パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-31
【ビットキャッシュ決済のメンテナンスについて】

2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







> ジェネリック医薬品・値段の仕組み

ジェネリック医薬品・値段の仕組み

ジェネリック医薬品の値段の仕組み

ジェネリック医薬品のススメ

前頁の、 ジェネリック医薬品について でご説明させて頂きました、『新薬(先発医薬品)』と『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』の開発から販売の流れが上記図でも解りやすく説明しております。
ジェネリック医薬品は、前項で新薬の 特許が切れ後に同成分で認可を他の製薬会社が取り、改善した医薬品の事をジェネリック医薬品とご説明させて頂きました。

最近になって、風邪を引かれたり、持病の治療等で病院に行って方の中には、診察の時や、薬剤師の方にお薬を処方された時に、『ジェネリック医薬品も選べます』という選択肢が増えて、病院や薬局でジェネリック医薬品の説明を受けた方もいらっしゃると思います。 そういった事からも、ジェネリック医薬品の知名度が高くなっています。
実は、 日本政府がジェネリック医薬品の普及率を上げようと、ジェネリック医薬品の推奨活動が増えてきた理由です。
その理由としては、日本の急速な高齢化社会になりつつあり、近年の国民医療費と国民所得の割合を見比べると、医療費の負担がどんどん増えてきているのです。
今後も医療費に適用される健康保険を適用していくには、医療費を抑えていく事が必要となっています。

ジェネリック医薬品の最大のメリットである 『新薬に比べて値段が断然安い!』という部分です。 ジェネリック医薬品が普及する事で、 『医療の質を落とす事なく、患者の薬剤費の自己負担を軽減する事が出来る』としています。

新薬とジェネリック医薬品を比較

新薬とジェネリック医薬品の違い

下記表にある、『新薬(先発医薬品)』と『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』を比較すると、膨大な開発費と期間が削減される事がおわかり頂けます。

医薬品の違い 『新薬』
(先発医薬品)
『ジェネリック医薬品』
(後発医薬品)
開発期間
10~15年程度
3~4年程度
開発費用
250億~800億程度
3000万~数億程度

ジェネリック医薬品開発削減

製薬会社は新薬を開発した時に、自社で製造・販売をする為にも特許を取得します。
特許期間は20年~25年程度ですが、その期間のうちに開発にかかっている費用・更なる新薬を開発する為の開発費も回収しなければなりません。
ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分からお薬を作るので成分自体の 研究開発費は削減出来ます。
それでも、3000万~数億程度の開発費と3~4年程度の期間をかけて、新薬と比べて品質・効果・使いやすさ等を改良するなどをして、
厚生労働省から認証を得て皆様の手へと届いているわけです。

厚生労働省へ承認してもらえる基準値も大変厳しくなっています。新薬と同等以上かを厳しく比べられ、改良された場合は、その新しく使われている添加剤等が影響を及ぼした場合は、勿論認可はおりません。
そういった、厳しい基準値をクリアしたお薬しかジェネリック医薬品として製造販売する事が許されないので、品質の安全性も保証されています。

開発期間・開発費を抑える事の出来る ジェネリック医薬品は、新薬に比べて安い値段設定で販売する事が可能となるわけです。
新薬よりも 30%~70%OFF程度の安い値段設定で販売されております。
また、 安全性も新薬と同成分でなので、長い期間、製造販売されてきているお薬の実績もあり、安心してご利用出来ます。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文