お買い物ガイド

海外薬局TOP > 関税と消費税

関税と消費税

個人輸入に関する関税と消費税について
個人輸入の関税と消費税

個人輸入する医薬品の種類により輸入できる数に制限があり、個人的に使用目的で輸入した医薬品の販売や譲渡をすることは、厚生労働省の規定により禁止されています。

また、個人輸入で購入いただける医薬品の数量に関しては、個人使用目的に限り「医薬品・医薬部外品」でしたら2ヶ月分以内、処方薬に関しましては1ヶ月分以内まで認められておりますので、お客様による通関手続きやその他手続き等の必要は一切ございません。
また、個人輸入が禁止されている薬もありますので注意してください。

海外の個人輸入医薬品を購入する場合、日本の税関にて 「関税・消費税・税関手数料」が稀にかかる場合がありますのでご説明します。

・海外医薬品をご購入頂いた場合、商品の購入代金の金額により、消費税・税関手数料がかかる場合がございます。
医薬品をご注文頂いた際の 合計金額が16,666円以上ご購入頂いた場合、消費税が必要になります。
(注:税関の判断となりますが、商品価格が16,666円以下を目安にしてください。)
医薬品以外をご購入していただいた場合に関しましては、稀に関税がかかる場合がございます。
「関税・消費税・税関手数料」が掛かった時の例

関税と消費税について

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文