> レビトラの効果と副作用

レビトラについて

レビトラの歴史
レビトラ通販

レビトラED治療薬として二番目に誕生しました。
製造・販売するのはドイツにある製薬会社のバイエル薬品です。
レビトラは2003年8月にFDA(米国食品医薬品局)から承認を受けました。 日本では2004年4月に厚生労働省から認可を受けています。
レビトラの最大の特徴は『即効性』です。
主成分の『バルデナフィル』は水に溶けやすい性質があるので、即効性に優れています。

臨床試験では、服用後15分で約7割以上の治験者に効果が出ています。
バイアグラは服用後30~1時間で効果があらわれます。
シアリスは服用後1~3時間で効果があらわれます。
即効性を求めている方は断然『レビトラ』です。

また、レビトラの効果は『ED(勃起不全)改善率が高い』ことです。
バイアグラやシアリスで効果が得られない場合は、レビトラで効果が得られる可能性があります。

レビトラの名前の由来はフランス語で男性を意味する「le」とラテン語で生命を意味する「vitra」を合わせた造語からなります。
日本語にすると「男性の生命」という意味になります。
パッケージに表記されているレビトラの炎のマークですが、これはマッチの炎で「こすればすぐに火が着く」という意味になります。
「素早く効く」「服用してすぐ効く」等、レビトラの即効性を意味しています。

レビトラの効果について

レビトラ主成分:バルデナフィル
レビトラとバルデナフィル通販

レビトラの主成分『バルデナフィル』は勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)」を抑える効果があります。
PDE-5は、勃起に重要な「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を分解してしまいます。
海綿体の中で、PDE-5濃度が増加するとcGMPが分解されてしまい、結果的に陰茎海綿体の血流バルブを担う筋肉が緩まない為、血流が流れ込みにくくなり勃起がしづらい状態を作ってしまいます。
普段はこの状態で、通常時は勃起せずに毛細血管から必要な栄養を送る程度の血液しか流れていません。

そこで、バルデナフィルが作用するとPDE-5を抑えてくれるので、陰茎海綿体内部のcGMP濃度を上げてくれます。
陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上がる事によって、陰茎海綿体の筋肉が緩む事で血管が広がり、性的興奮や刺激を受けた際に陰茎海綿体内に多くの血液を流す事ができ、勃起を促し維持させる効果があります。

レビトラの作用と服用方法
レビトラの効果作用と服用方法

レビトラの効果持続時間は約5~8時間です。
個人差はありますが、空腹時の服用で15分ほどで効果が実感できます。
また、レビトラは少量であれば、食事の影響を受けにくいです。
バルデナフィルは700キロカロリーで脂質が23.3g以下であれば、食事の影響を受けにくいとされています。
具体的に言うと、牛丼屋さんの牛丼並盛り1杯です。

レビトラの効果を最大限に発揮させるには空腹時の服用をオススメします。
食事をされる際は、脂っこい食事は避けてください。
食後に服用される場合は2時間以上間隔を空けて、消化が終わった頃に服用することしてください。
主成分のバルデナフィルが体内に吸収されていれば、効果があらわれ始めますので、どうしても食事をしなければならない場合は、食事の30分~1時間前に服用してください。

レビトラ服用時の注意点
アルコールの過剰摂取は、効果を弱めてしまう可能性があります。
お酒の飲みすぎにはご注意ください。
レビトラには、性欲を増進させるような効果はありません。
「性的欲求・性的刺激が起こると勃起を補助する薬」です。
性的欲求・性的刺激がないときは、勃起しません。

レビトラの副作用について

レビトラの副作用
レビトラの副作用

レビトラ服用時の副作用に関しましては、顔のほてり・動悸・頭痛・めまい・光に過敏になるなどございますが、レビトラの効果自体がなくなると副作用も治まります。
レビトラの効果が血管を拡張して、血流が良くなったことで起こる症状です。
基本的に、レビトラには命にかかわるような副作用ありません。

レビトラには併用禁忌薬があります。
主成分の「バルデナフィル」は血管を拡張させて、血流を良くする作用で、血圧を下げる効果があるため、心臓病などのお薬や血圧のお薬などと併用すると、極端に血圧が下がってしまい、レビトラと併用すると重大な副作用が起こる危険性がありますので服用できません。
レビトラの併用禁忌薬一覧

■硝酸剤※飲み薬・舌下錠・塗り薬・貼り薬・吸入薬・注射・スプレー
・アイスラール錠20mg
(ニトプロ持続静注液6mg/30mg)
・アイトロール錠10mg/20mg
(ニトプロ注)
・アイロクール錠20
(ニトラステープ)
・亜硝酸アミル
(ニトルビン錠5)
・アパティアテープ
(ニトロールRカプセル20mg)
・アンタップR
(ニトロール持続静注25mgシリンジ)
・イソコロナールRカプセル
(ニトロール錠5mg)
・イソニトール錠20
(ニトロールスプレー)
・イソピット
(ニトロール注5mg/50mg/100mg)
・イソモニット錠20mg
(ニトロール注5mgシリンジ)
・エスタット錠5mg
(ニトロール注バッグ50mg/100mg)
・L-オーネスゲン錠
(ニトログリセリン錠)
・カリアントSRカプセル20mg
(ニトログリセリン舌下錠0.3mg)
・冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL
(ニトログリセリン注25mg/50mg)
・コバインター錠5mg
(ニトロダームTTS)
・コンスピット錠
(ニトロバイド錠5mg)
・サークレス注0.05%/0.1%
(ニトロペン舌下錠0.3mg)
・サワドールL錠
(ハイパジールコーワ錠3/6)
・サワドールテープ40mg
(バソレーター注5mg/注50mg)
・ジアセラL錠/L錠20mg
(バソレーターテープ27mg)
・シグマート錠2.5mg/5mg
(バソレーター軟膏)
・シグマート注2mg/12mg/48mg
(バンリール錠20mg)
・シグランコート錠2.5mg/5mg
(フランドル錠20mg)
・ジドレンテープ
(フランドルテープ40mg)
・シベラント錠5mg
(ヘルピニン-Rカプセル)
・硝酸イソソルビド錠
(ミオコールスプレー0.3mg)
・硝酸イソソルビドテープ
(ミオコール注5mg/50mg)
・シルビノール錠5mg
(ミニトロテープ27mg)
・ステンベルガー錠5mg
(ミリステープ5mg)
・ソプレロール錠20mg
(ミリスロール注)
・タイシロール錠20mg
(メディトランステープ27mg)
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
(リファタックL錠)
・ニコランタ錠5
(リファタックテープ40mg)
・ニコランマート錠5mg

■抗ウイルス薬 (HIV治療薬)
・インビラーゼカプセル200mg
(ノービア・ソフトカプセル100mg)
・インビラーゼ錠500mg
(ノービア・リキッド)
・カレトラ錠
(フォートベイスカプセル)
・カレトラ・ソフトカプセル
(ブリジスタ錠300mg)
・カレトラ・リキッド
(レイアタッツカプセル150mg/200mg)
・クリキシバンカプセル/200mg
(レクシヴァ錠700)

■抗真菌薬
・イコナゾンカプセル50
(イトラリール錠50/100)
・イデノラートカプセル50mg
(イトリゾールカプセル50)
・イトラートカプセル50
(イトリゾール注1%)
・イトラコナゾール錠50/100
(イトリゾール内服液1%)
・イトラコネート錠50mg
(トラコナ錠50mg/100mg)
・イトラコンカプセル50

■抗不整脈薬
・アジマリン錠
(タイリンダーカプセル)
・アミオダロン塩酸塩錠100mg
(チヨバンカプセル50mg/100mg)
・アミオダロン塩酸塩錠100mg
(ノルペース50mg/100mg)
・アミサリン錠125mg/250mg
(ノルペースCR錠)
・アミサリン注
(ピメノールカプセル50mg/100mg)
・アンカロン錠100
(ファンミルR錠)
・アンカロン注150
(ファンミルカプセル)
・ジソピラR錠
(リスピンR錠150mg)
・ジソピラミドカプセル100mg
(リスピンカプセル100mg)
・ジソピランカプセル
(リスモダンR錠150mg)
・シノベジール錠50mg/100mg
(リスモダンカプセル50mg/100mg)
・シベノール錠50mg/100mg
(リスモダンP静注50mg)
・シベノール注射液
(リスラミドR錠150mg)
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg
(リゾラミドR錠)
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg
(リゾラミドカプセル)
・シンビット静注用50mg
(硫酸キニジン錠)
・ソタコール錠40mg/80mg
(硫酸キニジン錠)
・ソピラート「カプセル」/カプセル100mg
(硫酸キニジン)

抗不整脈薬など

併用禁忌薬にないからといって、服用するのは危険です。
薬を服用している場合は、必ず医師に相談してください。
グレープフルーツを食べたり飲んだりしてしまうと、作用が強く出てしまう恐れがあり、更に、副作用も強く出る可能性があるので注意が必要です。

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販・電話注文


海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る