プレマリン

プレマリン通販1
プレマリン通販2
プレマリン通販4
簡易説明
ファイザー社が開発した更年期障害を改善する女性ホルモン剤です。
女性ホルモンのバランスが崩れ、めまい、動悸、ほてり、のぼせ、イライラ感を改善するお薬です。
本商品は、更年期障害以外でも、卵巣機能不全症、機能性子宮出血などの治療にも有効です。
女性ホルモンを補充することでバランスを保ち、肌のツヤやハリの改善にも有効です。
また不妊治療にも効果のあるお薬で、自然な形で排卵や生理を促してくれます。
長期間続けることで骨粗鬆症の予防効果も効果があります。
詳細はこちら
ブランド ファイザー社 分類 対象 女性用 評価
有効成分 コンジュゲートエストロゲン0.625mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所での保管をして下さい。
プレマリン 0.625mg
数量  購入する
キャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

プレマリンを購入している人はこんな商品も購入しています
エストロモン【プレマリン】
エストロモン
プレマリン
クロミッド【排卵誘発剤】
クロミッド
排卵誘発剤
アンドリオール【男性ホルモン】
アンドリオール
男性ホルモン

プレマリンの効果・詳細

閉経などで女性ホルモンが減少すると、めまい、動悸、ほてり、のぼせ、イライラ感やストレスと言った更年期障害の症状があらわれますが、主成分のエストロゲンは、女性ホルモンの分泌を増加して、更年期障害に効果があるお薬です。
女性ホルモンを補充することでバランスを保ち、肌のツヤやハリの改善にも有効です。
また不妊治療にも効果のあるお薬で、自然な形で排卵や生理を促してくれます。
長期間続けることで骨粗鬆症の予防効果も効果があります。

【女性ホルモンの役割】
女性の体にとって「女性ホルモン」の働きはとても重要になります。
この女性ホルモンが体内で不足していくと、更年期障害を引き起こし、冷え性や動悸、頭痛のような症状が表れます。
こうした更年期障害を引き起こす原因は閉経によって女性ホルモンの量が減少するためです。
また、女性ホルモンの減少により不妊症を引き起こします。
体内における卵巣機能が低下している場合は女性ホルモンの補充が必要となってきます。
他にも、機能性子宮出血なども、女性特有の病気・症状には広く女性ホルモンの働きが関係しています。
そこで、これら婦人科領域の疾患に対して使用される治療薬として用いられます。
このプレマリン(結合型エストロゲン)は「エストロゲン製剤」と呼ばれる種類の治療薬になります。

【プレマリン(結合型エストロゲン)の作用】
女性ホルモンの減少により、上記に挙げたような様々な症状が表れます。
上記で記した病気の改善として、治療薬による外部からの女性ホルモンの投与を補う事が重要になってきます。
女性ホルモンの中には、いくつかの種類がありますが、その中でも女性ホルモンとして主な働きをする物質が「エストロゲン(卵胞ホルモン)」になります。
また、体内で合成されるエストロゲンには3種類あり、「エストロン」「エストラジオール」「エストリオール」があります。
この3つ中でも、「結合型エストロゲン」と呼ばれるものには、「エストロン」を主成分としたいくつかの化合物が含有されています。
そこで「結合型エストロゲン」を治療薬によって投与すれば、体内のエストロゲンを補うことが可能になり、女性ホルモンが関わる症状を軽減できます。
このように、天然のエストロゲンと用いる事で子宮や卵巣などに作用して、更年期障害や機能性子宮出血などの症状を軽減するお薬が「プレマリン(結合型エストロゲン)」になります。

【プレマリン(結合型エストロゲン)の特徴】
エストロゲンには3つの成分があり、それぞれを主成分にした医薬品などが発売されています。
その中でも、エストロンを含む「プレマリン(結合型エストロゲン)」は、エストロゲン製剤の中で最も使用されているお薬になります。
・体内に存在する天然のエストロゲンの中で、作用が強いもの
作用が強い順で1.エストラジオール→2.エストロン→3.エストリオールになります。
そのため、結合型エストロゲンとして利用される「エストロン」は、作用の強さだけを見ると中程度の強さになります。
エストロゲンは女性体内の卵巣で作られますが、卵巣機能が弱まってしまう「卵巣機能不全症」になると「エストロゲン」が正常に作られなくなります。
このような場合に「プレマリン(結合型エストロゲン)」が有効になり、不妊症の治療になります。

プレマリンの飲み方・使い方

1日1〜2錠を水またはぬるま湯で服用して下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承ください。

プレマリンの副作用

頭痛、めまい、過敏症、腹痛、食欲不振など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

プレマリンの併用禁忌薬・使用上の注意

イプリフラボンとの併用は禁止されています。

プレマリンのクチコミ・レビュー

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

海外薬局お買い物ガイド