> レビトラの副作用と併用禁忌と注意事項
海外薬店通販ブログ

レビトラの副作用と併用禁忌と注意事項

2016-12-11

レビトラ通販
それでは今回のブログは、バイアグラに次いで2番目に発売された、即効性NO1のED治療薬レビトラを詳しくご説明していきたいと思います。

■レビトラの副作用
下記に、レビトラが日本国内で承認された時の臨床試験データをまとめました。
使用された錠剤は、5mg、10mg、20mgを使用しています。
913人中、257人(28.15%)の方に副作用か検査値異常が認められました。
下記は、主な副作用です。
・ほてり       143人(15.66%)
・頭痛         51人( 5.59%)
・鼻詰まり       27人( 2.96%)
・心悸亢進       27人( 2.96%)


続いては、海外で行われた時の臨床試験データです。
使用された錠剤は、5mg、10mg、20mgを使用しています。
7,080人中、2,206人(31.16%)の方に副作用か検査値異常が認められました。
下記は、主な副作用です。
・頭痛        871人(12.30%)
・ほてり       749人(10.58%)
・鼻詰まり      313人( 4.42%)
・消化不良      230人 (3.25%)
・めまい       125人 (1.77%)


■レビトラの副作用まとめ
データを見てみると、副作用の発生率がレビトラを使用されている方では、約3割程度の方に下記の副作用が発生しています。あまり副作用に関して、重く受け止めすぎず、副作用が発生した=レビトラの効果が現れた合図ともなっています。

●レビトラの主な副作用
・顔のほてり
・目の充血
・頭痛
・動悸
・鼻詰まり
・血圧低下によるめまい
・消化不良


頭痛がひどい場合は、「ロキソニン」「バファリン」「イブ」などの頭痛薬を服用しても、問題有りません。
レビトラの主成分バルデナフィルには、血管を拡張する作用があり、お酒を飲んだ時と同じ様に顔がほてったり、目が充血したり等の副作用は出やすくなります。
レビトラを服用した後、効果が持続している4時間~10時間程度で症状が収まるケースが殆どですが、副作用が収まらなかったり心配な場合は、医師や薬剤師にご相談下さい。

■レビトラの併用禁忌
レビトラの副作用は一般的な薬と比較しても重くありませんが、注意が必要な副作用があります。それは、併用禁忌などと同時にレビトラを使用してしまった時の副作用です。
飲み合わせの悪い薬などを併用していまったり、レビトラを服用出来ない方が飲んでしまった時の副作用が、時には命に関わる場合もあるので注意が必要です。

■下記の方は、レビトラを服用出来ません。

●レビトラに含まれている成分に、アレルギーをお持ちの方。
下記、レビトラの成分にアレルギーをお持ちの方は、アレルギー反応を起こしてしまう為、服用できません。

▼レビトラの有効成分
バルデナフィル塩酸塩水和物
▼レビトラの添加物
・結晶セルロース
・クロスポビドン
・ステアリン酸マグネシウム
・軽質無水ケイ酸
・ヒプロメロース
・酸化チタン
・黄色三二酸化鉄
・三二酸化鉄
・マクロゴール400


●硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤と使用中の方。
狭心症や不整脈のお薬とレビトラを絶対に併用しないで下さい。
レビトラは血管拡張作用がある為、血圧低下が起こります。
そこへ、更に血圧低下作用があるお薬を飲んでしまうと、必要以上に血圧が下がり過ぎてしまい、大変危険な状態になってしまいます。
血圧が下がりすぎると血液を全身へ送る圧力がなくなってしまい、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などでは死亡事故も起こっています。

▼レビトラと併用禁止(硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤)
・ニトログリセリン
・硝酸イソソルビド
・一硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・亜硝酸アミル
▼レビトラと併用禁止(抗不整脈薬)
・塩酸アミオダロン
▼レビトラと併用禁止(CYP3A4阻害・誘導)
・マクロライド系抗生物質
・ビカルタミド
・リファピシン等


●性行為を行う体力自体が無い方。(医師から性行為を止められている方)
高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、レビトラを服用できません。また、医師にレビトラの服用を禁止されている方は服用出来ません。

●半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある方。
半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を患っている方は、レビトラは服用できません。

●重度の肝機能障害の方。
レビトラの成分バルデナフィルは、肝臓で代謝される為、肝機能障害で正常にバルデナフィルが代謝されない場合、排出に時間がかかったり、血中濃度が高くなってしまう恐れがある為です。

●低血圧の方(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は、高血圧の治療をせずに血圧のコントロールがされていない方(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)
臨床データがない為、安全性の確認が取れていない状態なので、レビトラの使用が禁止されています。

●網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方。
レビトラを服用すると、網膜色質変性症を悪化させる恐れがある為、レビトラの服用が禁止されています。

↓レビトラの主成分バルデナフィル配合商品はコチラから↓
レビトラ

レビトラの副作用と併用禁忌と注意事項
前の記事へ 次の記事へ

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


海外薬店 通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

海外薬店 医薬品個人輸入



海外薬店 通販電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店 通販電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店 通販FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店 通販メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店 通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店 商品閲覧履歴

海外薬店 通販は安心安全対応


海外薬店 通販郵便局留め

海外薬店 通販安心梱包

海外薬店 通販処方箋不要

海外薬店 通販上に戻る