通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> 妊娠とピルについて

妊娠とピル目次

妊娠とピルについて

ピル 妊娠はおめでたい事ではありますが、女性の社会進出が増えてきた為、妊娠を望む際のタイミングなどが重要視されています。

その為、
『大事な仕事を任されている』
『子供が欲しいのは○○歳になってから』
というように、女性にとって妊娠はとても大事な事です。

そこで、現代では ピルと呼ばれる薬を使用して避妊を行っている方が増えています。

正式には、ピルは口径避妊薬と呼ばれ、英語ではcombined oral contraceptive pill (COCP) oral contraceptiveとなります。

ピルは、避妊効果以外にも、生理周期を整えたり生理の症状が重い方や、生理の出血が多いなどの症状を緩和させる他、子宮内膜症等の治療にも使用されています。

1960年に初めてピルがアメリカで認可され、高用量ピルが登場しました。

現在、ピルの中でもメインで使用されている低用量ピルは、高用量ピルを改良し体への負担を減らすように、1973年に開発されたのが口径避妊薬です。

副作用のむくみ、吐き気、不正出血などの症状も、高用量や中用量と比較すると、軽減されています。低用量ピルには個人差による相性がある為、ご自分にあった低用量ピルをお選び下さい。

それでは、妊娠の仕組みや、様々な口径避妊薬をご紹介していきましょう。

妊娠の仕組み

妊娠は、受精卵が子宮内膜へ着床する事で起こります。

妊娠,着床

性交を行ってから受精卵が子宮内膜へ着床して妊娠するまでの期間は、おおよそ10日前後かかると言われています。

先ずは性交によって膣内で射精された精子が、一斉に卵子に向かって進みます。

精子は、体外へ出ると長くは持ちません。最大でも活動時間は2日間程度と言われています。子宮内を進み卵子を発見すると、一斉に卵子めがけて突入しようと試みます。

その中にいる1匹の精子が卵子内に入り込むと、受精卵へと変化します。

すぐに他の精子が入りこめない状態となり、細胞分裂を繰り返しながら卵管から子宮へとゆっくり時間をかけながら移動します。その移動時間は約1週間~10日程度かかります。

ピル(口径避妊薬)とは?

トリキュラーピルは世界中で約1億人の女性が使用している口径避妊薬です。

国によって使用人数は大きく違いが有り、アメリカでは約1200万人を越える女性が服用しており、イギリスになると3人に1人の女性がピルを服用しています。

ピルには、卵胞ホルモンであるエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンの2つのホルモンが含まれています。

このホルモン作用によって、以下の避妊効果を得ることが出来ます。
排卵を抑える作用
子宮頚管粘液を変化させる事で、子宮内に精子が入り込むのを抑える作用
子宮内膜を変化させる事で、受精卵の着床を抑える作用

ピルの避妊以外の効果

ピルには、生理を一定の28日周期に調整することが出来る為、『生理が遅れて来ない』『生理が早い』などの生理不順の改善にも使用されます。

生理不順

また、28日周期の中の最後の1週間が生理期間となる事から、週末に生理が来ないように調整したり、旅行中の生理や、大切な日に生理を避ける事も出来る為、スポーツ選手の中にもピル愛用者は多くいます。

出血する量などもバランスを取る為、生理中の貧血を改善したり、イライラ感や、月経前症候群(PMS)なども予防することが可能です。

パール指数(パールインデックス)

避妊指数ある避妊方法を1年間続けた際に、避妊に失敗してしまい妊娠する確率を表したのがパール指数です。

ピルを使用した場合のパール指数は、0.3%となっています。 1000人がピルを1年間服用して3人が避妊失敗するという事になります。

その他には、卵管結紮術やパイプカットなどによる避妊手術のパール指数が0.1~0.5%。薬剤添加IUDによるパール指数が0.1~0.6%と言われています。

日本でよく使用される避妊具、コンドームのパール指数は3~14%と言われているので、ピルは正しく服用する事で、ほぼ100%に近い避妊効果を得られる事がわかります。

アフターピルとその他の避妊方法を比較

アイピル日本で使用される避妊方法ではコンドームが一番多く、約4割をしめています。

海外では、国によっても避妊方法に違いが有り、フランスやイタリア、イギリスなどのヨーロッパや、アメリカなどの欧米諸国では、ピルの使用率は約40%以上使用されているのに対して、コンドームの使用率は約5%以下です。

日本ではコンドームが避妊方法として利用され、海外ではコンドームは性感染症予防として使用されています。

イギリスのように、ピルを無料で配っている国もあります。

避妊失敗率について

▼様々な避妊方法の避妊失敗率(正しい使用方法)

・低用量ピル        0.1%
・コンドーム         3%
・アフターピル(アイピル)  3%

正しく使用した場合、低容量ピルの避妊効果は99.9%です。

ついで、コンドームやアフターピルを正しく服用した場合の避妊効果は、97%となります。

▼様々な避妊方法の避妊失敗率(ピルの飲み忘れなども含む、一般的な使用方法)

・低用量ピル           5%
・コンドーム         14%

アフターピルは、避妊具が破れてしまい、避妊に失敗してしまったなどの性行為後に服用するタイプの緊急避妊薬です。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る