> シアリスの効果と副作用

シアリスついて

シアリスの歴史
シアリス通販

シアリスバイアグラレビトラに次いで、日本国内で3番目に販売されたED治療薬です。
アメリカの大手製薬会社イーライリリー社です。
世界的には2003年にFDA(米国食品医薬品局)から承認を受けました。日本では2007年に厚生労働省に認可されました。

シアリスは2013年にED治療薬の全世界シェアで42%を占め、バイアグラを抜いて世界で一番使われているED治療薬となりました。世界100ヵ国以上で1,000万人以上が使用しています。
シアリスの人気の理由に「ED(勃起不全)改善率」が高いことが上げられます。 約1,100人を対象にした臨床試験で81%の治験者のEDが改善したというデータがあります。

シアリスの特徴は『持続時間が36時間』もあります。
長い持続時間があることから「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれています。
金曜日の夜に服用すると、日曜日のお昼まで効果が持続されます。
個人差はありますが持続時間が最長48時間の効果があったという報告もあります。

また、シアリスはバイアグラやレビトラと比べると自然な勃起をしてくれます。バイアグラやレビトラで勃起力が強すぎたという方にはオススメです。

シアリスの主成分のタダラフィルはED治療薬の他にも肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症にも効果があります。

シアリスの効果について

シアリスの主成分:タダラフィル
シアリスとタダラフィル通販

シアリスの主成分『タダラフィル』は勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)」を抑える効果があります。
PDE-5阻害薬とも呼ばれています。
陰茎海綿体周辺で、PDE-5が増加するとcGMPが分解されてしまいます。 cGMPは海綿体周辺の筋肉を緩ませ、血管を広げて勃起をサポートする役目があります。
普段はPDE-5が増加している状態なので、勃起はせずに陰茎海綿体に必要な栄養を送る程度の血液しか流れていません。

そこで、タダラフィルが作用するとPDE-5を阻害する事で、陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上昇します。
陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上昇すると、陰茎海綿体のバルブ的役割をしている筋肉が緩む事で血管が広がり、性的興奮や刺激を受けた際に陰茎海綿体内に多くの血流を流す事が出来るので、勃起を促し維持させる効果があります。

シアリスの作用と服用方法
シアリスの効果作用と服用方法

シアリスの効果持続時間は約24時間~36時間です。個人差はありますが、服用から1~3時間で効果が実感できます。
主成分のタダラフィルは水に溶けにくい性質であるため、体に吸収される迄の時間が長く、効果があらわれるまで時間がかかってしまいますが、その分、持続時間が長くなっています。

シアリスは食事の影響を受けにくいと言われていますが、製薬会社の発表では800kcalまでは食事の影響を受けないとなっています。
具体的に言うと、カレー屋さんのカレーライスや牛丼並盛りなどです。

シアリス服用時の注意点
シアリスの効果を最大限に発揮させるには、空腹時に服用したほうが体内への吸収率が高くなるので、効果があらわれるまで早くなります。
タダラフィルが体内に吸収されていれば、食事の影響を受けません。
シアリスは持続時間が長いので、早めに服用することをオススメします。
また、アルコールの過剰摂取は、効果を弱めてしまう可能性があります。
適度なアルコール量でしたら、リラックス効果が働き、より効果を得られることもあります。お酒の飲みすぎにはご注意ください。

シアリスの副作用について

シアリスの副作用
シアリスの副作用

シアリスの主な副作用は、顔のほてり・めまい・動悸・頭痛などの症状が出ることがあります。
こういった副作用は、シアリスが効き始めた時の合図位に思ってください。 シアリスの有効成分タダラフィルが、体内に吸収された事によって、副作用が出ると同時に、シアリスの作用も出ます。
副作用の頭痛が気になる場合は、市販の頭痛薬と併用しても問題ありません。

シアリスには併用禁忌薬があります。
主成分の「タダラフィル」は血管を拡張させて、血流を良くする作用で、血圧を下げる効果があるため、心臓病などのお薬や血圧のお薬などと併用すると、極端に血圧が下がってしまい、シアリスと併用すると重大な副作用を及ぼす危険性がありますので服用できません。
シアリスの併用禁忌薬一覧

■硝酸剤※飲み薬・舌下錠・塗り薬・貼り薬・吸入薬・注射・スプレー
・アイトロール錠10mg/20mg
(ニトラステープ)
・アイスラール錠20mg
(ニトルビン錠5)
・アイロクール錠20mg
(ニトロールRカプセル20mg)
・亜硝酸アミル
(ニトロール錠)
・アパティアテープ
(ニトロールスプレー)
・アンタップ/R
(ニトロール注5mg/50mg/100mg)
・イソコロナールRカプセル
(ニトログリセリン錠)
・イソニトール錠20
(ニトログリセリン注-ACC)
・イソピット
(ニトロシンパフ)
・イソモニット錠20mg
(ニトロスロー錠)
・イブステン錠5
(ニトロダームTTS)
・エスタット錠5mg
(ニトロバイド錠5mg)
・L-オーネスゲン錠
(ニトロフィックス5/10)
・カリアント錠10
(ニトロペン錠)
・カリアントTPカプセル
(ニトロラム)
・冠動注用ミリスロール0.5mg/10ml
(ニプラノール点眼液)
・コバインター錠5mg
(ハイパジールコーワ錠3/錠6)
・コンスピット錠
(ハイパジールコーワ点眼液)
・サークレス注0.05%/0.1%
(バソレーターRB2.5)
・サワドールL錠
(バソレーター注5mg/注50mg)
・サワドールテープ/S
(バソレーターテープ)
・ジアセラL錠
(バソレーター軟膏)
・シグマート錠2.5mg/5mg
(フランドル)
・シグマート注2mg/12mg/48mg
(フランソルテープS)
・シグランコート錠2.5mg/5mg
(ペネティISDNテープ)
・ジドレンテープ
(ヘルツァーS)
・シベラント錠5mg
(ヘルピニン-Rカプセル)
・シルビノール錠5mg
(ホクスノールLカプセル)
・硝酸イソソルビド錠
(ミオコールスプレー)
・硝酸イソソルビドテープ
(ミニトロテープ)
・ステンベルガー錠5mg
(ミリステープ)
・スレンドミン錠
(ミリスロール注)
・セラモンテ錠
(ミリスロールテープ)
・ソプレロール錠20mg
(メズサビド錠5)
・タイシロール錠20mg
(メディトランステープ)
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
(メディトランスニトロ)
・ニコランタ錠5
(ラブノールRカプセル)
・ニコランマート錠
(リファタックL錠)
・ニトソルビド注0.05%/0.1
(リファタックテープS)
・ニトプロ注
(リベラステープ)他

併用禁忌薬にないからといって、服用するのは危険です。
薬を服用している場合は、必ず医師に相談してください。
グレープフルーツを食べたり飲んだりしてしまうと、作用が強く出てしまう恐れがあり、更に、副作用も強く出る可能性があるので注意が必要です。

バイアグラの効果と副作用シアリスの効果と副作用ED治療薬比較

▼ご注文・お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販・電話注文


海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問い合わせ下さい

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る