パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







> 世界と日本で見るジェネリック医薬品の需要

世界と日本で見るジェネリック医薬品の需要

世界と日本で見るジェネリック医薬品の需要

ジェネリック医薬品の需要

世界のジェネリック医薬品シェア率を見ると、
【アメリカ約91%】【ドイツ約82%】【イギリス約73%】【フランス約62%】【日本約40%】
で、欧米などでは60%以上のシェアを締めています。
現在、日本ではこのジェネリック医薬品のシェアは 2015年9月現在で56.2%と発表されていますが、欧米に比べて低いシェアとなっているのが現状です。
2015年6月の閣議決定において、 2017年には70%以上とするとともに、
2018年~2020年までに80%以上とする、新たな数量シェア目標が定められました。 我が国ではジェネリックのシェア率が低い理由には、外国との医療制度の違いが主となっております。

日本の医療制度は「国民健康保険」がありますが、 国保の治療費負担額は70%~90%が国の負担となっているのが公的な保険制度です。
欧米、または外国ではこうした保険制度の導入が無い国が沢山存在します。 このような保険制度が無いため、治療を受ける際、高額な治療費がかかります。 個人の医療負担のコストを抑えるために、値段の安い「ジェネリック」が普及したと見られます。

現在の日本でも、2014年度の診療報酬改定によって、調剤薬局がジェネリック医薬品を処方した場合に、加算される単価が上がったのですが、その代わりに更に多くのジェネリック医薬品を処方をしなければ、加算を得られなくなりました。
病院の評価に関しても、患者側のメリットとなるジェネリック医薬品の利用を患者に促進する項目が追加された事で、次第にシェア率は拡大しております。

医薬品は薬価基準に収載されることで保険適用となります。
薬価に関しましては、引き下げられています。
新薬(先発薬)に対して『70%の価格(内服薬は銘柄数が10を超えた場合60%)』だった価格が『60%の価格(内服薬は銘柄数が10を超えた場合50%)』へと、10%引き下げられました。
また、価格帯ごとに薬の値段を統一する為、 『最高価格(新薬の場合もあり)30%未満』『30%~50%』『50%以上』といった3つに別けられ、同一成分のジェネリック医薬品は3つの薬の値段に集約される事になります。

ジェネリック医薬品の種類

オーソライズドジェネリック

オーソライズドジェネリック

厳密に言うと、新薬とジェネリック医薬品は同一成分を使って製造されていますが、メーカ等によっても製造ノウハウや添加物の量やコーティング剤が違うなど場合があり、100%全く同じ薬ではありません。

オーソライズ(Authorize)とは、公認する・許可するという言葉の意味通り、新薬開発メーカーにジェネリック医薬品開発メーカーが認めてもうらうことで、新薬と全く同じ医薬品を作る事が出来るので、アレルギー等の心配がほとんどなくす事が出来るといったメリットが有ります。

日本では処方するお薬の値段が高額な新薬でも、保険適用となるため、製薬会社も普及率の低い「ジェネリック医薬品」を開発するメリットが無いのが現状でしたが、緩やかにシェア率を上げており、1兆円超え市場となっております。
日本の国民医療費の割合は一年間で約31兆円とも言われています。
その内、 薬剤費が約6兆円と言われておりますので、このジェネリック医薬品の普及が進めば、年間を通して約1兆円ものコスト削減が見込めます。

日本では現在、少子高齢化が進んでおり、今後ジェネリック医薬品の需要が高まると期待されております。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文