お買い物ガイド

> ジェネリック医薬品・値段の仕組み

ジェネリック医薬品・値段の仕組み

ジェネリック医薬品の値段の仕組み

ジェネリック医薬品のススメ

前頁の、 ジェネリック医薬品について でご説明させて頂きました、『新薬(先発医薬品)』と『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』の開発から販売の流れが上記図でも解りやすく説明しております。
ジェネリック医薬品は、前項で新薬の 特許が切れ後に同成分で認可を他の製薬会社が取り、改善した医薬品の事をジェネリック医薬品とご説明させて頂きました。

最近になって、風邪を引かれたり、持病の治療等で病院に行って方の中には、診察の時や、薬剤師の方にお薬を処方された時に、『ジェネリック医薬品も選べます』という選択肢が増えて、病院や薬局でジェネリック医薬品の説明を受けた方もいらっしゃると思います。 そういった事からも、ジェネリック医薬品の知名度が高くなっています。
実は、 日本政府がジェネリック医薬品の普及率を上げようと、ジェネリック医薬品の推奨活動が増えてきた理由です。
その理由としては、日本の急速な高齢化社会になりつつあり、近年の国民医療費と国民所得の割合を見比べると、医療費の負担がどんどん増えてきているのです。
今後も医療費に適用される健康保険を適用していくには、医療費を抑えていく事が必要となっています。

ジェネリック医薬品の最大のメリットである 『新薬に比べて値段が断然安い!』という部分です。 ジェネリック医薬品が普及する事で、 『医療の質を落とす事なく、患者の薬剤費の自己負担を軽減する事が出来る』としています。

新薬とジェネリック医薬品を比較

新薬とジェネリック医薬品の違い

下記表にある、『新薬(先発医薬品)』と『ジェネリック医薬品(後発医薬品)』を比較すると、膨大な開発費と期間が削減される事がおわかり頂けます。

医薬品の違い 『新薬』
(先発医薬品)
『ジェネリック医薬品』
(後発医薬品)
開発期間
10~15年程度
3~4年程度
開発費用
250億~800億程度
3000万~数億程度

ジェネリック医薬品開発削減

製薬会社は新薬を開発した時に、自社で製造・販売をする為にも特許を取得します。
特許期間は20年~25年程度ですが、その期間のうちに開発にかかっている費用・更なる新薬を開発する為の開発費も回収しなければなりません。
ジェネリック医薬品は新薬と同じ成分からお薬を作るので成分自体の 研究開発費は削減出来ます。
それでも、3000万~数億程度の開発費と3~4年程度の期間をかけて、新薬と比べて品質・効果・使いやすさ等を改良するなどをして、
厚生労働省から認証を得て皆様の手へと届いているわけです。

厚生労働省へ承認してもらえる基準値も大変厳しくなっています。新薬と同等以上かを厳しく比べられ、改良された場合は、その新しく使われている添加剤等が影響を及ぼした場合は、勿論認可はおりません。
そういった、厳しい基準値をクリアしたお薬しかジェネリック医薬品として製造販売する事が許されないので、品質の安全性も保証されています。

開発期間・開発費を抑える事の出来る ジェネリック医薬品は、新薬に比べて安い値段設定で販売する事が可能となるわけです。
新薬よりも 30%~70%OFF程度の安い値段設定で販売されております。
また、 安全性も新薬と同成分でなので、長い期間、製造販売されてきているお薬の実績もあり、安心してご利用出来ます。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文