> 性感染症(STD)について

性感染症(STD)について

性感染症の感染経路

性感染症は、正式には「性行為感染症」といい、(Sexually Transmitted Disease・Sexually Transmitted Infection)の略称でSTD・STIと言われます。性行為によって感染する病気です。
性行為といってもSEXだけではなく、「前戯・ディープキス・フェラチオ・クンニグリス・アナルセックスなど」様々な行為で感染します。但し、例外として性行為以外でも感染する恐れもあります。

基本的には、体液の中に病原体が潜んでいるので、病原体を保有している血液・精液・膣分泌液などが口の中・喉・気道・目・ペニス・膣・尿道・肛門などの粘膜部分に触れる事によって移ります。

※性行為以外でも同じ飲み物を回し飲みしたり、同じ髭剃りやカミソリを使ったりする事でも移る可能性があるので、パートナーから性病をうつされたとなっても、必ずしも性行為によって感染したとは断言は出来ません。パートナーの浮気以外でも感染する可能性が有りますのでご注意下さい。


性感染症について

性感染症患者の増加

性病大国
性感染症患者の増加

近年、性感染症患者が増加しています。
ごく普通のカップルにも自覚症状が無く気づかないうちに蔓延しています。
自覚症状が無いからといって、自分は大丈夫と不特定多数との性行為によって、感染者を増やしているケースが増えています。
特に、性感染症で一番多い性器クラミジア感染症は、男女共に自覚症状が乏しい方も多く、10代後半~20代前半・40代以上の方に増加しています。
自覚症状が無くても感染している場合、症状は進行し続けます。不妊症の原因にもなり、妊娠した場合は流産や早産の原因になります。また、出産時にも母子感染を起こす可能性が有り、失明や命を落とす危険性も有ります。
また、性感染症に感染している状態で性行為を行うと、粘膜が炎症している事で病原菌への抵抗力が低下し、感染していない時と比べ別の性感染症に感染するリスクが高まります。

性感染症を防ぐのに有効な手段

自己防衛と性感染症予防方法
性感染症予防のコンドーム

■コンドームを正しく使用する
性感染症を防ぐには、コンドームを正しく使用する事で高い確率で感染を防ぐ事が出来ます。但し、オーラルセックス等の前戯でも移る可能性が十分ありますので、注意が必要です。オーラルセックスで感染する事を知らずに、膣性行為の際にコンドームを使用する方が多くいますが、性行為の始まりから使用する事でより高い効果があります。
また、性行為の際にコンドームを使用しない方は、不特定多数との性行為を行う方が多い傾向にあるので、性感染症リスクが高まります。

■不特定多数と性行為をしない
当たり前の事ですが、不特定多数と性行為をする事は、性感染症のリスクが上がります。
また、自分が感染した場合、気づかないうちに、色々なパートナーに移している可能性もあります。
不特定多数と性行為を行う方は、コンドームの使用率も低い傾向にありますので、性感染症のリスクが高まります。

性感染症かも?と不安が有る方

性感染症は早期発見・早期治療がとても大切です。
下記に思い当たる節の有る方は、病院等で検査を受ける事をオススメ致します。 感染してた場合、特定のパートナーに移してしまう危険が有ります。
パートナーと同時に治療を行わないと、ピンポン感染の原因になります。
人間関係を壊す原因にもなりますので、放置せず検査をしましょう。

■思い当たる節が有り、明らかな自覚症状が出ている。
■自覚症状は無いが、不安な出来事があった。
■新しいパートナーができた。
■コンドームの使用が嫌い。

性感染症の可能性がある自覚症状

性感染症の症状
性感染症の男女症状
■男性の性感染症の可能性がある自覚症状
■尿道が炎症した場合に起こりやすい
尿道の痛み・かゆみ・ムズムズ感・違和感や排尿時や性交時の痛み・違和感、尿道から透明や黄色っぽい膿が出たり、パンツが汚れる事が多い。
■性器自体におこりやすい
性器に水泡やイボが出来る。赤みがあり腫れたり、かゆみが出たり、悪臭などの匂いがある。
■女性の性感染症の可能性がある自覚症状
■分泌物などの変化
おりものの量が増えたり粘り気が出たり、黄色っぽい・茶褐色・赤みが入ったりと色がついたり匂いがついたりと変化がある。
■下腹部
下腹部に痛みがある。
■陰部に起こりやすい
陰部にかゆみや・痛み(性交痛)・悪臭などの匂いがある

性感染症の種類

様々な性感染症

■ウイルス系
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)
性器ヘルペス(単純ヘルペスウイルス)
尖圭コンジローマ(ヒト乳頭腫ウイルス)
子宮頸癌(ヒト乳頭腫ウイルス)
成人T細胞白血病(ヒトTリンパ好性ウイルス)
サイトメガロウイルス感染症
伝染性軟属腫
B型肝炎・C型肝炎など
■細菌系
梅毒
淋病(淋菌感染症)
軟性下疳など
■クラミジア系
性器クラミジア感染症
鼠径リンパ肉芽腫など
■真菌系
性器カンジダ症・口腔カンジダ症
白癬など
■寄生虫、原虫
トリコモナス
アメーバ赤痢
毛じらみ
疥癬など

「性病」とは上記の中の「梅毒(ばいどく)」「淋病(りんびょう)」「軟性下疳(なんせいげかん)」「鼠径リンパ肉芽腫(そけいりんぱにくげしゅ)」の4つの事をいいます。

お悩み症状と治療法性感染症(STD)について性感染症の症状と治療薬

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る