通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> ヤッペ法とアフターピル比較

ヤッペ法とアフターピル比較目次

ヤッペ法とアフターピル比較

▼緊急避妊法方のヤッペ法とは?

アフターピルの使用が開始される前に使用されていた緊急避妊の方法がヤッペ法です。
ヤッペ法は、低用量ピルや中用量ピルを使用してホルモンを変化させる事で、アフターピル同様に生理を誘発する避妊方法です。
それでは、アフターピルとヤッペ法を比較していきましょう。

▼アフターピルとヤッペ法の費用比較

病院で緊急避妊を行う場合、アフターピルに比べてヤッペ法が費用を抑えて行うことが出来ます。

・アフターピル
産婦人科など病院で処方してもらう場合、約10.000円~20.000円程度の費用。
個人輸入でアフターピルを購入した場合は、約1000円程度。

・ヤッペ法
中用量ピルや低用量ピルを産婦人科など病院で処方してもらう場合、約3.000円~10.000円程度の費用。
個人輸入で低用量ピルを購入した場合は、約1000円程度。

▼アフターピルとヤッペ法の効果比較

ヤッペ法よりもアフターピルを使用した方が、避妊効果は高くなります。
また、緊急避妊の特徴として、避妊失敗の性行為から時間の経過と共に、避妊効果は次第に低下していきます。
緊急避妊は、避妊失敗の性行為から少しでも早目に行うのが良いでしょう。

・アフターピル
海外の臨床試験データでは、アフターピルのノルレボ錠を使用した場合、約85%の避妊率。

・ヤッペ法
海外の臨床試験データでは、中用量ピル又は低用量ピルを使用したヤッペ法の場合、約57%の避妊率。

▼アフターピルとヤッペ法の副作用比較

副作用に関して、ヤッペ法よりもアフターピルの方が軽いというデータがあります。

・アフターピル
海外の臨床試験データでは、アフターピルのノルレボ錠を使用した場合、副作用は吐き気が約23%、嘔吐が約6%と報告されています。

・ヤッペ法
海外の臨床試験データでは、中用量ピル又は低用量ピルを使用したヤッペ法の場合、副作用は吐き気が約50%、嘔吐が約19%と報告されています。

▼【ヤッペ法】低用量ピルを緊急避妊に代用する方法

一般的に使用されているピル、低用量ピルを使用した緊急避妊方法の、ヤッペ法をご紹介致します。
ヤッペ法は、アフターピルがなくても、低用量ピルを代用して行える緊急避妊方法です。必ず医師の指導の元、行って下さい。
主に使用されているピル、トリキュラー(3相性ピル)とマーベロン(1相性ピル)を使用した方法を、ご紹介致します。

・トリキュラー(3相性ピル) トリキュラー
低用量ピルのトリキュラーを使用したヤッペ法は、シート内の黄色い錠剤を使用します。3相性ピルは、体のホルモンバランスに合せた作りになっている為、服用する時期によってホルモン量に違いがあります。
黄色い錠剤のトリキュラー4錠を服用し、12時間後に更にもう4錠服用します。

・マーベロン(1相性ピル) マーベロン
低用量ピルのマーベロンを使用したヤッペ法は、21錠タイプであればどの錠剤でも使用可能です。
但し、28錠入りのプレセボ錠が入っているタイプの場合、プレセボ錠には緊急避妊に必要な成分が含まれておりませんので、注意が必要です。
1相性ピルのマーベロンは、全ての錠剤が同じホルモン量で作られているので、トリキュラーと違い、プレセボ錠以外の錠剤であればどれでも使用が可能です。
マーベロン3錠を服用し、12時間後に更にもう3錠服用します。

▼緊急避妊は、ヤッペ法とアフターピルどちらがよい?

費用を抑える事が出来るといったメリットがありますが、アフターピルの方が効果が高く、副作用が軽いです。
また、副作用で薬剤が体に吸収される前に嘔吐してしまった場合は、避妊効果に期待が出来なくなってしまう為、再度服用する必要があります。
ヤッペ法の場合、副作用の影響で追加で12時間後に服用する錠剤を、嘔吐してしまう可能性もある為、避妊失敗へ繋がるリスクはその分高まります。

アフターピルのアイピルは価格も抑えられています。
また、1錠タイプのアフターピルは、飲み忘れを防止にもなり、副作用も従来使われていたヤッペ法よりも軽いので、緊急避妊を行う方はアフターピルの使用が主流です。

ヤッペ法を行うにしても、アフターピルを使用するにしても、緊急避妊の効果を高めるには避妊失敗の性行為から、少しでも早い時間で使用する必要があります。
以上の事からも、いざという時にすぐに使用出来るように、アフターピルのアイピル等を常備薬として準備される方が増えております。

ピル関連ページ一覧

ピル売れ筋ランキングTOP3

▼お問い合わせはこちら▼
海外薬店通販電話注文
通販の海外薬店 ページの上へ戻る