通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> アフターピルとは?

アフターピルとは?目次

アフターピルとは?

ノルレボ アフターピルは緊急避妊薬です。
通常のピルは、行為の事前に使用する事で避妊効果をもたらしますが、アフターピルは行為事後に服用する事で避妊率を上げることが出来ます。

使用していたコンドームが破れてしまった等、避妊に失敗してしまった時や、妊娠を望まない時に避妊率を高めるのに用いる避妊方法です。

アフターピルの仕組み

それでは、アフターピルはどういった仕組みから妊娠を回避することが出来るのでしょうか。

アフターピルには、2種類のホルモンが配合されおり、黄体ホルモンと呼ばれるプロゲステロンと同じ効果を持つ為、生理を誘発させます。

アフターピルは生理を誘発させる事によって、避妊効果が見込めるといった仕組みです。

アフターピル

アフターピルを使用した場合、人によって差はありますが、基本的には服用後約1週間以内に生理になります。

性交をおこなったのちに、妊娠してしまうまでに要する期間は、約10日前後です。
普通のアフターピルだと、避妊ができなかった性交から72時間(3日)以内の使用が推奨されています。

これは、72時間(3日)以内にアフターピルを服用する事で、残り1週間で生理が発生すれば、受精卵の子宮内膜への着床を防ぐ事が出来るからです。

もちろん、アフターピルは中絶薬ではない為、既に着床して妊娠してしまっている状態で服用しても効果は有りません。
アフターピルを服用する前後には、妊娠検査を行いましょう。

72時間(3日)以内にアフターピルを使用しなければ、その後の避妊効果が全く無効になってしまうわけではないのです。
アフターピルを服用しないよりも、服用したほうが避妊率は高くなるでしょう。

アフターピルの効果と避妊率

アフターピルで1番処方されているノルレボ錠のジェネリック薬、アイピル最新アフターピル、エラを使用した際の避妊効果を、性行為後から時間経過毎にまとめました。

一番新しいアフターピルであるエラは、性行為をおこなった後、120時間(5日)以内の使用を推奨されています。
従来のアフターピルよりも、避妊効果時間が長いタイプです。

下記をご覧頂くと分かる通り、アフターピルの効果は性行為後から時間が経過すればする程、避妊効果が低下する為、早目に使用して頂く事が推奨されます。

▼アフターピル(アイピル)性行為後の時間経過別避妊率
・24時間以内(1日):約95%以上
・25~48時間(2日):約85%以上
・49~72時間(3日):約58%以上

▼アフターピル(エラ)性行為後の時間経過別避妊率
・72時間以内 (3日):約95%以上
・73~120時間(5日):約85%以上

しかし、ドラッグストアや自動販売機等でアフターピルを販売している外国とは事情が違い、国内の場合病院で出してもらうか、個人輸入で購入するしか方法がありません。

休日にアフターピルの需要が高まりますが、同時に病院も休みが多い為、数日経過してからアフターピルを服用する場合が多く、避妊効果が低下してしまっています。

病院では、常備薬としてアフターピルの処方はおこなっていませんので、個人輸入を利用してアフターピルを常備薬として購入される方が増えています。

アイピルを販売している製薬会社の推奨時間は72時間(3日)以内の服用です。
72時間以上経過して服用した場合、効果は無くなりませんが、時間の経過と共に更に効果は低下していきます。

アフターピル処方の値段は?薬局で市販されているの?

アフターピルは、産婦人科、性病科等、一部の病院で処方してもらう事が可能です。
あくまでも一部の病院でしか対応出来ませんので、来院する際は、事前に対応可能かどうか確認が必要です。

アフターピル,市販,処方

日本でアフターピルを処方される場合、ノルレボ錠が1番多いでしょう。
アフターピルは、基本的に保険適応外の自己負担診療となります。

全ての料金を含めると、病院によっても差がありますが、おおよそ10.000円~20.000円の費用が必要です。

医師の診察や必要な検査が行なわれ、アフターピルの処方が適当だと判断されれば処方してもらえますが、事前に常備用として貰ったり、ノルレボ錠は72時間以内に服用を推奨されているアフターピルなので、時間を過ぎていたりした場合は、処方されない事もあります。

また、海外では15歳以上であれば薬局で購入も可能な所も多く、国によっては学校内の自動販売機等でも市販されています。

ノルレボ錠と同じ成分のアイピルは、1.500円~3.000円程度で売られているのです。
しかし、日本では薬局などで市販は認められていません。アフターピルは処方薬に分類されている為、薬事法によって厳しく管理されています。

上記の事からも、処方せん不要の個人輸入を利用する事で、海外では安く購入できるアイピルを常備薬として購入される女性が急増しているのです。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る