お買い物ガイド

海外薬局TOP > 薬事法・輸入が禁止されている薬物

薬事法・輸入が禁止されている薬物

輸入に関しての禁止項目等
輸入に関しての禁止項目

日本の『薬事法』には健康被害を及ぼす危険性のある、または高いものには、
規制・禁止の法律があります。
対象となる医薬品や毒物となる物について『個人輸入』であっても禁止されています。

禁止とされている薬物の代名詞とも言えるのが覚せい剤などがあげられます。 日本の法律で、所持はもちろんの事、使用・輸入・製造・売買すべてにおいて禁止とされています。
もし、覚醒剤を輸入された場合は、密輸になってしまいます。
また、医療用であっても大麻などもこの分類にあたります。
医療用大麻は国の管理の元、生産をされていますので、個人が所持使用・輸入・製造・売買すべてにおいて禁止とされています。
同様に『モルヒネ』に関しても麻薬の原材料となる可能性がありますので、厚生労働省からの許可を取得してでの扱い以外は禁止されております。

鬱病や精神病などに用いられるいわゆる『抗うつ剤』や『医療用向精神薬』なども過度の量を輸入する際は、処方箋、病気である証明が必要になります。最大で、個人使用する場合の2ヶ月分までと決まっておりますので、輸入量に関しても制限されます。

医薬品だけではなく、輸入に関しては『ワシントン条約』の絶滅危機のある植物が原料の物、動物で作った・原材料・衣料品なども禁止されています。

『薬事法』以外にも『関税法』でも知的財産権侵害物品であれば、例え医薬品だとしても輸入は硬く禁止されています。
これは主にイミテーション(コピー商品)などが該当します。
医薬品は体に使うものなので、粗悪なものを使用してしまうと、体に異変が起こったなどのトラブルもございます。
特にED治療薬などの医薬品では、 偽物が出回っています。そういった偽物を販売する輸入代行サービスを行っている業者もおりますので、注意が必要です。

『個人輸入代行サービス』はあくまでもコンプライアンス(法令遵守)の元でのサービスとなりますので、誤った利用は硬くお断りしております。
何卒、ご理解の上、安全・安心なお取引をお願い致します。
▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文