通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店 お知らせ


2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!


通販の海外薬店 ビットキャッシュ対応
通販の海外薬店 銀行振込
通販の海外薬店 送料無料

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
>むくみに有効な利尿剤の効果・副作用

むくみに有効な利尿剤の効果・副作用目次

利尿剤(利尿剤)とは?

尿の量を増やす作用を持つ薬のことを、『利尿剤』又は『利尿薬』と言います。

むくみ

本来、肝臓によって体内の尿量や濃度が調節され、体の水分量を一定の必要量に保たれていますが、なんらかの原因で体外へ尿が排出できない場合など、余分な水分を尿として排出するのに用いられます。

体外へ余分な水分や電解質を排出する際には、尿が最も効果的な方法です。
尿が出にくくなる事で、体に余分な水分が溜まり、むくみの原因ともなります。

利尿剤によって余分な水分を尿として体外へ排出し、むくみを解消する事で体への負担を軽減します。

利尿剤(利尿薬)の種類

利尿剤の作用には複数の種類があります。
利尿作用に関する基本をご説明致します。

血漿(けっしょう)は血液の液体成分の事で、血球を除いた血液の事を言います。

その血漿が腎臓の糸球体で濾過(ろか)されると原尿となります。腎尿細管を通過する際に原尿から血管側へ再吸収されますが、基本的には【ナトリウム【Na+】と水分が同時に移動します】
つまり、ナトリウムの再吸収を阻害する事で、血管内へ水分の再吸収が抑えられる為、尿量を増加する事が出来ます。

▼ループ利尿薬

ループ利尿薬は、腎機能に悪影響を与えないので、利尿剤の第一選択として使用されているお薬です。
むくみを取る事で、心不全や高血圧などの治療にも用いられています。

むくみを取る利尿剤=ループ利尿薬の使用が大半で、近年ではモデルや芸能人などの著名人なども、むくみ取りやダイエットなどでループ利尿薬を使用している方が増えています。

ヘンレのループと呼ばれる腎臓の尿細管で血液の中にナトリウムと塩化物の再吸収を阻害し、尿量を増やします。

ヘンレの係蹄の太い上行脚ではナトリウムの再吸収率は約30%ありますが、ループ利尿薬の作用によって約25%の再吸収を抑える事が出来ます。
【主な医薬品】
フロセミド(ラシックス、オイテンシン)
トラセミド (ルプラック)
・アゾセミド(ダイアート、長時間作用型)
・ピレタニド(アレリックス、作用時間はフロセミドに類似)

▼浸透圧利尿薬

浸透圧利尿薬は、腎不全の予防、脳圧や眼圧の亢進治療に使用される利尿剤です。

浸透圧利尿薬は、腎尿細管で再吸収されないので、腎尿細管内の浸透圧があがる為、水の再吸収が抑えられることで尿量が増加します。
・D-マンニトール
・イソソルビド
・濃グリセリン(グリセオール)など

▼チアジド系利尿薬

チアジド系利尿薬は、高血圧治療薬の降圧剤として用いられます。
遠位尿細管においてナトリウムと塩化物の再吸収を阻害します。

しかし、重篤な低ナトリウム血症を引き起こす恐れがある為、注意が必要です。
チアジド系利尿薬は腎髄質の濃度勾配には影響を与えません。

髄質集合管で働くバゾプレッシン(ADH)の反応が起こりにくい為、自由水の再吸収が発生しナトリウムが薄まってしまうので重篤な低ナトリウム血症が引き起こされると考えられています。
・ヒドロクロロチアジド(HCTZ、ダイクロトライド)
・トリクロルメチアジド(フルイトラン)
・インダパミド(ナトリックス)
・トリパミド(ノルモナール)
・クロルタリドン(ハイグロトン)

▼カリウム保持性利尿薬

カリウム保持性利尿薬は、別名抗アルドステロン薬とも呼ばれています。
遠位尿細管で、抗利尿ホルモンのアルドステロンに対して拮抗する事で、ナトリウムの再吸収を阻害し、カリウムの尿中排泄を抑える作用を持ちます。

肝硬変や鬱血性心不全に対して、ループ利尿薬などと合わせて用いられます。
・スピロノラクトン(アルダクトンA)
・トリアムテレン(トリテレン)
・カンレノ酸カリウム(ソルダクトン注)
・エプレレノン(セララ錠)

▼その他の利尿剤

・アセタゾラミド(ダイアモックス)
緑内障、メニエール病などに対して用いられます。

・塩酸ドパミン(イノバン)
腎血流量を増やすことで、間接的に利尿作用を高めます。

・アミノフィリン(ネオフィリン)
強心剤も利尿作用を示します。

・カルペリチド(ハンプ)
心房性Na+利尿ペプチド(ANP)と呼ばれ、重症心不全時の利尿剤として用いられます。

・トルバプタン
世界初のバソプレシンV2-受容体拮抗剤である。
大塚製薬より2010年12月14日に【サムスカ錠 15mg】で市販が開始されました。

利尿剤の効果

腎臓に働きかける事で、尿量を増加させます。
体にたまった余分な水分を尿として排泄する事で、むくみの改善、血圧の低下、心臓への負担軽減といった効果があります。

一般的には、腎機能へ悪影響を与えないことからも、第1選択で選ばれるループ利尿薬が用いられる事が多く、ラシックス【成分名フロセミド】ルプラック【成分名トラセミド】などが多く使用されています。

また、近年ではむくみ解消からのダイエット効果に注目されており、モデルや芸能人といった著名人も利尿剤を利用しています。

むくみ

薬剤によっても、短時間型や長時間型と種類はありますが、利尿剤で1番人気のラシックスは、服用後約30分~1時間程度で利尿作用が現れ、2時間程度の間に体から余分な水分を尿として排泄します。

1回の利用で1キロ~2キロ程度体重が変化する事もあり、ボクシングの階級別最終計量時に体重がオーバーしている時に、短時間で体重を減らす最後の手段として使用される事もあります。

利尿剤を使用した際に、ナトリウムと水分が尿として排泄すると、血管内を循環している血漿量が減少する為、毛細血管内圧が低下し血管周囲にある間質液から水分が血管内へと回収されます。
これにより、むくみなどが改善し、血漿量も正常値を保ちます。

▼利尿剤の対象疾患

・高血圧
・急性心不全
・慢性心不全
・腎不全
・肝不全
・ネフローゼ症候群など

利尿剤の副作用

利尿剤は医薬品です。その為、副作用もあります。それでは、利尿剤を使用する際に起こる可能性がある副作用をお纏めしました。

▼過剰な水分排泄

症状によっては過剰な水分排泄がリクスとなる場合が御座いますので、ご注意ください。
・肝硬変
肝硬変からくる腹水の場合、腹膜を通してのみ水分が回収されます。
排泄量は 1日最大500~900mL となり、むくみのない腹水で 1日500mL を超える水分排泄はリスクを伴います。

・急性心不全
急性心不全の初期は、急速に水分排泄をおこなうことも可能です。
しかし、低アルブミン血症が関連していた場合、膠質浸透圧にともなって血管内にある血漿から間質液への水分移動がある為、むくみが続いていたとしても血漿量が十分ある保障にはなりません。
むくみがあっても注意して利尿剤を使用する必要があります。

・慢性腎不全
利尿剤の開始や増量時に、循環血漿量が少なくなることで低血圧になりやすいので注意が必要です。

・血圧低下

・腎血流低下に伴う腎前性腎不全

▼電解質異常

●低カリウム血症
ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬は、他の利尿剤と比較しても低カリウム血症になりやすい利尿剤なので、注意が必要です。
上室性・心室性不整脈、心室頻拍や心室細動のリスクが高まり、ジギタリス併用中はジギタリス中毒が起きやすくなります。

低カリウム血症の症状
高血圧、不整脈、多尿、多飲、吐気、食欲不振、疲労、筋力低下、神経機能の低下、インスリン分泌障害、不安感、イライラ感、抑うつ、睡眠障害、虚弱、便秘、乾燥肌など

●高カリウム血症
カリウム保持性利尿薬を使用した場合は、反対に高カリウム血症を引き起こす可能性があります。
心房内・房室・心室内伝導障害が起こり、心室頻拍や心室細動のリスク増加や、重篤な場合は心停止を引き起こします。

高カリウム血症の症状
手足のしびれ、不整脈、頻脈、筋力低下、吐気

●低ナトリウム血症
水分に対してナトリウムが少ない状態で起こります。
ループ利尿薬やサイアザイド系利尿薬によるカリウム排泄が行われることで、カリウムの減少に伴って血清ナトリウム濃度を低下させます。

低ナトリウム血症の症状
虚脱感、疲労感、精神錯乱、頭痛、悪心、食欲不振、痙攣、昏睡

ナトリウム喪失が起きるのは、利尿剤を使用してほぼ1週間以内に限られています。
また、体液および電解質の臨床的効果および合併症に関しては、大体2週間以内に現れるので、心機能・腎機能の変化や、下痢や嘔吐などによる体液排泄などの変化がなければ、2週間以降の電解質異常や過度の水分排泄にともなって腎機能悪化を起こす事はありません。

▼高尿酸血症

尿酸は上位の近位尿細管で約9割が再吸収され、下部の近位尿細管で再分泌されます。その為、尿酸値の上昇に繋がるため、高尿酸血症を引き起こします。
高尿酸血症は、痛風や尿路結石などを引き起こす原因となる為、注意が必要です。

利尿剤使用時の注意点

むくみを取るのにとても効果的な利尿剤ですが、使用するのに何点か注意点があります。

①利尿剤を使用するタイミング
むくみ取りで人気のラシックス【フロセミド】や、ルプラック【トラセミド】は、利尿剤の中でも強力なループ利尿薬に分類される利尿剤です。
急激な利尿作用から、服用後 約30分~60分程度で効果が現れ、約2時間程度はトイレが物凄く近くなる状態になります。

むくみ

それ以降、ラシックスは約6時間程度ルプラックは約8時間程度効果が持続します。
寝る前などに利尿剤を服用してしまうと、頻繁にトイレに行くため、眠れなくなってしまったり、外出前に服用した場合、外でトイレをひたすら探さなくてはならなくなる可能性が高いので、利尿剤を服用する場合は、タイミングを選んで使用しましょう。

②過剰摂取による脱水症状
なんでもやり過ぎはよくありません。利尿剤を過剰摂取しすぎて必要以上に水分を体外へ排泄してしまうと、脱水症状を引き起こしてしまう可能性があります。
必ず用法用量を守って使用してください。

利尿剤(むくみ)関連ページ一覧

利尿剤売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る