通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> ピルで中絶を予防する

ピルで中絶を予防する目次

ピルで中絶を予防する

望まない妊娠をしてしまった場合、中絶という選択肢があります。
しかし、中絶は女性の心や体に大きな負担がかかります。
低用量ピルやアフターピルを使用する事で、中絶を回避出来る場合も御座います。
中絶に関するデータをお纏めしましたので、中絶に対するリスクや負担などをご理解ください。

■年齢別中絶率
・20歳未満:約62%
・20~24歳:約31%
・25~29歳:約12%
・30~34歳:約 9%
・35~39歳:約14%
・40~45歳:約28%
・46~49歳:約56%
・50歳以上:約30%
やはり圧倒的に中絶する割合が多いのは10代で、おおよそ3人中2人が中絶するというデータがあります。
また、次いで多い年齢は46~49歳の方で、おおよそ2人に1人は中絶しています。
その理由としましては、高齢出産によるリスクが大きい為、中絶を選ぶ方が多いようです。

■年齢別妊婦の死亡率。(妊婦10万人あたり何人)
19歳以下:約 1人
20歳  :約 1人
35歳  :約 7人
42歳  :約27人
43歳  :約38人
45歳  :約55人
日本は、世界に比べても妊婦の死亡率は低いですが、35歳を境目に、高齢出産によるリスクが跳ね上がります。
しかし、中絶をする場合は、体や心にとても大きな負担をかけてしまいます。
ピルの普及率が低い日本では、中絶率がとても高いのです。

▼中絶方法

日本で主に使われている中絶方法には、医薬品を使った中絶法と手術による中絶法の2種類が御座います。

●医薬品による中絶方法
妊娠後49日以内に中絶薬を服用する事で、流産を引き起こします。
ただし、子宮外妊娠などには使用する事が出来ません。
ミフェプリストン(RU-486)という中絶薬を服用する事で、妊娠状態を保つために必要なホルモンであるプロゲステロンの働きを強制的に止めることによって、流産を引き起こします。
妊娠12週目以降に薬を使用して中絶する場合は、プレグラディン(プロスタグランジン製剤)を使用する事で、強制的に陣痛を起こし分娩と同じ方法で中絶を行います。
中絶成功率は約92%~95%程度と言われており、吐き気・腹痛・出血などの強い副作用も伴い、出血量が多い場合には手術が必要になる場合もあるので、慎重な使用が必要です。

●手術による中絶
手術による中絶の場合、掻爬(そうは)法と呼ばれるスプーン型の器具を使って、体内から胎児や胎盤を取り出す方法と、吸引法と呼ばれる吸引器を使って、体内から胎児や胎盤を吸い取る方法があります。
全身麻酔で手術が行なわれ、数分から数十分で終了します。
手術による中絶成功率はほぼ100%に近いですが、リスクもあり費用面も10万円~20万円程度かかってきます。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る