> 個人輸入する際に処方箋が不要な理由

個人輸入する際に処方箋が不要な理由

国内での医薬品購入と個人輸入での購入の違い
個人輸入する際に処方箋が不要な理由

通常国内の診察後の処方手順としては、医師からの処方箋は必要不可欠です。

処方箋の内容としては、医師が投与方法や必要な適量を記した書類になります。

その内容が明記された書類を元に薬剤師が患者様に医薬品を渡します。
国内の『薬事法』では処方箋無しでの医薬品提供は法律で禁止とされております。
では何故、『個人輸入代行サービス』では海外医薬品を処方箋無しでお客様にご提供するのは禁止されていないのでしょうか?

どうして処方箋不要でいいの?

処方箋不要

処方箋には担当医師が患者様の使用する医薬品使用に関して『責任』を持つと明記しているものなので、『責任』は医師にあると言えます。体に関わる大変重要な事なので、医師になるには病気や症状に対する知識と、病状に合った医薬品の選択が大事となるので、医師になる為には、勉強をして国家資格を取る必要があるのです。

『個人輸入』の場合、あくまでも利用されるのは個人の判断のため、医師には関係ありません。
通常、『医薬品の個人輸入代行サービス』は医師や薬剤師が行っている訳ではございませんので、必ず購入される医薬品の正しい知識を身につけてからご利用下さい。
『個人輸入代行サービス』は個人に医薬品を販売するのではなく、『個人』に対して『輸入』のお手続きをするサービスです。
ご注意してほしいのは、あくまでも自己責任での使用となりますので、医師にお薬の処方箋手続きをする必要がございません。

処方箋不要で、自己判断で必要なお薬を購入可能なのが『個人輸入』の内容となり、メリットにもデメリットにもなります。
国内の『薬事法』では個人的な利用に限り、医薬品の輸入が認められていますので、規定の数量以上(認可されている量は原則として2ヶ月分未満となります)であれば、輸入禁止されている医薬品以外はご購入可能なのです。
また、規定以上の輸入については、税関で没収になる場合がございますので、ご購入の際はご注意して下さい。

また、お薬代を削ろうとして、安価な医薬品をご購入した場合に『粗悪品を購入してしまう』ケースもありますので、安全で安心な医薬品をお求めの場合は『個人輸入代行サービス』のご利用をオススメします。但し、悪質な業者もおりますので、ご注意して下さい。

処方箋不要で購入可能なのが『個人輸入』ですが、あくまでも服用・ご使用に関しましては全て『自己責任』となりますので、症状・病状や副作用・禁忌薬等、よくご理解の上、海外医薬品の利用をお考え下さい。

個人輸入の注意点個人輸入の処方箋が不要な理由薬事法輸入禁止薬物

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る