通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
>早漏(そうろう)とは?

早漏(そうろう)とは?目次

早漏(そうろう)とは?

早漏は、英語で premature ejaculation(早すぎる射精)を意味し、省略すると「PE」と呼ばれることもあります。性機能障害のなかでも早漏は約30%を占めています。

早漏の定義は、2008年5月におこなわれた第103回全米泌尿器科学会(AUA)の年次総会で発表された下記の内容が、最新の定義です。

・挿入前に射精してしまう。
・性交で膣内に挿入後、1分以内に射精してしまう。
・膣内挿入後、射精までの時間を全く、又は殆どコントロールする事が出来ない。
・射精をコントロール出来ない事によって、欲求不満、悩み、ストレス等を感じている。あるいは、性交を回避したり消極的になっている。

射精までの時間に関して、最新の定義では1分以内とされていますが、従来から言われている早漏とは、性交時女性を満足させる前に、男性が自分の意思と反して我慢できずに射精してしまう事を言います。

反対に、自分の意思と反してなかなか射精が行えない状態を遅漏(ちろう)と言い、早漏と共に射精障害の一種に分類されます。 それでは、実際に女性が男性に求める理想の射精までの時間は、どの程度のものなんでしょうか。

▼女性が男性に望む射精までの時間

日本人の女性1000人にアンケートを行った結果が下記です。

平均的な持続希望時間は約15.7分
3分以内に射精を望んでいる女性は約3%
30分以上を望んでいる女性は約14%

早漏は射精が行える事から不妊に繋がらない事が多いので、治療せずそのまま放置している方が大勢いらっしゃいます。
しかし、コンプレックスから性行為を避けるようになってしまったり、性生活の低下に繋がる事から、多くの男性が早漏に対して悩みを持っています。

早漏の原因

早漏は大きく別けて3つの原因が考えられます。

・過敏性早漏(かびんせいそうろう)
・心因性早漏(しんいんせいそうろう)
・衰弱性早漏(すいじゃくせいそうろう)

また、1つの原因だけではなく、複数の原因が重なって早漏が起こっている場合、複数同時に早漏対策をしないと効果を得られません。
まずは、早漏の原因を理解し、ご自分に合った早漏対策を行う事が大切です。

過敏性早漏とは?

過敏性早漏とはペニスが刺激に対して敏感になりすぎている事で起こる早漏です。
特に若い年代の方に多く、刺激に慣れていない10代や20代の方は、この過敏性早漏が原因の場合が多いです。
膣の締め付けや、手コキ、亀頭などに刺激を与えられる事で過敏に反応してしまい、すぐに射精に至ってしまう場合は、この過敏性早漏の疑いがあります。

過敏性早漏の原因

過敏性早漏になるには、主に3種類の原因があります。
その原因は、【包茎】【オナニーのやり方】【前立腺や尿道の慢性的な炎症】です。

【包茎】
包茎のペニスは亀頭部分が皮に覆われており、外部からの刺激に敏感になってしまう事で、刺激に耐えられず早漏となってしまいます。
仮性包茎でも早漏ではない方もいます。亀頭部分が外部からの刺激に慣れているようであれば、早漏ではなくなるからです。
手術などをし包茎を治療したからと言ってすぐに早漏が改善するわけではありません。ペニスが外部からの刺激に耐えられるように訓練が必要です。

【オナニー】
オナニーは自分で射精をある程度コントロールできます。
面倒だから早く終わらせたい。家族などに見つからないように早く済ませたいなどの理由から、毎回早い時間で射精を行っていると、それが癖となり早漏の癖を自分で作ってしまうのです。
早く終わらせるオナニーとおさらばして、射精までの時間を引き伸ばし癖をつけてあげることで、早漏を克服する事も可能です。
オナニーのやり方を少し工夫することで、亀頭を鍛えたり、射精までの時間をコントロールし、早漏を改善する事が出来るのです。

【前立腺や尿道の慢性的な炎症】
前立腺や尿道など、慢性的な炎症を起こしている場合、それが原因となり早漏となっている場合があります。
性病の治療などをせずに、炎症した状態を長い期間放置したりすると早漏になりやすい為、定期的に性病検査と治療を行うことが大切です。

心因性早漏とは?

早漏の原因の殆どが、この心因性早漏だと言われています。
射精は脳の興奮が絶頂期に達した時に行われます。
心因性早漏は、ちょっとした事で過剰に脳が興奮してしまい、すぐに射精してしまう事をいいます。
自律神経は射精と大きく関わっています。
射精時は交感神経が優位となっており、緊張や興奮している状態です。
射精直前までは、副交感神経が優位となっており、リラックスしている状態です。
つまり、脳が緊張や興奮をして交感神経が優位な状態になると、射精しやすい状態となっているのです。
心因性早漏の場合、ペニスを膣に挿入する前や刺激を与えて居ない状態でも射精してしまう事もあります。
また、相手の表情やしぐさ、声などに興奮してしまう事で射精してしまう事もあります。
早漏防止グッズなどで、ペニスへの刺激を和らげるような商品を使っても効果が無い場合、心因性早漏の疑いが強まります。

心因性早漏の原因

興奮や緊張などのストレスを感じると脳は交感神経が優位となり、射精しやすい状態となります。その、心因性早漏の主な原因は3種類にわけられます。

「脳内物質セロトニンが不足している」
脳内神経伝達物質であるセロトニンは、リラックスさせる作用を持っています。このセロトニンが不足していると、交感神経が優位となり興奮しやすく、射精もしやすい状態となってしまいます。
このセロトニンが常時不足している状態は、うつ病の原因とも言われています。
そこで、元々はうつ病の治療薬として開発された、ダポキセチンという成分が、脳内のセロトニン濃度を上昇させる事によって、早漏に効果があります。
ダポキセチンを服用すると、射精までの時間が約3倍に伸びたといったデータもあります。
直接的な刺激は変わらない為、気持ちよさを維持したまま射精までの時間が延長されるので、海外ではとても人気な早漏治療として用いられています。
早漏の原因が、心因性早漏が多い事から、多数の方がこのダポキセチンを使用する事で早漏を改善しています。
服用後、約24時間で薬の成分の殆どは体外へ排出され、48時間後には全て排出される為、安全性の高い早漏治療薬として人気です。

早漏防止薬ダポキセチンの詳細はこちら


「経験が少ない為、興奮しやすい」
経験が少ない場合、相手の表情や声、しぐさなどに興奮しやすい為、早漏になりやすくなります。
年を重ね、様々な経験が増えて来ると、興奮度合いが落ち着いてくる為、自然に早漏が改善される場合もあります。
こういった事が心因性早漏の原因の場合は、改善策としては経験を重ねて興奮しづらくしていくしかありません。


「ストレスや過去の早漏経験」
緊張などの軽いストレスは交感神経を活発にします。 特に、過去に早漏の経験を持っている場合、性行為を行う際に今回も早く射精してしまうんではないか?など、不安や緊張といったストレスを感じてしまい、交感神経が活発化し射精しやすい状態を作ってしまうという悪循環となりやすいです。
こういった場合は、緊張や不安を取り除き、興奮を抑えリラックスして挑むことで改善しやすくなります。

衰弱性早漏とは?

中高年の男性に多い衰弱性早漏は、射精筋と呼ばれる、【射精閉鎖筋】という筋肉が衰える事が原因で起こります。
経験を重ねてきている40代や50代の中高年で早漏の場合、この衰弱性早漏の疑いがあります。射精時に昔のような勢いがなく、精子が遠くへ飛ぶような射精が出来ない場合、衰弱性早漏の可能性が高くなります。
この衰弱性早漏の場合、射精をコントロールする際に必要な射精閉鎖筋を鍛えることで改善が可能です。

早漏の原因は複合する

これまでに、【過敏性早漏】【心因性早漏】【衰弱性早漏】の3種類の早漏をご紹介致しました。
しかし、中には複数の早漏の原因を同時に持っている方もいます。特に多いのが、 過敏性+心因性早漏の方です。

ペニスへの直接的刺激に弱く、興奮しやすい為、すぐに我慢できずに射精してしまいます。
この場合は、早漏防止グッズなどを利用し、直接的刺激を緩和しても、脳の興奮が高まりやすい為早漏になってしまったり、反対に興奮は抑えられていても、直接的刺激に弱いため早漏になってしまう場合があります。
この場合は、バランス良く過敏性早漏と心因性早漏の対策を行わないといけません。

早漏関連ページ一覧

早漏防止商品売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る