> 勃起の仕組み

勃起の仕組み

交感神経と副交感神経

勃起の仕組み

ED(勃起不全)の悩みを解決するには、まずは勃起の仕組みやメカニズムを知る必要があります。
勃起する為には、身体の3箇所を経由します。勃起をさせるのは脳からの指示が必要です。最初に脳が性的興奮や刺激を受ける事で次の段階に進みます。脳が性的興奮を感じないと勃起できません。

次に脳で感じた性的な興奮は勃起神経へと伝わります。
脳から指示させた性的興奮をペニスに伝えるには、勃起神経を通って性的興奮をペニスに送ります。

勃起神経には自律神経があり、交感神経副交感神経があります。
交感神経は緊張や興奮したときに優位になる神経で、
副交感神経はリラックスしたときに優位になる神経です。
この2つの神経が勃起に大きく関わります。

副交感神経が優位なときはリラックスしているので勃起を促しますが、交感神経が優位のときは緊張している状態なので性的な興奮を脳に送り返してしまいます。
気持ちに関わる自律神経は、緊張・不安・プレッシャーがあると勃起しにくいのは交換神経が優位になっているからです。
交換神経が優位なるとEDの症状になります。

陰茎海綿体

2種類の海綿体

陰茎海綿体

勃起に関して一番大事な部分である「海綿体」と呼ばれる部分があります。女性の場合はクリトリスに海綿体があります。

男性の場合は、海綿体は陰茎海綿体と尿道海綿体の2種類があり、左右にわかれて陰茎海綿体がありその下側に1本尿道海綿体があります。
勃起に深く関係する海綿体は陰茎海綿体の方で、その陰茎海綿体は無数の糸状の様な血管が張り巡らされスポンジ状になっています。

陰茎深動脈という血管の先には、螺行動脈(らこうどうみゃく)と呼ばれる血管がバルブ的役割を果たしており、陰茎海綿体の平滑筋と螺行動脈が緩み血液が流れ込む事で、陰茎海綿体が血液で満たされると、血液の圧力によって膨張して硬くなり勃起します。

一度勃起すると、陰茎海綿体を覆っている白膜が膨れ上がった陰茎海綿体によってパンパンに膨れ静脈を圧迫される事で、陰茎の内圧が上がることで流れこんだ血液を外に逃さないことで勃起を維持します。
普段は性的興奮を受けていないので、陰茎海綿体に血液が溜まらないので勃起しないようになっおり、毛細血管によって必要な栄養分を運ぶのみになっています。

勃起のメカニズム

勃起する時の体内ではどうなる?

勃起する為には体内でどういった物質の効果で勃起しているかを説明していきます。脳からペニスまで性的興奮の指示が伝わると血液中に一酸化窒素(NO)という物質が増加します。
一酸化窒素(NO)が増加するのと同時に、ペニスの中の血管を広げる物質(グアノシンーリン酸・cGMP)も増加します。
血管が広がることで陰茎海綿体が血液が満たされ、勃起を持続されるために大事な役割をしています。
cGMPの働きが悪いと中折れする原因になります。

性的興奮が治まると(射精後)交感神経が優位に働きます。交感神経が優位な状態になると勃起を解除します。
勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5」(PDE5)という物質が出てきます。PDE5がペニスに溜まった血液を出してくれます。
溜まった血液が元に戻ることによって、通常時のペニスに戻ります。
ここで問題なのが、性交時にPDE5の濃度が濃すぎると血管拡張作用のあるcGMPを分解してしまい、勃起が収束してしまうのです。

ED治療薬の作用の仕方

バイアグラレビトラシアリス等のED治療薬は、このPDE5を抑える事でcGMPを増やし勃起がしやすい状態へとサポートしてくれます。

①性的興奮を受けると脳からの勃起させる為の指示が出ます。
指示が勃起神経に伝わりペニスに届きます。
③勃起を促す為にペニスの血管を広げて海綿体に血液を溜める事で勃起します。
これが勃起の仕組みです。
朝立ちの仕組みは?

性的刺激もない状態でも、勃起することがあります。
睡眠から目覚めた時に勃起している状態、いわゆる朝立ちの仕組みは、まだ解明されいていません。
健康な男性は眠りの浅いレム睡眠時に、神経が刺激される事で勃起すると考えられています。
その状態で、目覚めるので寝起きの状態で、勃起している事があるのです。

精子の製造と貯蔵を行う陰嚢と射精の仕組み

陰嚢(いんのう)の役割

いわゆる「玉袋」と言われる部分で、陰茎の付け根にある「陰嚢(いんのう)」といいます。
左右に別れ、睾丸(精巣)が中に入っており、精子を貯蔵する部分の精巣上体と、尿道への通り道となる精管の一部で組織されています。
陰嚢は精子を作り蓄える重要な役割を持ち、適切な温度に保つため体温よりもやや低い温度を維持するために、温度が高い場合は体から離れる様にぶら下がり、温度が低い場合は筋肉を収縮する事で体内へと精巣を引き上げて温度を保ちます。

通常、精巣で精子が作り上げられるまでには、約70日の期間を要します。
完成した精子は、精巣から精巣上体という場所に移され、射精が出来るように精子が準備されているのです。
もし、射精されないまま鮮度の落ちてしまった精子は、新しく作られる精子に変わって、分解されて再び体内へと吸収されるので、常に新鮮な精子を射精できるように準備しているのです。

精巣では、テストステロンという重要な男性ホルモンが分泌されます。
加齢と共に減少していきますが、テストステロンがある一定量を下回ってしまう事でEDの原因にもなり、うつや男性更年期障害にもなる場合があります。テストステロンは、性機能の向上・性欲向上・やる気・筋肉や骨の発達・体毛などに影響を与えます。

射精の仕組み

射精はどうなって起こる?

射精の仕組み

性行為の際には、射精の為の準備が始まります。
精巣上体に蓄えられている精子を、平滑筋の運動で精管へと運び、精管から射精管へと運ばれます。
運ばれた精子は精嚢から出る分泌液や前立腺液と混じる事で、精液が作られ射精のその時を待ちます。
射精の瞬間が来た時に、平滑筋の動きで尿道へと押し出され圧力によって一気に体外へと放たれます。
精子自体は、空気に触れてしまうと数時間で死滅してしまいますが、子宮の中では2日~3日程度活動が可能です。
1度の射精で放たれる精子の量は、1億匹~4億匹程度と言われています。

また、尿道と精管の分岐点には、蓋の役割をする弁のような物が付いているので、射精の準備がされている間は尿道が塞がれる為、精子と尿が混ざり合うことは基本的にはありません。

ED(勃起不全)について勃起の仕組みへEDの原因

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る