通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> EDの原因

EDの原因

EDの4大原因

EDの原因

勃起の仕組みは、性的な興奮や刺激を受けることで脳から神経を介してペニスに伝わり、ペニスの陰茎にある海綿体の動脈が拡張することで、陰茎海綿体に血液が送られることで勃起します。
神経や血管、またはどちらとも正常でない場合、陰茎海綿体に血液が流れにくくなり、 ED(勃起不全)が起こる原因に繋がります。
ED(勃起不全)の原因と考えられる要因は大きく分けると 4つのタイプに分類されます。また、糖尿病や心臓病の影響からED(勃起不全)になることもあります。

器質性ED

加齢による原因で50歳代以上の方に多くみられます。
血管の障害(動脈硬化など)や神経の障害が原因で起こるED(勃起不全)です。加齢に伴う場合は、動脈硬化など血管が硬くことで起こっている可能性が高いです。動脈硬化になってしまうと血管が拡張しづらくなり、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると陰茎海綿体に血液が流れにくくなることでED(勃起不全)の症状が起こりやすくなってしまいます。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、血管に負担をかけてしまいます。
そして、結果的にED(勃起不全)が起こりやすくなってしまいます。喫煙も血管を収縮させてしまうことからED(勃起不全)の原因とされています。

このように、ED(勃起不全)と動脈硬化はとても関連が深いとされています。
動脈硬化や生活習慣病の改善によって、ED(勃起不全)も改善されるという事は多くみられます。
神経障害にみられるのは、脳腫瘍・脳出血・脳外傷・脊髄損傷・パーキンソン病などの病気は、神経を傷つけてしまいますのでED(勃起不全)が起こりやすくなる病気です。
また、泌尿器系の病気で手術をして陰茎海面体の血管や神経を傷つけてしまうとED(勃起不全)が起こりやすくなります。

ED(勃起不全)のタイプ
心因性ED

心因性ED

30~40歳代に多い症状で、精神的なストレスが原因で起こるED(勃起不全)です。精神的なストレスが溜まると、性的な興奮があった時でも神経を介してペニスにうまく伝える事ができず、ED(勃起不全)が起こりやすくなります。心因性EDには、ざまざまな原因があると言われています。
仕事のストレスや夫婦生活に感じる精神的なストレスが原因になっていることがあります。不妊治療をしていると、排卵日がプレッシャーに感じてしまい、ED(勃起不全)を起こしてしまうこともあります。

また、 性交での失敗がトラウマになっていて、それが原因となる場合もあります。失敗してしまうという不安が大きなストレスとなってしまい、ED(勃起不全)になってしまう事も多くみられます。

混合型ED

混合型ED

血管や神経の障害が原因で起こる器質性EDとストレスが原因で起こる心因性EDの両方が原因で起こる場合があります。
混合型EDに多いのは動脈硬化や生活習慣病などや精神的なストレスが原因の場合に混合型EDになりやすくなってしまいす。
混合型EDは40歳以上に多いと言われています。

薬剤性ED

薬剤性ED

服用している薬剤が原因で起こるのが、薬剤性のED(勃起不全)です。
薬剤の中には、ED(勃起不全)を引き起こす原因となるものがあります。 薬剤性EDの引き起こす原因となるお薬の詳細は、下記を御覧ください。

中枢神経作用薬
(解熱剤・鎮痛剤・抗うつ剤・抗不安剤・抗けいれん剤・睡眠導入剤・抗精神病薬などの向精神薬)
循環器系の薬剤
(降圧剤・血管拡張剤・利尿剤・高脂血症用剤・不整脈治療薬)
末梢神経作用薬
(筋弛緩剤・鎮けい剤・抗コリン薬・麻酔薬)
消化管薬剤
(消化性潰瘍用剤・鎮けい剤・抗コリン薬・麻酔薬)
などの薬剤があげられます。

EDの原因と病

糖尿病とED

糖尿病とED

糖尿病になるとED(勃起不全)になる可能性が上がる病気の1つです。 糖尿病の方でED(勃起不全)の症状が出ている割合は、2、3人に1人は ED(勃起不全)の自覚症状があります。 ED(勃起不全)と自覚していない人も足すと、糖尿病を患うと ED(勃起不全)になっている割合はかなり上がるはずです。
糖尿病の方の約80%が ED(勃起不全)になっていると言われています。

なぜ糖尿病になるとED(勃起不全)になりやすいのか正常な勃起をしている方は、脳から神経に命令が出て、血流が良くなり海綿体に血液が溜まると問題なく勃起します。
糖尿病が原因のED(勃起不全)は、複数の問題が生じて発症することが多くみられます。

神経障害
勃起は、脳が感じた性的な興奮や刺激が陰茎に伝わると起こる症状です。
糖尿病になると神経回路に障害が起きやすくなります。
1型糖尿病とED

1型・2型糖尿病とED

1型糖尿病の特徴はインスリンの分泌量が減少して起こる糖尿病です。

10~20代での発症率が高いです。ですので、若年性のED(勃起不全)の原因となっている可能性があります。

1型糖尿病は、10~20代で発症することも多く、早い段階で若年性のED(勃起不全)の症状が出る可能性があります。
勃起が起こるメカニズムは、性的な興奮や刺激を受けると脳から神経に命令が出て、血流が良くなり性器海綿体への血液が溜まることによって起ります。血糖値が高いまま何もしないで放置していると、糖質が神経細胞や血管にダメージを与えます。
放置したままでいると、性的な興奮や刺激がうまく伝わらなくなり、血流の量が低下しすることで若年性のED(勃起不全)となります。
10~20代で1型糖尿病によって若年性のED(勃起不全)なってしまっている場合もバイアグラなどのED治療薬で、高い確率で改善が見込めます。

2型糖尿病とED

2型糖尿病とED(勃起不全)発症は大きな原因の一つです。2型糖尿病さえ改善されれば、ED(勃起不全)も一緒に改善できる可能性があります。まずは生活習慣を改善することと、血糖値を下げるようにしてください。
糖尿病治療薬とバイアグラなどのED治療薬の飲み合わせに問題はありません。また、勃起改善効果も非常に高いです。ED(勃起不全)の症状が出ている場合にはバイアグラなどのED治療薬は有効です。

動脈硬化

動脈硬化とED

全身の血管に動脈硬化が起こるのは、糖尿病の症状の一つです。
特に、陰茎動脈の周辺に硬化が起こると、勃起機能の妨げになります。
性器海綿体の毛細血管は、体の中でも細い血管ですので、動脈硬化になると血流の流れが悪くなってしまいます。
ED(勃起不全)の症状が出た場合は、 糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の疑いがあります。

糖尿病の方もバイアグラ等のED治療薬で、高確率で改善が見込めます。
糖尿病になってしまったら悪化させないことです。
運動や食生活を改善することで血糖値を下げることができます。
血糖値が高いままですと、ED(勃起不全)になりやすくなります。

心臓病とED

心臓とEDの関連

心臓病とED

心臓病にも様々な種類があります。
ED(勃起不全)と関連性が高いのは、狭心症や心筋梗塞などです。

狭心症と心筋梗塞はED(勃起不全)と同じ仕組みで起こります。
ED(勃起不全)の原因の中には、血管が障害となる器質性ED(勃起不全)があります。心疾患も血管に障害が起こり発症します。
動脈硬化や血液の流れが悪くなることで、血管に血栓や詰まりなどが起こることで同じ原因で症状が出ます。
心臓の冠状動脈で血管に血栓などができると、血液の流れが悪くなり、心筋梗塞・狭心症などになり、陰茎動脈の血管で血液の流れが悪くなることでED(勃起不全)になります。

動脈硬化になると最初に影響を受ける可能性があるのは、陰茎動脈です。
陰茎動脈は動脈の中では非常に細いため、ED(勃起不全)になりやすくなります。動脈では血液の流れが悪くなると、違う血管を使って血液を各臓器に送ってくれるのですが、陰茎動脈にはその代替回路がないのです。
そのため、年齢による軽度の動脈硬化が起こると、最初に症状が出るのが陰茎になります。

狭心症とED

狭心症とED

狭心症の方でも、バイアグラレビトラシアリス・ステンドラなどのED治療薬を服用できる場合もあります。

医師から了承を得て、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を服用する場合は、性行為中の急な狭心症発作が出ることもあるため、パートナーにED治療薬を服用をしていることは必ず伝えるてください。

1.ステント治療などを行っていて、医師から了承を得ている場合
2.定期的に検査をしていて、狭心症の状態が安定して医師から了承を得ている場合
心筋梗塞とED

心筋梗塞の方でも、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を服用できる場合もあります。

1.ニトログリセリンの服用をしていない方
2.心筋梗塞をになってから、6ヶ月以上経っている場合はED治療薬を服用できます。

また、心筋梗塞になってから、3ヶ月以上6ヶ月未満の方はシアリスのみ服用可能です。
※どちらも医師の了承を得ている場合のみですので、勝手な判断で服用すると命に関わることもあります。

高血圧とED

血圧が高いとEDになりやすい

高血圧とED

高血圧は糖尿病や喫煙と並んで「ED(勃起不全)の三大要因」とも言われています。 高血圧症になってしまうとED(勃起不全)を発症している確率は約30~70%とかなり高い割合になります。
ED(勃起不全)と同じく高齢になる事で高血圧症にかかる確率が高くなる病気で、男性にとっては厄介です。

高血圧症とは、血管を流れる血液の圧力が高くなることです。
高血圧になると、心臓が心筋を増加させることで負担をかけます。
負担がかかることで、血管にも大きなダメージを与え、ダメージを受けた血管が狭まり、硬くなってしまいます。この症状は『動脈硬化』です。
動脈硬化の影響で、陰茎動脈の周辺に硬化が起こり、勃起機能の妨げになってしまいます。
性器海綿体の毛細血管は、体の中でも細い血管ですので、動脈硬化になると血流の流れが悪くなることでED(勃起不全)に繋がります。

うつ病とED

メンタル面とEDの深い関連性

うつ病とED

うつ病や躁うつ病(双極性障害)などの気分障害とED(勃起不全)には関連性があります。ED(勃起不全)の方の『うつ』になっている割合は、問題なく勃起する方と比べると2.6倍というデータがあります。

うつ病は、全てにおいて意欲がなくなります。意欲がなくなることで、性欲の減退にも繋がります。こういった症状は心因性EDの特徴です。
動脈硬化などの病気ではないが、20~30代にもみられるED(勃起不全)は器質的な原因がわからないケースもあります。

ED(勃起不全)には、大きく分けると4つのタイプがあり、
身体的な原因(動脈硬化など)の『器質性ED』
精神的なストレスが原因の『心因性 ED』
器質性EDと心因性EDが混合している『混合性ED』
そして薬が原因で起こる『薬剤性ED』
うつ病の場合は、この4つのいずれかの可能性があります。

勃起は、性的な興奮や刺激を受けることで、脳から陰茎に伝わることで勃起します。うつ病などの症状が原因の場合は、性的刺激を受けても脳がしっかりと感じられず、陰茎海綿体が拡張しないので、勃起が起こりません。うつ病の場合でも、バイアグラなどのED治療薬は効果があります。
抗うつ剤とED治療薬には飲み合わせの悪いものはありません。効果が得られない場合は、抗うつ剤を変えることで改善の期待ができます。

男性器関連とED

前立腺肥大とED

前立腺肥大とED

前立腺肥大とED(勃起不全)は、加齢が原因で起こりやすい症状です。
欧米7カ国で1万人を対象とした調査では、下部尿路症状が原因でED(勃起不全)を引き起こす危険度は糖尿病の約2倍です。

下部尿路症状の原因でもある前立腺肥大症を治療することで、ED(勃起不全)が改善することがわかっています。
前立腺肥大症に伴う排尿障害には、ED治療薬は高い効果を発揮します。
特に、 シアリスは前立腺肥大の治療薬としても使用させれています。

包茎とED

包茎とED

包茎には3種類あります。
『仮性包茎』『真性包茎』『カントン包茎』とありますが、 日本人の約7割が『包茎』と言われています。
「仮性包茎」は、特に性行為をする際に問題はありません。
ED(勃起不全)が起こる可能性があるのは、「真性包茎」と「カントン包茎」です。「真性包茎」は、うまく性行為ができれば、何も問題はありませんが、挿入時などにうまくいかないと、中折れしてしまうケースがあります。
また、「カントン包茎」は、性行為の最中にに意図せず包皮が剥けてしまい、締め付けなどの痛みから中折れしてしまうケースがあります。

「真性包茎」と「カントン包茎」の中折れの原因は、
ED治療薬では改善できません。

また、「仮性包茎」は、ED治療薬の使用は問題ありません。
「カントン包茎」などによる物理的な症状ではないので、血流の改善で勃起を促すことができます。

コンプレックスとED

コンプレックスが原因でED(勃起不全)になることがあります。
包茎以外にもペニスが小さいこと、早漏、過去の性行為の失敗などのコンプレックスがある場合です。
このようなことを考えこんでしまうと、『心因性ED』になるケースが多いです。
コンプレックスが原因のED(勃起不全)には、 バイアグラなどのED治療薬や、早漏防止性器増大といったお薬やサプリメントが効果を発揮します。
ED治療薬を服用したことで自信を取り戻すことができるからです。

勃起の仕組みへ EDの原因 EDの治療

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


通販の海外薬店 ページの上へ戻る