通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> アフターピルで避妊に失敗する原因と理由

アフターピルで避妊に失敗する原因と理由目次

アフターピルで避妊に失敗する原因と理由

アフターピルを使用することで100%避妊が成功するわけではありません。
アフターピルを服用すれば、確実に避妊が成功すると思っている方もおりますが、
『100%の確率で避妊に成功する訳ではありません。』
アフターピルを正しく使用する事で、95%以上の避妊成功率を得る事は可能ですが、より確実に避妊を行いたい方は、低用量ピルの トリキュラーを正しい方法で使用すれば、99.9%以上の避妊率を誇ります。
それでも、アフターピルは、正しく使用すればコンドームと同等の避妊効果を得ることが可能です。
アフターピル使用前に、避妊に失敗するリスクがある事と、どういった場合に避妊失敗が起こっているかなど、具体的な失敗例をご紹介していきましょう。

アフターピルによる避妊失敗ケース

ケース①:アフターピル服用後の嘔吐
アフターピルを、正しく使用したのにも関わらず、避妊に失敗してしまった例で多いのが、このアフターピル服用後の嘔吐です。
アフターピルの成分が吸収されるまでの時間が、約2時間~3時間程度必要です。
その為、服用後、2時間以内にアフターピルを嘔吐した場合、再度アフターピルを追加で服用しなければならない目安となっています。
2時間以内に嘔吐した場合は、避妊に必要な薬の成分を、十分に吸収出来ていない場合があり、避妊効果を全く得られなくなってしまう原因の1つです。
こういった避妊失敗を防ぐ対策として、病院では処方されない常備薬としてのアフターピルを、事前に個人輸入を利用して購入される方が増えています。

ケース②:偽物のアフターピルを使用した
アフターピルの中でも、ノルレボ錠のジェネリック薬などには、粗悪な偽物が流通しています。
偽物とはメーカーが製造していない正規品以外のお薬を指します。
様々なタイプが出回っており、『含まれている成分量が少ない』『含まれている成分量が多い』『異物混入』など、色々なケースが考えられます。
もちろん、成分量が不足している状態では、十分な避妊効果を得ることが出来なくなり、反対に成分量が多い時は、成分の過剰摂取が心配されます。 対策方法としては、正規品を取り扱っているしっかりとした個人輸入代行で購入する事が必要となってきます。

ケース③:アフターピルの飲み忘れ
2錠タイプのアフターピルに多いのが、アフターピルの飲み忘れです。
2錠タイプのアフターピルは、最初に成分量0.75mg1錠目を服用後、12時間後に成分量0.75mg2錠目を服用しなければなりません。
この時に、2錠目の服用を忘れてしまったり、飲む時間が遅れてしまう事で、アフターピルの避妊効果がなくなってしまい、避妊失敗の原因となります。 飲み忘れによる失敗が多かった為、成分量1.5mg1錠タイプのアフターピルが主流となっています。

ケース④:アフターピルの使用が遅すぎた
一般的なアフターピルである、ノルレボ錠やアイピルなどは、避妊に失敗した性行為から72時間(3日)以内の服用が正しい使用方法となっております。
また、エラという新しいタイプのアフターピルでは、行為後120時間(5日)以内の服用が正しい使用方法です。
また、時間の経過と共に避妊率が低下していきますので、アフターピルの使用が遅すぎた場合は、避妊失敗に繋がる原因の1つです。
性行為から妊娠までの時間は約10日程度かかります。
また、既に妊娠してしまっている場合には、アフターピルの効果はありません。 120時間(5日)以降にアフターピルを服用した場合、効果は下がりますが、少しでも避妊率を高めたい場合には有効です。

アフターピルの効果と避妊率の詳細はこちら

ケース⑤:子宮外妊娠
通常の妊娠とは異なり、子宮の外に受精卵が着床してしまう事で起こる、子宮外妊娠の可能性があります。
こういった場合は、アフターピルによって生理が起こった場合でも、妊娠する可能性があるのです。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る