メデマートTOP   メデマート公式ブログ   眠すぎ注意!?短期型睡眠薬の決定版「ルネスタジェネリック」

眠すぎ注意!?短期型睡眠薬の決定版「ルネスタジェネリック」

2019-09-21   更新

ルネスタジェネリック
いつもメデマートをご利用いただき誠にありがとうございます。
メデマートスタッフ、隠れた名商品の広報担当、小林です。
今回はいつもと趣向を変えて、たまに私が実際に使う薬を紹介します。

みなさんはきちんと眠れていますか?
私は普段は寝付きがよく、睡眠時間は少々物足りないものの、きちんと眠れています。
スマホをいじったり、本を読んだりすることもないので、布団に入ってしまえば5~10分以内には夢の中にいると思います。
ところが2ヶ月に1回程度でしょうか、なかなか寝付けなくて困ることがあります。
理由はよくわかりませんが、いつもどおりの事をしているつもりなのに、布団に入ってゴロゴロしても全然眠くならない事があるんです。
じゃあ寝なくてもいいのか?と思いきや、寝なければ寝ないで当然のように体がだるくなったり疲れたりするので、やはり睡眠は必要なんですよね。
睡眠が必要なのに睡眠がとれない、とらせてくれないという嫌がらせじみた点には、人体の理不尽を感じてしまいます。
不眠症の人は毎日がこんな感じなんだろうなぁ、と考えること頻りです。

とはいえ、私も曲がりなりにも社会人として、次の日の仕事に備えなくてはなりません。
無論、若い頃のように徹夜明けにさらに仕事するなど無理なので、無理やりにでも眠りにつく必要があります。
そこで使用しているのが、ルネスタのジェネリック医薬品であるフルナイトです。

ルネスタ系のジェネリックは効果時間はやや短いですが、強力に眠らせてくれる、超短時間型睡眠薬に分類されます。
飲んでしまえば本当にあっという間に寝付けてしまう代物なので、その日の用事をすべて済ませ、「あとはもう寝るだけ」というタイミングで飲むべきでしょうね。
そして生じた眠気に身をゆだね、さっさと眠ってしまうのが一番です。
私も使うときは、飲んだらすぐ布団に潜り込み、眠気がくるのを待ちます。
もしも下手に我慢してしまい、さらにその眠気に耐えきってしまったなら、その先に待ち構えているのはより強固に眠れなくなった不眠の濁流です。
我慢せずに寝ましょう。
むしろ寝てはいけないタイミングでは薬を飲まないように注意したほうがよいでしょう。
前述の通り、効果時間はそこまで長くないので睡眠時間にもよりますが、朝にはスッキリ起きられますよ。

ルネスタ系の薬で一番注目されがちな副作用が、その苦味です。
この薬はとにかく苦いことで有名です。
その苦さたるや、錠剤を飲んだ後に他のものを口にしても、薬の苦さに引きずられてそれすらも苦く感じるほどです。
これは実は、薬が実際に苦いのではなく、口の中が苦く感じてしまう副作用なんだそうです。
私も最初は勘違いしていてオブラートを使っていましたが、そのことを先輩に話すと笑われてしまいました。
これは我慢するしかないもののようです。

ルネスタジェネリックには色々と同じ成分の商品があります。
メデマートではフルナイトの他にハイプナイト、エスゾピック、ソクナイトの取り扱いがあります。
内容量、錠数、値段設定などの細かい部分が少しずつ異なるため、ご購入を検討される場合は全ての商品ページをよく見て比較したほうがいいでしょうね。

今回はいつもと違って、たまに小林が実際に使う商品の紹介をしました。
もし興味を持たれましたら、下から商品ページをご覧になってください。
ルネスタジェネリック(フルナイト)はコチラ
ハイプナイトはコチラ
エスゾピックはコチラ
ソクナイトはコチラ

眠すぎ注意!?短期型睡眠薬の決定版「ルネスタジェネリック」
前の記事へ 次の記事へ

医薬品・サプリメントをカテゴリから探す

メデマートお買い物ガイド