正規品保証・確実配送の通販は海外薬局

ED治療薬(勃起不全)

スーパーPフォース+カマグラセット

スーパーPフォース+カマグラセット通販

¥15,900¥5,900-
1錠あたり ¥200
在庫あり
バイアグラと同効果+早漏防止のスーパーPフォース3箱と、バイアグラと同効果のカマグラゴールド100mg3箱のセット商品です!
感度変わらず射精長持ち+バイアグラの勃起力を低価格で購入出来るジェネリック薬です。
お相手をもっと喜ばせたい方や、長い時間一緒に楽しみたい方に大変人気です。
▼スーパーPフォースで予防が可能です
・早漏が原因で彼女にふられた
・早漏を馬鹿にされトラウマになった
・パートナーを満足させる事が出来ない
・早漏を考えて積極的になれない
▼カマグラを用意する事で予防が可能です
・勃ちが悪くて焦ってしまう
・中折れしてパートナーを傷つけた
・緊張して勃起しなかった
・勃たなくて恥をかいた
病院でバイアグラと早漏防止薬のプリリジーを処方した場合、1回分の値段はバイアグラ約1,500円、早漏防止薬プリリジー約6,000円程度必要ですが、カマグラはバイアグラと同効果で、スーパーPフォースはバイアグラ+早漏防止薬プリリジーと同効果で1回分の値段が245円と大変お得です。
商品の在庫がなくなり次第終了となりますので是非この機会にお買い求め下さい!

特別割引価格実施中
カマグラセット定価24錠15,900円→割引価格5,900円がまとめ買いで驚きの価格に!
▼カマグラ2セット
定価48錠31,800円→割引価格11,800円→特別価格11,400円【約63%OFF】
▼カマグラ3セット
定価72錠47,700円→割引価格17,700円→特別価格15,900円【約67%OFF】
▼カマグラ4セット
定価96錠63,600円→割引価格23,600円→特別価格20,700円【約68%OFF】
▼カマグラ5セット
定価120錠79,500円→割引価格29,500円→特別価格24,000円【約70%OFF】

早漏防止勃起薬3箱+3箱プレゼントセット

早漏防止勃起薬3箱+3箱プレゼントセット通販

¥15,000¥7,500-
1錠あたり ¥312
在庫あり
・バイアグラジェネリック+早漏防止成分「スーパーバイスマ」
・レビトラジェネリック+早漏防止成分「スーパーレビスマ」
・シアリスジェネリック+早漏防止成分「スーパーシアスマ」
上記3種の中から同じ早漏防止勃起薬を3箱ご購入いただくと、さらに違う種類の早漏防止勃起薬3箱をプレゼントいたします。3箱ご購入いただくと、今なら合計6箱、24錠が買えます。
プレゼント用の在庫が無くなり次第即終了の、今だけ大変お得なキャンペーンを実施中です。
勃起不全【ED】の治療に加えて、早漏【PE】の治療に使用されるダポキセチンをダブルで配合した早漏防止のED治療薬のお得なプレゼントセットになっています。
【早漏防止勃起薬を使用で予防ができます】
・肝心な時に勃たない
・途中で中折れをしてしまう
・早漏でパートナーが不機嫌に…。
・早漏によりお互い満足を得られなかった
病院で勃起薬と早漏防止薬を処方した場合、1回分の値段勃起薬で約1,500円~2,000円程度、に加えて早漏防止薬で5000円~7000円が必要ですが、これらと同効果のジェネリック薬で1回分の値段が312円と大変お得です。この機に、スマート社の高品質な早漏防止勃起薬のジェネリックをお試し下さい。

レビトラ

レビトラ通販

¥6,000¥5,480-
1錠あたり ¥1,277
在庫あり
レビトラは、ED治療薬として有名なバイアグラに次いで2番目に日本国内でも認可されたお薬で、ドイツのバイエル社(製薬会社)から発売されているED治療薬です。
1番の特徴は有効成分バルデナフィルが水に溶けやすい為、バイアグラやシアリスよりも効き目が早い事から、発売当初はバイアグラの改良版とも言われていました。
▼レビトラで予防が可能です
・突然の機会で勃たなかった
・途中で中折れしてしまった
・勃起せずに恥ずかしかった
・勃起せずに相手に申し訳なかった
・負けられない戦いに強い味方が欲しい
病院でレビトラを処方した場合、1回分の値段は約1,500円~1,800円程度必要ですが、1回分の値段が1,277円~と大変お得です。
1回分の費用を抑えたい方は、同成分バルデナフィル配合・同効果のレビトラジェネリックがオススメです。

今年1月、レビトラの製造元であるバイエル社より、レビトラ供給の一時停止という告知がされております。
海外での製造遅延が原因ですが、現時点でレビトラ供給再開は未定です。
レビトラ不足で処方が出来ない病院も増えております。
まとめ買いされるお客様も増えておりますので、品切れの際はご了承下さい。
また、レビトラと同効果のジェネリックも在庫が御座いますので、ご利用下さい。

ED治療薬関連記事

よくお客様から頂く、EDやED治療薬に関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、EDやED治療薬に関する事をお調べ頂けます。

EDの治療

ED(勃起不全)は、生命を脅かすものではありませんし、痛みがあるわけでもありませんので、治療に踏み出さない人も少なくなりません。
治療しない人の中には自分がEDであることを認めたくなく治療に踏み切らない方が大勢います。
最近では20代の若い世代にもEDの症状が出ています。成人男性の3人に1人が一度はEDに悩んだことがあるというデータもあります。

勃起が不十分なために感じてしまう男性としての自信喪失は、職場や家庭などの中での自信低下にもつながってしまい、日常生活にさまざまな悪影響を与えてしまうとされています。
近年の医学界では病気そのもの、または治療によってもたらされる生活の質(クオリティオブライフ)の低下が問題視されています。
ED治療でも、満足な勃起ができるようになる事はもちろんですが、気持ちの面でも症状が無かった時のように自然な感覚を取り戻す事が望ましいとされています。

経口薬でED治療

経口薬ED治療薬また、ED治療が推奨される理由として、ED治療は経口薬を服用するだけという簡易さがあります。副作用が少なく、有効性が80%以上と高いのがその理由です。頻繁に病院に通う手間もありませんので、治療を継続する事が難しくありません。バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラ・ザイデナといった、ED治療薬を服用したことでEDが改善され、自信を取り戻しEDを克服される方も多いです。

現在では、世界中でED治療薬の服用による治療が一般的になっており、多くのED患者が治療をしています。近年では、EDが血管障害や生活習慣病の予兆であると考えられています。
アメリカのED患者を対象とした調査では、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併している割合が極めて高いという結果が出ています。そして、その後に循環器疾患の発生率が優位に高いという結果も出ているのです。
EDは、全身の血管障害の中で一番初めに起こるものの一つで、自覚症状がはっきりあるものです。
この段階で、他の病気が合併していないか把握して、合併しているようならED治療と同時に治療していく事が理想的と言えるでしょう。

EDは、その他の病気を早期発見できるように身体からのサインでもあるのです。勃起に大事な血管障害を起こさないように健康管理・食生活・喫煙などに気をつけましょう。
歳を取ったからしょうがないではなく、70歳でも80歳でもED治療薬を使わなくても勃起する方もいます。また EDの原因であるストレスを溜めないようパートナーと話し合いED治療をするのが望ましいです。

ED治療薬とED治療薬ジェネリックの違い

バイアグラから始まり、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナと現在は5種類のED治療薬が開発され販売されています。

ED治療薬ジェネリックとは、新薬を開発した製薬会社が持っている特許の有効期限が切れた後に、別の製薬会社が同じ成分を用いて開発した薬がジェネリックです。
製薬会社によって製法や添加物等に多少の違いは有るものの、同じ主成分を配合しているので効果や副作用などほぼ同等です。

ジェネリック薬を開発する際は、既に開発された成分を用いる為、開発費を大幅に抑える事が出来ます。その為、販売価格を安い値段に設定することが出来るのです。
ED治療薬ジェネリックは、新薬である『バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナ』よりも安い価格で購入する事が出来る為、人気な理由のひとつです。

また、ジェネリックの開発には、新薬の問題点を改善したり、より使い勝手や効果を高める為に、改良される事もあります。
例えば、錠剤よりも吸収効率を良くする為や、水が無くとも簡単に服用出来るようにと、ゼリータイプへ改良されたED治療薬ジェネリックも開発されています。

これは、錠剤が苦手な方にも服用しやすくする為の工夫の1つです。

また、EDと併発して起こりやすい早漏に対しても同時に治療がおこなえるようにと、ED治療薬と早漏防止薬を1錠にまとめたタイプや、肥満や体型が大きく、通常のED治療薬では効果が弱い方の為に、バイアグラ+レビトラやバイアグラ+シアリスなど、2種類のED治療薬を混合型した強力なED治療薬ジェネリックも開発されております。

ED治療薬ジェネリックは、新薬よりも2割~6割程度値段も安く、品質も同等以上で使い勝手が良いという点が、人気の高い理由です。

■ED治療薬とED治療薬ジェネリックの違いまとめ
・ED治療薬は血流を改善し勃起を助ける
・成人男性の3人に1人がEDで悩んでいる
・ED治療薬とED治療薬ジェネリックの同じ主成分を使っている
・ED治療薬ジェネリックは新薬よりも安い
・ED治療薬ジェネリックは新薬を改良した物が多い
・ED治療薬ジェネリックは使い勝手の良い混合型がある
上記のようにED治療薬と比較してもED治療薬ジェネリックは多数のメリットを持っています。

ジェネリックを含むED治療薬の商品一覧はコチラ

ED治療薬を病院で購入する方法と値段

ED治療薬を購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、病院でED治療薬を購入する方法をご説明していきます。

ED治療薬は、専門医のいる泌尿器科での処方が基本となりますが、病院によっては内科などでも処方をおこなっている病院もありますので、事前にED治療薬の処方が可能かどうか、病院に確認する必要があります。
病院でED治療薬を処方して頂いた場合、健康保険は適応外となる為、全額自己負担となります。

ED治療薬を病院で処方してもらう際の値段ですが、初診料や診察料、場合によっては検査料等が必要となる為、約2,500円~10,000円の費用が必要となります。
また、その他にED治療薬を必要な錠数分薬代が必要となります。

日本国内で認可済みのED治療薬は、『バイアグラ、レビトラ、シアリス』があります。
1錠あたり約1,500円~2,000円程度で販売されていますが、病院によっても価格は異なります。
日本国内でもバイアグラのみジェネリックの処方が開始されており、約1,000円程度で販売されています。

■ED治療薬を病院で購入する方法と値段まとめ
・ED治療薬は泌尿器科や内科などで処方が可能【要確認】
・ED治療薬は保険適応外の為、全額自己負担
・ED治療薬1錠あたり約1,500円~2,000円程度
・バイアグラのみ国産ジェネリックの取扱があり1錠あたり約1,000円程度
・病院によって薬代と別に初診料や診察料、検査料などが必要
・ED治療薬1錠を処方してもらう場合、約4,000円~10,000円程度必要
上記のように病院によっても価格は異なりますが、健康保険が適応外となる為、高額になる可能性があります。

ED治療薬を通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段

ED治療薬を購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、海外薬店のようなインターネット通販で個人輸入代行業者からED治療薬を購入する方法をご説明していきます。

ED治療薬はインターネットを利用して通販(個人輸入代行)で購入する事も可能です。
個人で利用する場合に限り、量など細かな制限はありますが、処方せん不要で海外から処方薬を個人輸入する事が認められています。

個人輸入代行業者に依頼する事で、通販で購入するのと変わらず簡単にED治療薬を購入する事が出来ます。

新薬で購入出来るED治療薬は『バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナ』と日本で取扱の無いED治療薬も購入可能です。
新薬のED治療薬1錠あたりの値段は、1,215円~1,800円で購入が可能です。
またED治療薬ジェネリックの種類も豊富で、1錠あたり150円~567円と安い値段で購入する事が可能です。

ニュースなどでも話題となりましたが、多くの粗悪品や偽物が通販や個人輸入で流通しているうち約4割を占めているのも事実です。
勿論、粗悪品や偽物を使用した場合、正規品とは配合されている成分量が異なり、多すぎれば効き目が強すぎて副作用の危険が高まりますし、少なければ本来得られるはずの効果がなくなってしまい、ED治療薬が効かなかったなんて事もあります。

また、偽物や粗悪品は不衛生な環境で作られることが多い為、本来正規品には入っていない不純物が混ざっている可能性があります。
そういった場合は、体へ何らかの影響を及ぼす可能性も高い為、通販(個人輸入代行)で購入する場合は信頼出来る業者から購入する事が必須となります。

お客様に安心してED治療薬やED治療薬ジェネリックを購入して頂くために、私共、海外薬店では、100%メーカー正規品保証をおこなっております。
取扱している全ての商品はメーカー正規品の物となっておりますので、安心・安全にご利用頂けます。

■ED治療薬を通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段まとめ
・ED治療薬を処方せん無しで購入が出来る【来院不要】
・購入方法は普通の通販サイトと同じく簡単に注文可能
・海外薬店では新薬のED治療薬1錠あたり1,215円~1,800円と低価格
・ED治療薬ジェネリックの種類も豊富で1錠あたり150円~567円と安く購入可能
・通販(個人輸入代行)で流通しているED治療薬の約4割は偽物や粗悪品
・粗悪品や偽物を使用すれば健康を害する可能性がある
上記のように通販(個人輸入代行)を利用する場合、信頼できる業者からの購入が必須となります。

ED治療薬の正しい飲み方

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に効果を引き出すタイミングが変わりますので、詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の効果を最大限引き出す事が可能な正しい飲み方をご覧下さい。

バイアグラの正しい飲み方
レビトラの正しい飲み方
シアリスの正しい飲み方
ステンドラの正しい飲み方
ザイデナの正しい飲み方

ED治療薬の効果を引き出す正しい飲み方まとめ
・性行為の約1時間前に飲む
・お水で飲む
・ED治療薬は空腹時に飲むのが1番効果的
・食事後に服用する場合は、2時間以上経過してから飲む
・食事をする場合は脂質の多い物は避け、軽めにする
・アルコールも控えめにする
・ED治療薬の服用は1日1回まで
・服用間隔は24時間以上あける
ED治療薬は正しい飲み方をしないと、効果が弱ったり、効かなくなくなってしまいます。ED治療薬を飲んだけど効かなかったと言う方は、一度正しい飲み方をしているかチェックしてみましょう。

ED治療薬の仕組み(メカニズム)

ED治療薬通販 ■ED治療薬(内服薬)とは?
世界初、内服するタイプのED治療薬バイアグラが1998年に登場して以来、ED治療に関して画期的な革新がもたらされました。
バイアグラが登場するまでのED治療では、事前に準備をし器具を装着して勃起した状態を維持をするといった方法。尿道へ薬剤を注入する事で強制的に勃起をさせる方法。直接ペニスへ注射で薬剤を注入して強制的に勃起をさせる方法。手術をして器具を埋め込み、勃起状態を手元の器具で調整する方法など、様々な方法がありましたが、使用するまでのハードルが高かったのも事実です。
そこで、他のお薬と同様に、水で服用するだけでED治療効果が得られるといった、手軽な使用方法が大きいでしょう。
また、ED治療薬の素晴らしい所は、その作用の仕組みにありますが、
強制的な勃起ではなく、自然と同じ状態で起こる効果でしょう。
自分の意思と関係なく勃起を引き起こす訳ではなく、通常と変わらずに脳が性的興奮を感じたり、ペニスへの直接的な刺激を感じる事で勃起が起こります。
この自然な効果も使い勝手の良い理由の1つでしょう。
但し、全ての方がED治療薬を使える訳ではありません。ED治療薬を使用できない人もいるので、注意が必要です。

■ED治療薬の仕組み
現在、販売されているED治療薬には、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)、アバナフィル(ステンドラ)、ウデナフィル(ザイデナ)と5種類の成分がありますが、その基本的な作用はどれも同じで、PED5阻害薬と呼ばれるものです。
各成分が、勃起に深く関わっているPED5の働きを阻害する事で、勃起がし易い状態を作り出します。
ペニス内部にある陰茎海綿体と呼ばれる箇所は、内部がスポンジ状の組織となっており、そこへ血流が流れ込み血液が溜まる事で、勃起が起こります。
まず、勃起が起こるまでの流れですが、ペニスに直接刺激を受けたり、脳が性的興奮を感じる事で、脳から勃起を促す為の司令が陰茎海綿体へ送られます。その司令を受取ると、陰茎海綿体周辺ではNO(一酸化窒素)の分泌が開始します。
NOが分泌されると、勃起に非常に重要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増加します。このcGMPには、血管を拡張する作用があり、陰茎海綿体周囲の血管を拡張させる事で、結果的に血液を流れ込ませ勃起状態を作ります。
普段はこの血管が収縮している為、血液が陰茎海綿体へ流れ込まない状態を作っています。それは、PED5の働きによって、cGMPが分解されているからです。

①性的興奮→②NO放出→③cGMP増加→④勃起→⑤PED5増加→⑥通常状態

EDの原因は様々ですが、多くの方はこのPED5とcGMPのバランスが崩れることで勃起が起こらなかったり、勃起してもその維持が出来ずに中折してしまったりするのです。
そこで、ED治療薬を服用すると、cGMPを分解してしまうPED5の働きを阻害する事が出来るのです。すると、cGMPは分解されにくくなるので、勃起がし易い準備状態を作る事が出来るのです。
このED治療薬の作用によって、高い有効率を発揮しています。

ED治療薬の効果

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に効果時間や特徴が変わりますので、
詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の効果ををご覧下さい。

バイアグラの効果
レビトラの効果
シアリスの効果
ステンドラの効果
ザイデナの効果

ED治療薬の効果まとめ
・cGMPを抑制するPDE-5が多いと勃起しにくい状態となる
・ED治療薬の主成分は勃起を抑えてしまうPDE-5の働きを抑える
・cGMPが増加するとペニス周囲の血管を広げ勃起を促進する効果を持つ
・仕組みは一緒だがED治療薬の種類によって効果が変わる
ED治療薬の主成分が勃起しやすい状態になるようバランスを取る事で、男性器周囲の血流を改善します。

ED治療薬の副作用

■ED治療薬の副作用
・顔面のほてり
・頭痛
・鼻詰まり
・目の充血
・動悸
・消化不良
・頭痛
・背部痛
・筋痛
・四肢痛 など

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に副作用も変わりますので、
詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の副作用をご覧下さい。

バイアグラの副作用
レビトラの副作用
シアリスの副作用
ステンドラの副作用
ザイデナの副作用

ED治療薬は医薬品となる為、副作用が起こる場合があります。
ED治療薬を服用した場合、どのような副作用が起こるか知っておく必要があります。

軽い副作用は「ED治療薬の副作用が現れた=ED治療薬の効果が現れた」という事にもなりますので、ED治療薬が効き始めた合図ともなります。
ED治療薬は男性器の血流を良くすることで勃起不全を改善しますが、もちろん男性器だけでなく、体中の血流も良くなります。

それにより、顔面のほてり、頭痛、めまい、鼻みず、鼻づまり、腹痛、消化不良、腰背痛、筋肉痛、まれに視覚異常などの症状が出る可能性もあります。
殆どの場合は、薬の効果が切れる頃には症状も収まる軽い副作用でしょう。
どうしても頭痛が気になる場合は、市販のロキソニンやバファリンやイブといった頭痛薬も併用が可能です。

副作用の出方は、個人差や服用量によっても違ってきます。
ED治療薬は医師や薬剤師に指示された用法、用量を守っていれば安全に使用出来るお薬です。
例えばバイアグラ50mgを服用してみて、副作用が気になるようでしたら、医師に相談し25mgに変えたりと、飲む量を調整する事でも改善が可能です。

■ED治療薬副作用(重度)
極めて稀な副作用ですが、ご注意下さい。
▼急激な血圧低下
同様の血管拡張作用を持つ硝酸薬などを使用した場合や、ED治療薬の過剰摂取で血圧が通常よりも下がりすぎてしまった場合、命を脅かす危険を招く場合があります。
▼勃起持続症(プリアピズム)
一度もおさまること無く、4時間以上勃起が続くと痛みがではじめ、陰茎が損傷してしまいます。勃起が収まらない場合は早急な病院の受診が必要です。
こちらもED治療薬の過剰摂取が引金となる場合が御座いますので、ご注意下さい。
▼アナフィラキシーショック
ED治療薬の成分に対してアレルギー反応を起こした場合、大変危険です。
気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど

重篤な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると命に危険を及ぼすような重篤な副作用が発生する恐れもあります。
異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。

■ED治療薬の副作用まとめ
・副作用の出現がED治療薬の効果がでてきた合図
・頭痛は市販の頭痛薬で抑えられる
・内容量の調整で副作用の強弱も調整可能
・異変を感じたら直ぐに医師の診察を受ける
副作用が発生した=ED治療薬の効果が現れた合図にもなります。正しく使えば、ED治療薬は安全な医薬品ですが、使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

ED治療薬の併用禁忌

ED治療薬の副作用は一般的なお薬と比べても重くはありませんが、注意が必要なのは間違えて併用禁忌などを使用してしまった際の副作用です。
飲み合わせの悪いお薬などを併用していまったり、ED治療薬を服用出来ない方が飲んでしまった時の副作用が、時には命に関わる場合もあるので注意が必要です。

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に併用禁忌や注意点も変わりますので、
詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の併用禁忌をご覧下さい。

バイアグラの併用禁忌
レビトラの併用禁忌
シアリスの併用禁忌
ステンドラの併用禁忌
ザイデナの副作用

ED治療薬を服用出来ない方

■ED治療薬に含まれている成分に、アレルギーをお持ちの方
ED治療薬の成分にアレルギーをお持ちの方は、アレルギー反応を起こしてしまう為、服用できません。

■硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤と使用中の方。
狭心症や不整脈のお薬とED治療薬を絶対に併用しないで下さい。
ED治療薬は血管を拡張する事で血圧が低下します。そこへ、血圧を低下させる作用のお薬を更に飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎて大変危険です。
血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。

▼ED治療薬と併用禁止(硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤)
・ニトログリセリン
・硝酸イソソルビド
・一硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・亜硝酸アミル
▼ED治療薬と併用禁止(抗不整脈薬)
・塩酸アミオダロン

■性行為を行うだけの体力が無い方。(医師から止められている方)
高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、ED治療薬を服用できません。また、医師にED治療薬の服用を禁止されている方は服用出来ません。

■半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を患っている方は、ED治療薬は服用できません。

■重度の肝機能障害の方
ED治療薬の成分は、肝臓で代謝される為、肝機能障害で正常に代謝されない場合、排出に時間がかかったり、通常以上の血中濃度になってしまう恐れがある為です。

■低血圧の方又は、高血圧の治療をおこなって血圧のコントロールがされていない方
臨床データがない為、低血圧(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は血圧のコントロールをされていない高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)の方は、安全性の確認が取れていない状態なので、ED治療薬の使用が禁止されています。

■網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方
ED治療薬を服用すると、網膜色質変性症を悪化させる恐れがある為、ED治療薬の服用が禁止されています。

■ED治療薬の併用禁忌まとめ
・ED治療薬にアレルギーをお持ちの方
・硝酸剤など併用禁忌薬を使用中の方
・性行為を止められている方
・半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
・重度の肝機能障害の方
・低血圧の方
・高血圧で血圧コントロールをされていない方
・網膜色素変性症の方
上記にあてはまる方は、ED治療薬を使用する事が出来ない可能性があります。ED治療薬を使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をして下さい。

ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説

ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説1ページ ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説2ページ ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説3ページ ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説4ページ

EDとは

EDとは、性機能の低下を意味する英語「Erectile Dysfunction」の略です。
日本語だと 「勃起不全」「勃起障害」などと呼ばれます。

専門的には 「性交時に十分な勃起が得られない、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない」状態を、少なくとも、3ヶ月以上持続している事が定義されています。
また、事故や怪我等の外傷や手術が原因で満足な性交が行えない場合は、3ヶ月未満でもED(勃起不全)と診断が可能となっています。

EDは、幅広い症状が該当し、勃起ができないというだけではなく、硬さが不十分だったり、勃起状態が維持できない(中折れ)なども含まれます。

つまり、満足な性交が行えるだけの勃起が得られない状態は、いずれもEDとなるのです。

EDの症状

軽度ED・中度ED・重度EDの違い

1998年に行われた調査では、中度ED(たまに勃起、性交中は維持できる)と重度ED(勃起できず性交不可能)の日本人成人男性は、約1130万人という報告があります。成人男性の4人に1人が一度はEDに悩んだことがあるというデータもあります。

その中でも1番多い症状は、
「挿入出来るまで勃起が維持できない」
「挿入した後に途中で萎えてしまう」
「一度萎えてしまった後に、なかなか反応がせず勃起しない」

等の、行為の最中で萎えてしまういわゆる「中折れ」の状態です。

ED(勃起不全)の症状 年代別では、40歳代は5人に1人、50歳代は2.5人に1人、60歳代は1.7人に1人、が中度以上のEDという事になります。EDは、実は身近な疾患なのです。

最近では若い世代にもEDの症状が出ています。
ストレスが原因でなる場合が多いようです。
しかし、実際にEDを治療していない人は少なくありません。

歳をとってから性機能の衰えを感じた場合は、加齢が原因だと決めつけて治療をしないという事が多くみられますが、それは大きな間違いです。
なぜなら、他の疾患と関連している可能性があるからです。
実際に、EDの自覚症状がある中年男性の多くが、動脈硬化の原因となる疾患を持っている事が分かっています。
動脈硬化は、高血圧・高脂血症・糖尿病・生活習慣病などと関連が深いですが、EDとも同様に深い関連があるのです。

軽いED

軽度EDは放置せず治療しましょう

また、EDになるのがたまにという事から、治療しないという事も多くみられます。しかし、たまにの場合でも、満足な性交が行えないのでしたら、十分にEDの治療対象となります。
この場合は、原因がストレスにあると思い込み、放っておけば治ると思い込んでいる人が多いです。
しかし、50歳代以上では、多くの場合に動脈硬化が原因となっている混合型EDも多いため、自己判断で放置してしまうのはあまり得策ではありません。動脈硬化などを悪化させてしまいます。
現在では、飲んでED治療をする ED治療薬が第一選択になり、約8割のED患者に有効という実績があります。

EDは治療できる疾患ですので、他の疾患との関連に気づくためにも、放置しない事ようにする事が大切です。

健康診断で生活習慣病と診断されている方は要注意です。

若年性ED

若年性ED(勃起不全)の増加
若年性ED

衰えが要因としてEDを引き起こしてしまう原因と認知されている方々も多くいらっしゃいますが、昨今では20代男性にも見られる「若年性ED」もあります。若い世代(主に20代前半~後半又は、30代前半)の「若年性ED」ですが、何故このような若い人達でもEDになってしまうのかを整理してみます。

若年性EDと呼ばれる症状には2つの原因があるとされています。
1.心因性によるED=精神的な不安やストレスからくる勃起不全
2.器質性によるED=身体的な疲労や食生活からくる勃起不全

この若年性EDには原因として上記の2つが考えられるのですが、圧倒的に若者達に多い原因としては「心因性からくるED」といわれております。
成人になりたてで、まだ性行為に対する免疫や経験が浅く、非常に感受性も豊かで、精神的にも影響を受けやすく、異性や社会生活での些細な事でも、この若年性EDの引き金となってしまう方が急増しています。

若年性EDを克服しよう!

下記ではこの3つの心因性による「若年性ED」について紹介します。若者達のEDは器質性のEDよりも、心因性からくるEDが圧倒的に多いのが現状です。
こういった、心因性が原因で引き起こすEDのせいで、最愛のパートナーとの別れにも繋がってしまい、男してドンドン自信を無くした上に女性との接し方も消極的になってしまいがちになります。
それを防ぐためにも自分なりの改善策を打つべきでしょう。

セカンドセックスED

心因性の中で最も多いED

セカンドセックスED

多くの若年性EDの中でも、この理由が最も頻繁に起こるEDの原因となります。性経験が初めてで、緊張や不安からくるストレスだったり、新しいパートナーとの初めてする性行為のときに起こりやすいとされています。

起こりやすい原因としては、上記でも述べたように、パートナーに対して
「嫌がられたらどうしよう…。」
というような不安や、見栄を張るばかりに、
「下手と思われたくない!」
というような焦りからくる原因がEDに繋がるという理由になります。

ここで、充分な勃起をするためには、どのようにしたら良いのか?
それは、脳が十分に性的刺激を認識して、ペニスへと伝達できること。
また、副交感神経がしっかりと働いていること、いわゆる心がリラックス状態になっているという事になります。

この2つはとても重要な理由となります。
セカンドセックスEDの方々によく見える過度な不安や焦り、または恐れが、本来理性を超える性的興奮よりも遥かに上回ってしまい、上手く勃起へと繋げていくのが困難な状況になってしまうのです。
ここ最近で急増している、いわゆる「草食系男子」と呼ばれる若者達が女性に対して消極的になってしまう事などが、若年性EDを引き起こしてしまう特徴になります。

バーチャルED

草食系男子に多いED

バーチャルED

この言葉に聞き慣れない方は多いのではないのでしょうか?
バーチャルEDとは簡単に説明すると、「女性との性行為ができない環境」のことを指します。

先程にも記したように、「草食系男子」にもこの傾向がよく見られます。
実際に生身の女性と性行為ができる環境が少ない、または、そういった場面が全く無い。

ではどのように、性的欲求を満たしているのかというと、アニメやアダルト映像(一昔前まではエロビデオなどの部類)に夢中になったり、逃げてしまい、それらのモノで マスターベーション(自慰行為)を行っている方がバーチャルEDになりやすいとされています。
生身の女性との性行為では、自分の欲求だけを満たす自慰行為と違い、パートナーや相手のこと思いやる必要性がありますので、普段馴れていない性行為を前に戸惑いが生じ、勃起までに至らない事が多いようです。
これは20代の男性に多くみられるEDの原因とされていますので、心当たりのある方は女性への免疫をつけておく必要があると思います。

特定パートナーED

特定のパートナーのみに対するED

特定パートナーED

この症状の多くは20代後半~30代前半の男性によくあるEDとされています。例えば、風俗や今まで自分との距離が近くなかった女性との性行為では、勃起になんの問題も無かったはずが、自分のパートナー(彼女や妻)では全く勃起しなくなるケースです。

何故、このような症状が出てしまうのか?

これは、長く付き合っているパートナーに対する容姿に魅力を感じられなくなったり、喧嘩や言葉(愚痴)などにより性欲そのものが減少して引き起こす症状とされます。
最近ではこうした男性の特定パートナーによるEDが原因で、セックスレスに悩まされている女性が急増傾向にあります。

ED自己診断

勃起不全度セルフチェック
ED(勃起不全)セルフチェック

アメリカにて開発された自己診断の「勃起時の硬さスケール(EHS:Erection Hardness Score)」5段階で判断可能です。
気になる方・不安をお持ちの方は、医師にご相談下さい。

セルフ
チェック
陰茎の状態 硬さ
チェック
グレード 0
陰茎は大きくならない。
通常状態
グレード 1
陰茎は大きくなるが、硬くはない。
こんにゃく
グレード 2
陰茎は硬いが、挿入に十分なほどではない。
みかん
グレード 3
陰茎は挿入には十分硬いが
完全には硬くはない。
グレープ
フルーツ
グレード 4
陰茎は完全に硬く、硬直している。
りんご

勃起の仕組み

交感神経と副交感神経
勃起の仕組み

ED(勃起不全)の悩みを解決するには、まずは勃起の仕組みやメカニズムを知る必要があります。
勃起する為には、身体の3箇所を経由します。勃起をさせるのは脳からの指示が必要です。最初に脳が性的興奮や刺激を受ける事で次の段階に進みます。脳が性的興奮を感じないと勃起できません。

次に脳で感じた性的な興奮は勃起神経へと伝わります。
脳から指示させた性的興奮をペニスに伝えるには、勃起神経を通って性的興奮をペニスに送ります。

勃起神経には自律神経があり、交感神経副交感神経があります。
交感神経は緊張や興奮したときに優位になる神経で、
副交感神経はリラックスしたときに優位になる神経です。
この2つの神経が勃起に大きく関わります。

副交感神経が優位なときはリラックスしているので勃起を促しますが、交感神経が優位のときは緊張している状態なので性的な興奮を脳に送り返してしまいます。
気持ちに関わる自律神経は、緊張・不安・プレッシャーがあると勃起しにくいのは交換神経が優位になっているからです。
交換神経が優位なるとEDの症状になります。

勃起する時の体内ではどうなる?

勃起する為には体内でどういった物質の効果で勃起しているかを説明していきます。脳からペニスまで性的興奮の指示が伝わると血液中に一酸化窒素(NO)という物質が増加します。
一酸化窒素(NO)が増加するのと同時に、ペニスの中の血管を広げる物質(グアノシンーリン酸・cGMP)も増加します。
血管が広がることで陰茎海綿体が血液が満たされ、勃起を持続されるために大事な役割をしています。
cGMPの働きが悪いと中折れする原因になります。

性的興奮が治まると(射精後)交感神経が優位に働きます。交感神経が優位な状態になると勃起を解除します。
勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5」(PDE5)という物質が出てきます。PDE5がペニスに溜まった血液を出してくれます。
溜まった血液が元に戻ることによって、通常時のペニスに戻ります。
ここで問題なのが、性交時にPDE5の濃度が濃すぎると血管拡張作用のあるcGMPを分解してしまい、勃起が収束してしまうのです。

ED治療薬の作用の仕方

バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラ・ザイデナなどED治療薬は、このPDE5を抑える事でcGMPを増やし勃起がしやすい状態へとサポートしてくれます。

①性的興奮を受けると 脳からの勃起させる為の指示が出ます。
指示が勃起神経に伝わりペニスに届きます。
③勃起を促す為にペニスの血管を広げて海綿体に血液を溜める事で勃起します。
これが勃起の仕組みです。

朝立ちの仕組みは?

性的刺激もない状態でも、勃起することがあります。
睡眠から目覚めた時に勃起している状態、いわゆる朝立ちの仕組みは、まだ解明されいていません。
健康な男性は眠りの浅いレム睡眠時に、神経が刺激される事で勃起すると考えられています。
その状態で、目覚めるので寝起きの状態で、勃起している事があるのです。

陰茎海綿体

2種類の海綿体

陰茎海綿体

勃起に関して一番大事な部分である「海綿体」と呼ばれる部分があります。女性の場合はクリトリスに海綿体があります。

男性の場合は、海綿体は陰茎海綿体と尿道海綿体の2種類があり、左右にわかれて陰茎海綿体がありその下側に1本尿道海綿体があります。
勃起に深く関係する海綿体は陰茎海綿体の方で、その陰茎海綿体は無数の糸状の様な血管が張り巡らされスポンジ状になっています。

陰茎深動脈という血管の先には、螺行動脈(らこうどうみゃく)と呼ばれる血管がバルブ的役割を果たしており、陰茎海綿体の平滑筋と螺行動脈が緩み血液が流れ込む事で、陰茎海綿体が血液で満たされると、血液の圧力によって膨張して硬くなり勃起します。

一度勃起すると、陰茎海綿体を覆っている白膜が膨れ上がった陰茎海綿体によってパンパンに膨れ静脈を圧迫される事で、陰茎の内圧が上がることで流れこんだ血液を外に逃さないことで勃起を維持します。
普段は性的興奮を受けていないので、陰茎海綿体に血液が溜まらないので勃起しないようになっおり、毛細血管によって必要な栄養分を運ぶのみになっています。

陰嚢(いんのう)の役割

精子の製造と貯蔵

いわゆる「玉袋」と言われる部分で、陰茎の付け根にある「陰嚢(いんのう)」といいます。
左右に別れ、睾丸(精巣)が中に入っており、精子を貯蔵する部分の精巣上体と、尿道への通り道となる精管の一部で組織されています。
陰嚢は精子を作り蓄える重要な役割を持ち、適切な温度に保つため体温よりもやや低い温度を維持するために、温度が高い場合は体から離れる様にぶら下がり、温度が低い場合は筋肉を収縮する事で体内へと精巣を引き上げて温度を保ちます。

通常、精巣で精子が作り上げられるまでには、約70日の期間を要します。
完成した精子は、精巣から精巣上体という場所に移され、射精が出来るように精子が準備されているのです。
もし、射精されないまま鮮度の落ちてしまった精子は、新しく作られる精子に変わって、分解されて再び体内へと吸収されるので、常に新鮮な精子を射精できるように準備しているのです。

精巣では、テストステロンという重要な男性ホルモンが分泌されます。
加齢と共に減少していきますが、テストステロンがある一定量を下回ってしまう事でEDの原因にもなり、うつや男性更年期障害にもなる場合があります。テストステロンは、性機能の向上・性欲向上・やる気・筋肉や骨の発達・体毛などに影響を与えます。

射精の仕組み

射精はどうなって起こる?

射精の仕組み

性行為の際には、射精の為の準備が始まります。
精巣上体に蓄えられている精子を、平滑筋の運動で精管へと運び、精管から射精管へと運ばれます。
運ばれた精子は精嚢から出る分泌液や前立腺液と混じる事で、精液が作られ射精のその時を待ちます。
射精の瞬間が来た時に、平滑筋の動きで尿道へと押し出され圧力によって一気に体外へと放たれます。
精子自体は、空気に触れてしまうと数時間で死滅してしまいますが、子宮の中では2日~3日程度活動が可能です。
1度の射精で放たれる精子の量は、1億匹~4億匹程度と言われています。

また、尿道と精管の分岐点には、蓋の役割をする弁のような物が付いているので、射精の準備がされている間は尿道が塞がれる為、精子と尿が混ざり合うことは基本的にはありません。

EDの原因

EDの4大原因

EDの原因

勃起の仕組みは、性的な興奮や刺激を受けることで脳から神経を介してペニスに伝わり、ペニスの陰茎にある海綿体の動脈が拡張することで、陰茎海綿体に血液が送られることで勃起します。
神経や血管、またはどちらとも正常でない場合、陰茎海綿体に血液が流れにくくなり、ED(勃起不全)が起こる原因に繋がります。
ED(勃起不全)の原因と考えられる要因は大きく分けると 4つのタイプに分類されます。また、糖尿病や心臓病の影響からED(勃起不全)になることもあります。

器質性ED

加齢による原因で50歳代以上の方に多くみられます。
また、手術や事故など何らかの原因で、勃起に関連する神経が傷ついてしまった事によって引き起こされるEDは、器質性EDに分類されます。
血管の障害(動脈硬化など)や神経の障害が原因で起こるED(勃起不全)です。加齢に伴う場合は、動脈硬化など血管が硬くことで起こっている可能性が高いです。動脈硬化になってしまうと血管が拡張しづらくなり、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると陰茎海綿体に血液が流れにくくなることでED(勃起不全)の症状が起こりやすくなってしまいます。
糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、血管に負担をかけてしまいます。
そして、結果的にED(勃起不全)が起こりやすくなってしまいます。喫煙も血管を収縮させてしまうことからED(勃起不全)の原因とされています。

このように、ED(勃起不全)と動脈硬化はとても関連が深いとされています。
動脈硬化や生活習慣病の改善によって、ED(勃起不全)も改善されるという事は多くみられます。
神経障害にみられるのは、脳腫瘍・脳出血・脳外傷・脊髄損傷・パーキンソン病などの病気は、神経を傷つけてしまいますのでED(勃起不全)が起こりやすくなる病気です。
また、泌尿器系の病気で手術をして陰茎海面体の血管や神経を傷つけてしまうとED(勃起不全)が起こりやすくなります。

ED(勃起不全)のタイプ
心因性ED

心因性ED

30~40歳代に多い症状で、精神的なストレスが原因で起こるED(勃起不全)です。精神的なストレスが溜まると、性的な興奮があった時でも神経を介してペニスにうまく伝える事ができず、ED(勃起不全)が起こりやすくなります。心因性EDには、ざまざまな原因があると言われています。
仕事のストレスや夫婦生活に感じる精神的なストレスが原因になっていることがあります。
不安が大きな原因となる為、一度性行為で失敗経験があると、「また上手く行かないんではないだろうか…。」「次は上手くやらなきゃダメだ。」と言った、不安やプレッシャーが原因となり、悪循環を引き起こしてしまいます。
不妊治療をしていると、排卵日がプレッシャーに感じてしまい、ED(勃起不全)を起こしてしまうこともあります。

また、性交での失敗がトラウマになっていて、それが原因となる場合もあります。失敗してしまうという不安が大きなストレスとなってしまい、ED(勃起不全)になってしまう事も多くみられます。

混合型ED

混合型ED

血管や神経の障害が原因で起こる器質性EDとストレスが原因で起こる心因性EDの両方が原因で起こる場合があります。
特に、不摂生な生活によって動脈硬化が進み、日々のストレスを溜め込んでいる中年男性に多いのが、この混合性EDです。
混合型EDに多いのは動脈硬化や生活習慣病などや精神的なストレスが原因の場合に混合型EDになりやすくなってしまいす。
混合型EDは40歳以上に多いと言われています。

薬剤性ED

薬剤性ED

服用している薬剤が原因で起こるのが、薬剤性のED(勃起不全)です。
抗うつ剤などの向精神薬や、不整脈のお薬、高コレステロールのお薬など、様々な薬がEDの原因となるケースがあります。
薬剤の中には、ED(勃起不全)を引き起こす原因となるものがあります。薬剤性EDの引き起こす原因となるお薬の詳細は、下記を御覧ください。

中枢神経作用薬
(解熱剤・鎮痛剤・抗うつ剤・抗不安剤・抗けいれん剤・睡眠導入剤・抗精神病薬などの向精神薬)
循環器系の薬剤
(降圧剤・血管拡張剤・利尿剤・高脂血症用剤・不整脈治療薬)
末梢神経作用薬
(筋弛緩剤・鎮けい剤・抗コリン薬・麻酔薬)
消化管薬剤
(消化性潰瘍用剤・鎮けい剤・抗コリン薬・麻酔薬)
などの薬剤があげられます。

EDと糖尿病・動脈硬化

糖尿病とED

糖尿病になるとED(勃起不全)になる可能性が上がる病気の1つです。 糖尿病の方でED(勃起不全)の症状が出ている割合は、2、3人に1人は ED(勃起不全)の自覚症状があります。 ED(勃起不全)と自覚していない人も足すと、糖尿病を患うと ED(勃起不全)になっている割合はかなり上がるはずです。
糖尿病の方の約80%が ED(勃起不全)になっていると言われています。

なぜ糖尿病になるとED(勃起不全)になりやすいのか正常な勃起をしている方は、脳から神経に命令が出て、血流が良くなり海綿体に血液が溜まると問題なく勃起します。
糖尿病が原因のED(勃起不全)は、複数の問題が生じて発症することが多くみられます。

神経障害
勃起は、脳が感じた性的な興奮や刺激が陰茎に伝わると起こる症状です。
糖尿病になると神経回路に障害が起きやすくなります。

1型糖尿病とED

1型糖尿病の特徴はインスリンの分泌量が減少して起こる糖尿病です。

10~20代での発症率が高いです。ですので、若年性のED(勃起不全)の原因となっている可能性があります。

1型糖尿病は、10~20代で発症することも多く、早い段階で若年性のED(勃起不全)の症状が出る可能性があります。
勃起が起こるメカニズムは、性的な興奮や刺激を受けると脳から神経に命令が出て、血流が良くなり性器海綿体への血液が溜まることによって起ります。血糖値が高いまま何もしないで放置していると、糖質が神経細胞や血管にダメージを与えます。
放置したままでいると、性的な興奮や刺激がうまく伝わらなくなり、血流の量が低下しすることで若年性のED(勃起不全)となります。
10~20代で1型糖尿病によって若年性のED(勃起不全)なってしまっている場合もバイアグラなどのED治療薬で、高い確率で改善が見込めます。

2型糖尿病とED

2型糖尿病とED(勃起不全)発症は大きな原因の一つです。2型糖尿病さえ改善されれば、ED(勃起不全)も一緒に改善できる可能性があります。まずは生活習慣を改善することと、血糖値を下げるようにしてください。
糖尿病治療薬とバイアグラなどのED治療薬の飲み合わせに問題はありません。また、勃起改善効果も非常に高いです。ED(勃起不全)の症状が出ている場合にはバイアグラなどのED治療薬は有効です。

動脈硬化

動脈硬化とED

全身の血管に動脈硬化が起こるのは、糖尿病の症状の一つです。
特に、陰茎動脈の周辺に硬化が起こると、勃起機能の妨げになります。
性器海綿体の毛細血管は、体の中でも細い血管ですので、動脈硬化になると血流の流れが悪くなってしまいます。
ED(勃起不全)の症状が出た場合は、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の疑いがあります。

糖尿病の方もバイアグラ等のED治療薬で、高確率で改善が見込めます。
糖尿病になってしまったら悪化させないことです。
運動や食生活を改善することで血糖値を下げることができます。
血糖値が高いままですと、ED(勃起不全)になりやすくなります。

心臓病とED

心臓とEDの関連

心臓病とED

心臓病にも様々な種類があります。
ED(勃起不全)と関連性が高いのは、狭心症や心筋梗塞などです。

狭心症と心筋梗塞はED(勃起不全)と同じ仕組みで起こります。
ED(勃起不全)の原因の中には、血管が障害となる器質性ED(勃起不全)があります。心疾患も血管に障害が起こり発症します。
動脈硬化や血液の流れが悪くなることで、血管に血栓や詰まりなどが起こることで同じ原因で症状が出ます。
心臓の冠状動脈で血管に血栓などができると、血液の流れが悪くなり、心筋梗塞・狭心症などになり、陰茎動脈の血管で血液の流れが悪くなることでED(勃起不全)になります。

動脈硬化になると最初に影響を受ける可能性があるのは、陰茎動脈です。
陰茎動脈は動脈の中では非常に細いため、ED(勃起不全)になりやすくなります。動脈では血液の流れが悪くなると、違う血管を使って血液を各臓器に送ってくれるのですが、陰茎動脈にはその代替回路がないのです。
そのため、年齢による軽度の動脈硬化が起こると、最初に症状が出るのが陰茎になります。

狭心症とED

狭心症の方でも、バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラなどのED治療薬を服用できる場合もあります。

医師から了承を得て、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を服用する場合は、性行為中の急な狭心症発作が出ることもあるため、パートナーにED治療薬を服用をしていることは必ず伝えるてください。

1.ステント治療などを行っていて、医師から了承を得ている場合
2.定期的に検査をしていて、狭心症の状態が安定して医師から了承を得ている場合

心筋梗塞とED

心筋梗塞の方でも、バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬を服用できる場合もあります。

1.ニトログリセリンの服用をしていない方
2.心筋梗塞をになってから、6ヶ月以上経っている場合はED治療薬を服用できます。

また、心筋梗塞になってから、3ヶ月以上6ヶ月未満の方はシアリスのみ服用可能です。
※どちらも医師の了承を得ている場合のみですので、勝手な判断で服用すると命に関わることもあります。

高血圧とED

高血圧とED

高血圧は糖尿病や喫煙と並んで「ED(勃起不全)の三大要因」とも言われています。 高血圧症になってしまうとED(勃起不全)を発症している確率は約30~70%とかなり高い割合になります。
ED(勃起不全)と同じく高齢になる事で高血圧症にかかる確率が高くなる病気で、男性にとっては厄介です。

高血圧症とは、血管を流れる血液の圧力が高くなることです。
高血圧になると、心臓が心筋を増加させることで負担をかけます。
負担がかかることで、血管にも大きなダメージを与え、ダメージを受けた血管が狭まり、硬くなってしまいます。この症状は『動脈硬化』です。
動脈硬化の影響で、陰茎動脈の周辺に硬化が起こり、勃起機能の妨げになってしまいます。
性器海綿体の毛細血管は、体の中でも細い血管ですので、動脈硬化になると血流の流れが悪くなることでED(勃起不全)に繋がります。

うつ病とED

メンタル面とEDの深い関連性

うつ病とED

うつ病や躁うつ病(双極性障害)などの気分障害とED(勃起不全)には関連性があります。ED(勃起不全)の方の『うつ』になっている割合は、問題なく勃起する方と比べると2.6倍というデータがあります。

うつ病は、全てにおいて意欲がなくなります。意欲がなくなることで、性欲の減退にも繋がります。こういった症状は心因性EDの特徴です。
動脈硬化などの病気ではないが、20~30代にもみられるED(勃起不全)は器質的な原因がわからないケースもあります。

ED(勃起不全)には、大きく分けると4つのタイプがあり、
身体的な原因(動脈硬化など)の『器質性ED』
精神的なストレスが原因の『心因性 ED』
器質性EDと心因性EDが混合している『混合性ED』
そして薬が原因で起こる『薬剤性ED』
うつ病の場合は、この4つのいずれかの可能性があります。

勃起は、性的な興奮や刺激を受けることで、脳から陰茎に伝わることで勃起します。うつ病などの症状が原因の場合は、性的刺激を受けても脳がしっかりと感じられず、陰茎海綿体が拡張しないので、勃起が起こりません。うつ病の場合でも、バイアグラなどのED治療薬は効果があります。
抗うつ剤とED治療薬には飲み合わせの悪いものはありません。効果が得られない場合は、抗うつ剤を変えることで改善の期待ができます。

男性器関連とED

前立腺肥大とED

前立腺肥大とED(勃起不全)は、加齢が原因で起こりやすい症状です。
欧米7カ国で1万人を対象とした調査では、下部尿路症状が原因でED(勃起不全)を引き起こす危険度は糖尿病の約2倍です。

下部尿路症状の原因でもある前立腺肥大症を治療することで、ED(勃起不全)が改善することがわかっています。
前立腺肥大症に伴う排尿障害には、ED治療薬は高い効果を発揮します。
特に、シアリスは前立腺肥大の治療薬としても使用させれています。

包茎とED

包茎とED

包茎には3種類あります。
『仮性包茎』『真性包茎』『カントン包茎』とありますが、日本人の約7割が『包茎』と言われています。
「仮性包茎」は、特に性行為をする際に問題はありません。
ED(勃起不全)が起こる可能性があるのは、「真性包茎」と「カントン包茎」です。「真性包茎」は、うまく性行為ができれば、何も問題はありませんが、挿入時などにうまくいかないと、中折れしてしまうケースがあります。
また、「カントン包茎」は、性行為の最中にに意図せず包皮が剥けてしまい、締め付けなどの痛みから中折れしてしまうケースがあります。

「真性包茎」と「カントン包茎」の中折れの原因は、
ED治療薬では改善できません。

また、「仮性包茎」は、ED治療薬の使用は問題ありません。
「カントン包茎」などによる物理的な症状ではないので、血流の改善で勃起を促すことができます。

コンプレックスとED

コンプレックスが原因でED(勃起不全)になることがあります。
包茎以外にもペニスが小さいこと、早漏、過去の性行為の失敗などのコンプレックスがある場合です。
このようなことを考えこんでしまうと、『心因性ED』になるケースが多いです。
コンプレックスが原因のED(勃起不全)には、 バイアグラなどのED治療薬や、早漏防止・性器増大といったお薬やサプリメントが効果を発揮します。
ED治療薬を服用したことで自信を取り戻すことができるからです。

ICI治療

直接薬剤を注射する
ICI治療でED治療

ICI治療とは、直接陰茎海綿体へ「プロスタグランジンE1製剤」を注射する事によって、性的刺激に関係なく強制的に勃起させる治療法です。
0.1cc~と少量の薬剤を髪の毛程度の注射針で注入します。
注入後、5分~10分程度で効果があらわれ、30分程で最大サイズに至ります。効果は約3時間程度持続し、射精後も勃起が持続します。
そこで、ICI療法のメリットとデメリットをまとめて見ました。

▼ICI治療のメリット
・持病等から、バイアグラ等の経口薬を服用出来ない方も使用可能です。
・バイアグラなどの経口薬で効果が見られなかった方に効果的な治療法。
・2回目以降の自己注射の場合、時間と場所を選ばず使用可能です。
・効果の持続時間が切れるまで、強制的に勃起が続く。
・ICI治療を受けた方の約98%の方が、効果を実感しています。


▼ICI治療のデメリット
・注射が苦手な方には、使用しにくい。
・病院で注射してもらい、強制的に勃起する状態でパートナーの元に移動しなければならない。
・初回以降の治療は、自分で注射する事が殆どです。
・効果の持続時間が切れるまで、強制的に勃起が続く。
・日本国内で未承認の治療法。
・強制的な勃起の為、薬剤と相性が悪い方は、感度が大幅に低下する場合がある。
・費用が1回あたり1万円と高価で経済的負担がかかる。

生活習慣の改善

食事・運動・生活を改善する
生活習慣とED

勃起にとって、血流が大切です。血液の流れを良くする事で、勃起力を改善します。
根本的な所から見直して行きましょう。

▼食生活の見直し・改善
脂肪分の多い食事ばかり普段から摂取している場合、血液がどろどろになってしまう事で血流が悪くなり、動脈硬化も進んでしまうと更に勃起しにくい体へとなってしまいます。
血液をサラサラにしてくれる食べ物を取るようにする事で、血流の良いサラサラ血に変えていく事が効果的です。

▼血液をサラサラにする食べ物
・青魚に含まれる(DHA・EPA)
・ナッツ類に含まれている必須脂肪酸のオメガ3脂肪酸(aリノレン酸)
・たまねぎに含まれているケラチン
・オメガ3オイル(アボガドオイル・フラックスオイル・えごま油・しそ油等)
・ワカメなどの海藻類
・納豆に含まれる納豆キナーゼ
・お味噌汁(味噌)

上記の食材は、血液をサラサラにしたり、中性脂肪を下げたり等、
ED改善他、生活習慣病の予防にも効果があります。

▼運動不足を改善
また、食べ過ぎや運動不足も血液をドロドロにして血流を悪くさせてしまいます。食事をする事で、脂肪や糖などに分解されて体に吸収されますが、食事の量が多すぎたり運動不足で摂取したエネルギーが消費されないと、血液中の糖質やコレステロールが増える事で、ドロドロ血液になってしまいます。古い細胞が血管内にずっと残ってしまうと、血管細胞が新しく作られにくくなってしまい、結果的に血管が硬くなってしまい、いわゆる動脈硬化になってしまいます。動脈硬化もEDの原因の一つです。普段の生活に適度な運動を取り入れていきましょう。

▼生活習慣を改善
EDは生活習慣病の始まりでもあります。糖尿病・高血圧症・高コレステロール症などの病気から、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞といった病気に繋がる原因にもなります。
生活習慣を見直す事で、生活習慣病の予防にもなりますし、結果的にED改善にも繋がります。
上記に記載した、暴飲暴食や運動不足に加えて、肥満・睡眠不足・過度な飲酒などもよくありません。

特に慢性的なストレスと喫煙には要注意です。喫煙をして体にニコチンが吸収されると、血管を収縮させる作用があります。
また、ストレスを感じる事で同じく血管を収縮させてしまいます。

一時的な収縮であればそこまで影響はありませんが、日常的に常に血管が収縮してしまっている状態が続くと、勿論血流が悪くなるのでEDの原因ともなります。喫煙を減らしたり、ストレスを溜めないようにする事で、血流の改善が可能となります。

セックスの工夫

性行為に関してマンネリ化を防ぐ

性行為のマンネリ化とED 性行為のマンネリ化が原因で性行為自体の回数が減る事で、射精をしていない状態が長期間続くと体が反応してくれません。
特にEDの中でも多い症状である「中折れ」ですが、マンネリ化で性的興奮がせずに途中で萎えてしまうという事が多いようです。

▼下記、性行為を変える工夫
・ラブホテルや旅行先などいつもと場所を変えてみる。
・色々な体位を試してみる。
・アダルトグッズを使ってみる。
・好みのシチュエーションで試してみる。

様々な方法がありますが、興味が惹かれるものが有りましたら、是非試して下さい。

ED治療薬ジェネリックの効果・副作用や価格徹底比較

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」「ステンドラ」の、ED治療薬ジェネリックを購入することもできます。製造会社が違うだけで成分や製造方法は同じですので効果も同じものになります。ジェネリック医薬品なので1/4程度の金額で購入することもできます。
ED治療薬の新薬には、開発された時に特許が取得されています。
特許期間中は、同成分を配合したED治療薬は他の製薬会社から販売が出来ませんので、市場で独占して販売されます。
これは、医薬品を開発する際に、膨大な開発費と開発期間をかけている為、開発までにかかった資金の回収と、利益や次の新薬の開発費を得る為です。
こういった処置をしないと、新薬を開発するメリットがなくなってしまう為、お薬の発展がしなくなってしまう為、その権利が守られているのです。
特許が切れると、他の製薬会社からも同様のお薬が開発されますが、このお薬を、ジェネリック薬(後発薬)といいます。
ジェネリックは、新薬で安全性が実証されている同成分を使っているので、安心して利用できます。
やはり、人気のある新薬には需要が高い為、多数のジェネリック医薬品が開発されるのです。
ED治療薬ジェネリックは特に需要が高い為、相当数のジェネリック医薬品が開発されています。

ED治療経口薬
ED治療経口薬

近年では多くのED治療薬が存在していますが、特に三大ED治療薬と言われ有名なのが「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」となります。それぞれに特徴がありますが、性行為の1時間~3時間前に服用する経口薬です。

■三大ED治療薬の大きな特徴
・「バイアグラ=勃起力」
・「レビトラ=即効性」
・「シアリス=持続力」

それぞれに長所短所がありますので、好みに合わせて選ぶ事ができます。

ED治療薬の入手方法としては、日本の医療機関で医師の診断を受ければ、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を入手する事ができます。
しかし、近年では医療機関でEDの診断を受ける事に抵抗を持っていたり、そもそも医療機関に行く手間や時間が作れないという理由から、【医薬品の個人輸入】で入手する人が増加しています。
【医薬品の個人輸入】とは、厚生労働省が定めているルールを守れば、海外から個人が直接医薬品を買い付ける事ができるというものです。ルールといっても難しいものではなく「個人が適切な量を自分自身の使用目的のため」という事となります。もちろん麻薬のように違法な薬物は輸入する事はできません。

もともとは、海外で受けた薬物療法(日本では認可されていない医薬品)を日本でも継続できるように認められたものですが、この【医薬品の個人輸入】を利用する事によって、海外の医薬が入手できるのです。海外の医薬品ですので、処方せんは必要ありません。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの特徴

ED治療薬には、特徴・効果・持続時間・副作用もそれぞれ違いがあります。
効果にも個人差があり、効き方も副作用も人それぞれ異なります。
人によってはバイアグラが一番効果があるいう人もいれば、レビトラ方が効果があるという人、シアリスが一番効果があるという人もいます。
ですので、ご自身で飲み比べをして、どの薬が一番効果があるか試す方もいます。

強い勃起力を求めたいときはバイアグラ
即効性を求めたいときはレビトラ
長時間の効果を得たいときはシアリス

と使い分けている方もいます。

共通する点は、性的興奮や刺激を受けることで、勃起を促す効果です。
ED治療薬は『PDE-5阻害薬』とも呼ばれています。
血管を拡張させるので、「顔のほてり」や「目の充血」「動悸」「頭痛」「鼻づまり」などの副作用はED治療薬を服用すると出てしまいます。
ほとんどは性行為には影響はありません。
ED治療薬の効き始めの合図と思ってください。
「頭痛」「鼻づまり」がひどい場合は、市販の薬と併用しても問題ありません。

バイアグラ・レビトラ・シアリスの比較表
ED治療薬
バイアグラ レビトラ シアリス
1錠あたり
1,215円
1,277円
1,451円
主成分
シルデナフィル
バルデナフィル
タダラフィル
用量
50mg・100mg
10mg・20mg
10mg・20mg
効果があらわれるまで
30分~1時間
15~45分
1~3時間
持続時間
4~6時間
5~8時間
24~36時間
勃起力
食事の影響
×
アルコールの影響
適量のアルコールであれば問題ありません
副作用
×
認可取得
1999年
2004年
2007年

バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬は、服用することで、体内の血管を拡張させる作用で、血流が良くなります。
血流が良くなる事で、陰茎海綿体に血液が流れやすくなり、勃起を促す事が出来ます。また、ED治療薬には依存性はありませんので、安心して服用することができます。
(併用禁忌薬がありますので、薬を服用している方は医師や薬剤師にご相談ください)

ED治療薬を服用したけど、勃起しなかったという方も多いと思います。
ED治療薬は正しく服用しなければ効果が得られないことがあります。
特にバイアグラは食事の影響を受けやすいです。

空腹時に服用していれば問題はないのですが、食事の後に服用すると、胃の中に食べ物があるのでバイアグラの吸収を邪魔してしまいます。
しっかりと腸で吸収されないと、バイアグラの効果が得られません。
食事の予定がある場合は、バイアグラが吸収される時間の30分~1時間前に服用してください。
バイアグラが吸収されていれば、その後に食事をしても問題ありません。
レビトラやシアリスは食事の影響を受けにくいとなっていますが、バイアグラ同様に空腹時の方が、より効果が得られます。
レビトラは効果があらわれるまで早いので、食事の前の15~20分前に服用していれば問題なく効果が得られます。
シアリスは体内での吸収に時間がかかるので、食事をする際は早めの服用をオススメします。 食事をする場合は、脂っこいものは避けてください。