通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> ジェネリック医薬品の実績

ジェネリック医薬品の認知度

ジェネリック医薬品の認知度

ジェネリック医薬品の実績・効果・安全面を、ご説明をさせて頂きます。
ジェネリック医薬品という言葉を聞いた事が有る方はいらっしゃると思いますが、一般的にはまだまだ広まっていないというのが現状です。

新薬よりもジェネリック医薬品の方が 30%~70%OFF程度の安い値段設定で販売されていますが、お薬という特性上、『体には安全で使えるのか?』『安い分効果も下がるんじゃないの?』等の疑問が当然出てきます。
そこで、ジェネリック医薬品自体の開発過程をご説明させて頂きます。

ジェネリック医薬品開発の流れ

①新薬の特許期間は20年~25年程度、新薬として販売実績が有り、特許期間中に数多くの利用患者様の症例から 効果・副作用まで確認されています。但し、全ての医薬品にジェネリックがある訳では御座いません。需要の高い医薬品ほど、各社ジェネリック医薬品の製造に力を入れます。

②需要の高い新薬の特許期間が終わるのを目安に、ジェネリック医薬品の開発が開始されます。基本的には、新薬と同じ有効成分・製造方法でお薬を製造します。その過程で、改良出来る部分があれば、改良していきます。
※例として、錠剤のお薬の場合等は、飲みやすい大きさや形に変更したり、ゼリー状や水無しで服用可能なチュアブル錠に変更するなど。

③厚生労働省から認証申請をして、厳しい審査基準に合格した医薬品のみが、厚生労働省から承認されます。
認可を頂いたお薬のみが、皆様の手に届きます。
※厚生労働省から認可を頂く事で、薬の製造・販売が可能です。

上記の事からも、ジェネリック医薬品は既に長期間実証された新薬と同じ成分・製法で作られたお薬を、 厚生労働省から認可をもらって製造・販売しているという事になります。
流通しているジェネリック医薬品は、上記の事からも安心して利用できる医薬品と言えるでしょう。

ジェネリック医薬品の実績

ジェネリック医薬品の実績

ジェネリック医薬品の実績

ジェネリック医薬品の実績

日本国内では、政府がジェネリック医薬品のシェア率を上げようと推奨していますが、海外に比べてジェネリック医薬品のシェア率は日本ではまだ低いのが現状です。海外では、ジェネリック医薬品の需要は高く、詳細に関しては事項のジェネリック医薬品の需要を御覧ください。

ジェネリック医薬品が新薬と同等の基準で、安全性や効果が新薬と同等以上というのは実証されています。
海外で有名なボランティア医療団体では、使用している医薬品の殆どがジェネリック医薬品です。ボランティア団体を運営するには大きな問題が有り、経済的負担を減らしていかないと成り立ちません。
そこで、新薬と同等以上の効果と安全性が実証され、薬剤費の大幅な削減が出来るジェネリック医薬品が使用されているのです。
ジェネリック医薬品がないとボランティア医療団体の運営が出来ません。

また、現在は医師が処方するお薬も新薬だけではなく、ジェネリック医薬品が処方される場合もあります。 処方箋には『後発医薬品(ジェネリック医薬品)へ変更可能』という欄が有ります。
現在、 日本政府ではジェネリック医薬品の普及を推奨しています。現在の高齢化社会の日本では、ジェネリック医薬品に変更する事で、医療水準を下げること無く薬剤費の自己負担額削減に結びつくからです。
医師が出した処方箋にチェックと医師のサインがあれば、患者の意思でジェネリック医薬品へ変更可能です。
医師・調剤薬局で薬剤師に相談してみてください。
但し、全ての新薬に対してジェネリック医薬品がある訳ではありません。
『日本ジェネリック医薬品学会』のホームページにて、現在服用中の新薬のジェネリック医薬品があるかどうかを検索する事も可能です。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


通販の海外薬店 ページの上へ戻る