> 個人輸入について

個人輸入について

個人輸入代行サービスの内容と流れ

処方箋とは厚生労働省が安全性に対して承認した『お薬』の事を指します。
日本国内または、病院などで処方されてない医薬品を海外ではドラッグストアなどで販売されてます。 日本国内で未認可の医薬品を必要としても、未認可の場合は処方してもらえないのが現状です。
特に、海外で長く生活されていた方は、気軽にドラックストアで販売されていた使い慣れたお薬なども、 日本国内で未承認だった場合は病院へ行っても処方してもらえません。日本国内で未承認のそのお薬しか効かない!といった場合は大変困ってしまいます。

そういった事情も含めて、医薬品を定める日本の『薬事法』では個人が海外医薬品(日本国内未認可)を日本で入手することを認めています。

日本で販売されていない海外製品(医薬品以外でも)インターネットからの注文にて、国際郵便で取り寄せる方法は昔でも現在でも「個人輸入」として利用されています。
海外メーカーによっては、自国のみでの販売や、大量購入に応じないところもあります。
また、対応も外国語で行わなければならない場合が殆どで、その国に合った言語でコミュニケーションが取れる事が必須となってきてしまいます。


そこで「個人輸入代行サービス」がお客様の代わりに、商品の手配や発送業務などを引き受けております。
直接海外のショップやメーカーなどから医薬品やサプリメントを取り寄せ、または買い付けをしてお客様のお手元にお届け致します。
『海外薬店』では、お客様の利便性を考え電話・メールサポート共に日本語にてご対応させて頂いております。
日本国内で未認可の医薬品などでも、「個人輸入代行サービス」であれば日本国内で海外商品のご購入が可能になります。

ご注文から発送までの流れ

※個人輸入代行サービスは厚生労働省が定める『薬事法』に則っての販売をしております。

薬事法について

薬事法が定める規定

薬事法

■ 『あくまでも個人が使用する理由に限る』
■ 『発注する数量は2ヶ月分未満に限る』

簡単にまとめるとこの2つのルールに則ってでの販売になります。
まとめ買いが希望であっても、規定の数量を超えた医薬品の個人輸入は出来ません。
基本的には、購入をする際は1錠単位ではなく、ドラッグストアなどと同じ、箱単位となる場合が主です。

『あくまでも個人が使用する理由に限る』という事なのでオーダーをする際は、宛先が『会社名』になってしまうと税関を通過することが出来ない場合があります。
また、ニックネームや偽名等なども、その対象外になってしまうので、個人様のお名前を必ず明記して下さい。
お近くの郵便局に荷物をお預かり頂いて、ご本人様がその郵便局に荷物を受け取りに行く、『郵便局留め』でお荷物を受取る事が可能です。※荷物を郵便局で受け取る際は、身分証明証が必要となります。
『個人輸入代行サービス』は『薬事法』に則り、行っている業務なのでルールを守りながらお客様に安心・安全のあるお取引をしております。

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る