフターピル副作用

アフターピルの作用によって、体内のホルモンバランスを、月経前や妊娠中の状態へと近づけるため、避妊効果を得られると同時に、副作用も起こる可能性があります。

副作用に関しては、個人差による差が大きく、重い副作用を感じる方もいれば、全く副作用が起こらない方もいます。


副作用による嘔吐への注意点

アフターピル,副作用 副作用によって、薬が完全に吸収される前に嘔吐してしまい、避妊効果を得られない等のケースもあります。

中用量ピルのプラノバール錠では、
『吐き気が約50%』『嘔吐が約15%』

ノルレボ錠(アイピル)では、
『吐き気が約3%』『嘔吐は稀に起こる』

アフターピル服用後、目安として約2時間以内に嘔吐してしまった場合には、追加のアフターピルを服用するしなければなりません。

これは、成分を体が吸収する前に嘔吐してしまうと、避妊効果が得られない可能性が高いからです。

使用する前に、アフターピルにはどういった副作用があるのかを理解する事で、避妊失敗率を下げることにも繋がります。


主なアフターピルの副作用

アフターピル服用で起こりうる代表的な副作用は以下になります。

・悪心や吐き気
・嘔吐
・腹痛
・頭痛
・めまい
・胸がはる
・倦怠感
・出血量の増減
・不正出血
・イライラ
・むくみ 等


妊娠時と副作用の違い

ホルモンバランスを妊娠時に近い状態と変化する為、胸がはるなどの症状を妊娠したと不安を感じる方もおりますが、性行為後、妊娠までには約10日程時間が必要です。

アフターピル服用後にこういった症状を感じる場合、ホルモンバランスの変化による副作用によって起こっている場合が多いです。


アフターピルによる体重増加

また、体重増加を気にされる方が多くいらっしゃいますが、浮腫による物が大半で一時的な状態となりますので、通常の生活に戻れば元に戻るでしょう。


アフターピル使用による妊娠への影響

アフターピルを使用する事で、今後妊娠しにくくなってしまうといった心配をされる方がいらっしゃいますが、特にそういった副作用は報告が御座いません。
何よりも、妊娠時に中絶を行うことの方が、体へ大きな負担をかける事になります。


アフターピルの副作用はいつから始まり何時間続くのか

アフターピル服用後、胃や腸の粘膜から主成分のホルモンが吸収されます。
約2時間~3時間程度で、血液中のホルモン濃度が高まる為、副作用が出始める場合が多いようです。

時間の経過と共に副作用は落ち着いていく為、約24時間(1日)で大抵の副作用による症状は落ち着いていきます。
約48時間(2日)後には、体からアフターピルの成分は抜けていきます。

アフターピルの作用によって、ホルモンバランスが変化する為、成分が体から抜けきったとしても、稀に数日から2週間程度続いたというケースもあります。


アフターピルの副作用を軽減する対処方法

アフターピル,副作用 吐き気や嘔吐が、アフターピルを使用した場合に、1番多い副作用です。
また、嘔吐によって避妊失敗にも繋がる原因となるため、こういった副作用が強い方には、副作用対策が必要です。

吐き気を抑える為に効果的なのが、薬局などで市販薬として販売されている、乗り物酔いを予防する酔い止め薬が効果的です。

アフターピルと飲み合わせも問題ありませんので、同様の吐き気どめを病院で処方して貰う事も可能です。
また、副作用自体を抑える為に、1セット2錠タイプのアフターピルを使用する方法があります。

現在の主流は1錠タイプで、1錠に必要な成分量が含まれています。
2錠タイプは必要な成分量が2錠に別けられているので、1錠あたりの成分量は1錠タイプに比べて半分となります。

2錠タイプは最初に1錠服用後、12時間後にもう1錠を飲みます。
その為、薬の吸収速度が1錠タイプに比べて緩やかになる為、副作用を抑える事が出来る場合があります。

但し、デメリットとして大きく2点あります。
①12時間後に飲み忘れてしまうと、避妊効果を得られなくなる。
②1錠目の副作用で2錠目を嘔吐してしまい、避妊効果を得られなくなる。
こういった問題から、現在は1錠タイプのアフターピルが一般的です。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る