パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-31
【ビットキャッシュ決済のメンテナンスについて】

2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

アイピル【アフターピル】

アイピル【アフターピル】通販
◆アイピル【アフターピル】
アイピル(i-Pill)は、モーニングアフターピルや事後ピル等と呼ばれる日本で初めて販売された緊急避妊薬ノルレボ錠のジェネリック医薬品です。
LNG法(新緊急避妊薬)は、性交後24時間以内の服用で約95%避妊可能な実証データがあり、72時間(3日)以内の服用が推奨されています。
72時間以上経過後に服用した場合、避妊効果は低下しますが効果が無くなる訳では御座いません。コンドームが破れてしまった・妊娠を望んでいない等、避妊失敗時の緊急事態に活躍する避妊薬がアイピルです。
副作用によって稀に吐き気や嘔吐が起こります。万が一、服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合は、もう1錠追加服用する必要がある為、複数個のご準備が推奨されています。
▼アフターピルを用意する事で予防が可能です
・生理が来るまで不安と心配の毎日を過ごした
・アフターピルを使わず避妊に失敗し妊娠した
・産婦人科の出入りを知り合いに見られた
・産婦人科の処方費用が15,000円がかかった
・妊娠初期の中絶費用で約15万円かかった
・中絶の際、妊娠できない体になってしまった
病院でノルレボ錠を処方した場合、1回分の値段は約13,000円~15,000円程度必要ですが、アイピルはノルレボ錠と同効果で1回分の値段が700円~と大変お得です。
人気商品の為、品切れになる可能性も御座いますので、お早目のご購入をオススメ致します。
◆ブランド:シプラ
◆アイピル【アフターピル】有効成分
レボノルゲストレル1.5mg
アイピル【アフターピル】 1錠
数量 

効果・詳細

アイピルの効果と避妊率


アイピルは、緊急避妊薬です。
妊娠する可能性がある性行為後、72時間以内に服用する事が推奨されており、服用後高確率で妊娠を回避するお薬です。
※72時間経過後に服用した場合、避妊効果は低下しますが効果が無くなる訳では御座いません。
アイピルの有効成分であるレボノルゲストレルが作用する事によって避妊効果があります。
【アイピルの避妊効果】
・排卵を抑える
・受精しにくくする
・着床しにくくする

~性行為後の時間経過と効果~
▼性行為後から24時間以内に服用の場合
約95%以上の避妊効果
▼性行為後から25~48時間経過後に服用の場合
約85%の避妊効果
▼性行為後から49~72時間経過後に服用の場合
約58%の避妊効果
過去の避妊が成功した臨床データに基いて記載しております。
性行為後から時間が経過すればする程、避妊率は低下していきますので、早めに服用する事をオススメ致します。

アイピル,アフターピル通販,即日発送


アイピルを常備する


避妊効果を最大限引き出して使用する為には、アイピルを常備していざという時に即座に使えるようにする事が大切です。
※ご購入者様から、いざという時の為に常備しておいて良かったと、多数の声を頂いております。

・週末、病院がお休みの時に必要になる事が多い。
・平日の昼間は、仕事で病院に行く時間が無い。
アイピル服用後、2時間以内に飲んだ薬を吐き出してしまった場合、再度服用する必要がる場合があります。
薬剤が体に十分吸収される前では、十分な避妊効果が得られないからです。
病院で処方して頂いた場合の値段は、13,000円~15,000円程度必要ですが、2箱必要となる場合、倍の費用がかかります。
アフターピルの必要が無い時だからこそ、病院よりも安い値段で購入する事で、経済的負担も減らす事が出来ます。安心する為にも、手元に最低2箱以上、ご準備する事をおすすめ致します。

アイピルの仕組み


アイピルがどの様な働きをする事で、避妊効果を得ているのでしょうか。仕組みを理解する為に、まずは妊娠するまでの仕組みをご説明致します。
【妊娠の仕組み】
性交をおこなってから、妊娠と判断される子宮内膜へ受精卵が着床するまでの時間は、おおよそ1週間~10日程度かかります。
性交によって腟内へ射精された精子の数は約2億~5億いると言われており、その約99%は雑菌などから守る為に酸性化されている腟内で死滅します。
次の難関である子宮頸部では、ホルモン状態によって普段は精子が通れない状態となっている為、ここでほぼ死滅しますが排卵の時期になると精子が通れる分泌液が出る為、残りの約1%が子宮へ到達する事が可能となります。
最終的に卵管へ到達する精子の数は、約300~500と言われており、ここまで精子がたどり着くのに必要な時間は1時間~3時間程度です。
精子の受精準備が行なわれますが、制限時間があり36時間程度しか受精できる時間はありません。
その間に卵管へ卵子が放出され、1つの精子が卵子の中に入る事が出来ると受精卵となります。
受精卵は、1週間~10日程度時間をかけて子宮へと運ばれ、子宮内膜へ着床する事で妊娠となります。

アイピルの作用


アイピルの主成分は黄体ホルモンであるプロゲステロンと同じ作用を持っています。
プロゲステロンが分泌され、その分泌がとまると月経(生理)が起こります。
アイピルを服用する事で、擬似的にプロゲステロンが分泌されている状態を作り出し、月経(生理)を誘発させます。
月経(生理)により、受精卵が子宮内膜への着床を防ぐ事で、避妊効果があるのです。
その為、既に妊娠している状態だった場合、服用しても月経(生理)が起こらない為、避妊効果はありません。
~アイピルの主成分~
アイピルは日本で『ノルレボ錠』という認可され販売されている緊急避妊薬のジェネリック医薬品です。
ノルレボは一般的にクリニックや病院などでで処方される緊急避妊薬になります。
そのノルレボと同じ成分であるi-Pill「アイピル」は信頼性の高い緊急避妊薬です。
ノルレボと同成分の為、同等の安全性と効果があります。
主にプロゲステロン薬(黄体ホルモン薬)と呼ばれる種類の避妊薬です。
黄体ホルモンが体内バランスをコントロールし、卵巣からの排卵を停止させ妊娠を防ぐ効果があります。
また、すでに排卵している時は、その卵子と精子の受精を防ぐ効果があります。

ノルレボ錠病院処方費用


国内の産婦人科でLNG法の新緊急避妊薬・ノルレボ錠を処方して頂く場合、診察処方でかかる料金は約13,000円~15,000円程度と言われております。
避妊率は下がりますが、ヤッペ法と言われる旧緊急避妊薬で約10,000円程度必要です。
コンドームを使用するよりも、避妊率は高いですが、あくまでも緊急避妊薬なので常用するお薬ではありません。
女性は男性と違い、自分自身で身体のリスクを考えないといけない時があります。
そんな時にノルレボは女性の身体と未来を守ってくれる存在になります。
性交後120時間(5日)以内の服用である程度の避妊効果が期待出来ますが、早い段階で服用する事が避妊率を上げる事に繋がりますので、いざという時の為にアイピルなどのアフターピルを常備している女性の方が増えております。
※アイピルは、中絶をする訳ではありませんので、受精卵が完全に着床した状態には効果がありません。
【アイピル使用用途】
・望んでいない妊娠
・性行為中にコンドームが破損
・パートナーに断れず避妊用具無しで性行為をしてしまった時
・妊娠に対しての不安感があった時

・その他、アフターピルに関する詳しい内容はアフターピルとは?目次をご覧下さい。

飲み方・使い方

・性交後、72時間(3日)以内に、水又はぬるま湯で1錠服用して下さい。
・性交後、服用する時間が早ければ早いほど、避妊成功率が高まります。
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

副作用

吐き気、嘔吐、むくみ、腹部の痛み、腹部の膨らみ、下痢、倦怠感、頭痛、眠気、めまい、不正出血 など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

併用禁忌薬・使用上の注意

【併用注意薬一覧】
エファビレンツ、カルバマゼピン、フェノバルビタール、フェニトイン、プリミドン、リファブチン、リファンピシン類、リトナビル、非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤、抗痙攣剤、HIVプロテアーゼ阻害剤 など
※上記の薬剤等と併用する場合、本剤の効果が弱まる為注意が必要です。

【使用できない方】
・重度の肝臓病
・妊娠中 など
※上記に該当する場合は使用出来ません。また、常用はできませんのでご注意下さい。