パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-31
【ビットキャッシュ決済のメンテナンスについて】

2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







> 個人輸入のメリット・デメリット

個人輸入のメリット

個人輸入の良い点
個人輸入のメリット・デメリット

私達人間が病気や怪我をした場合は病院にて医師の診察受け、診察後に処方箋を受け取り薬局やドラッグストアにて医薬品を受け取るのが一般的な流れです。
法律上、人に診療や手術を施せるのは『医療資格者』いわゆる『医師』のみだげが義務付けされています。
患者様は専門医師に診察してもらい、病気の原因など知ることもでき、適切な治療を受ける仕組みが患者様にとって一番の安心材料になります。

しかし、患っている病気の中には慢性的な厄介な病気もあり、時間とお金を非常に要する事もあります。
こうなった場合には国内処方医薬品も高額なお薬として、経済面での自己負担もあり、心身共に重くのしかかってきます。
そこで『個人輸入代行サービス』を使って、海外医薬品(主にジェネリック)などで経済面での重圧を軽くするメリットもございます。

ジェネリック薬品は、新薬と同じ成分のお薬が低価格で販売しているので、お客様に経済的負担を減らしてご購入頂く事が可能です。
※ジェネリック医薬品の詳細を知りたい方は、 ジェネリックについてを御覧ください。

偽物・バイアグラゴールド

医師から処方された同じお薬を『個人輸入』をご利用して頂くことで、安全性の高いお薬がお安くご購入頂けます。
また、偽物・粗悪品や異なる医薬品が届くトラブルを避けるのであれば『個人輸入代行サービス』のご利用をお勧め致します。

トラブル時に1番困る事が、言葉が通じない場合です。
輸出先の国によって使われている言語が違うので、現地の言葉でコミュニケーションをとって解決しなければなりません。
輸入代行サービスを利用する事で、そういったトラブルを代わりに解決して、更には日本語で対応してくれる業者も少なくありません。

また、海外出張や海外留学で長期間海外に住んでいた場合など、海外ではドラッグストアなどで気軽にお薬が購入できます。
そういった使い慣れたお薬も、 日本国内で未承認の医薬品の場合、日本国内での病院やドラッグストアでは購入する事が出来ません。
この場合も、個人輸入をご利用して頂くことで、お手元に使い慣れたお薬をお届けする事も出来るのです。

個人輸入のデメリット

個人輸入の悪い点

個人輸入は自己責任

『個人輸入』としての問題点は、ご購入頂いた医薬品の適量や服用管理などは全てご購入頂いたお客様の『自己責任』で管理しなければならないといった点です。

本来、病院にて医師の診察受け、診察後に処方箋を受け取り薬局やドラッグストアにて医薬品を受け取る場合は、『医療資格者である医師』の責任の元、症状に合った治療薬を処方して頂く事が出来ますが、医師の判断を自己責任で行わなければなりませんので、病気や薬に関する正しい知識が必要となります。

現在、他の医薬品を服薬している場合の併用にも注意をする必要がございます。また『海外医薬品』のため、説明書や説明文が全て外国語となっている点。そして外国人の方との体格差の違いで過剰な服用になってしまう場合がある点です。

そういったデメリットを補う為に、現在処方されているお薬と同成分のジェネリック医薬品を、個人輸入を利用して購入される方が多くいらっしゃいます。

海外薬店では、 日本の薬事法に従い規定を厳守してますので、医薬品についての注意点・副作用などの説明はできません。
医薬品を服用される際は自己責任になります。
どうしても療法や服用方法が分からない場合や副作用についての不安がございましたら、必ずかかりつけの医師、または専門医にご相談の上、ご使用をお願い致します。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文