通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> アフターピルのメカニズム(仕組み)
海外薬店通販ブログ

アフターピルのメカニズム(仕組み)

2016-12-16

アフターピル 通販
アフターピルのアイピルは、性行為後に行える緊急避妊薬です。アフターピルのアイピルは、避妊に失敗した性行為後、3日以内(推奨)に使用する事で、避妊効果があります。

▼アフターピルのアイピル効果

・性行為後24時間以内に、アフターピルのアイピルを服用する事で
避妊成功率95%以上。
・性行為後25~48時間以内で、アフターピルのアイピルを服用する事で
避妊成功率85%以上。
・性行為後49~72時間以内で、アフターピルのアイピルを服用する事で
避妊成功率58%以上。
3日以上経過してから服用しても、効果が無くなる訳ではありませんが、製薬会社から推奨されている期間は72時間(3日)以内に服用となっています。
避妊失敗の性行為からアフターピルを使用する時間が経過すればするほど、避妊効果が低下していきます。

▼アフターピルのメカニズム
アフターピルは、どういった作用を起こす事で、避妊効果が有るのでしょうか。
アフターピルに含まれている主成分が、黄体ホルモンのプロゲステロンと同じ作用をする事で、生理を引き起こします。アフターピルは生理を起こす事で、受精卵の着床を防ぎ、避妊効果があるといった仕組みです。

生理には2つの女性ホルモンが深く関わっています。
「卵胞ホルモンのエストロゲン」と「黄体ホルモンのプロゲステロン」です。
エストロゲンが、約4週間に1度というペースで卵子を育て排卵させる働きを持ち、子宮内膜を分厚くさせて妊娠の準備をします。
排卵が行なわれ4週間を経過すると、エストロゲンが減少している時期に、プロゲステロンが分泌されます。この時期が、子宮に受精卵が着床出来る妊娠準備期間です。
そして、このプロゲステロンの分泌がとまると同時に生理が起こるのです。
アフターピルを飲む事で、プロゲステロンが分泌されている状態を人工的に作ります。その後、このプロゲステロンと同様の作用から、プロゲステロンの分泌されない状態を作り出し、生理を引き起こすのです。
上記のメカニズムから避妊効果があるのですが、100%避妊出来るわけではありませんので、注意が必要です。

▼妊娠のメカニズムとアフターピルの作用
通常、性交から妊娠までに必要な期間は10日程度です。
性交を行うことで、射精された精子は卵子に向かいます。精子が活動出来る時間は約2日間です。無事卵子に精子が到着し、卵子内に精子が入り込むことで受精卵となります。
受精卵は、卵巣から子宮を繋ぐ卵管を7日間~10日間程度かけて子宮へと移動します。
妊娠準備がされている子宮内膜へと着床する事で、妊娠になります。

アフターピルを服用すると、個人差は有りますが通常1週間以内で生理が起こります。
つまり、性交後に妊娠するまでの期間が約10日程度、性交後3日以内にアフターピルを服用し、1週間以内で生理を引き起こす事を計算すると、最大で10日という目安になります。その為、アフターピルを服用後に生理が来るまで個人差もありますので、3日以内に飲まないと効果が無くなるといった訳ではありません。
服用しないよりは服用した方が少しでも避妊効果は上がります。
但し、服用時に既に妊娠していた場合は効果は有りません。
アフターピル使用前後に、妊娠検査をしっかり行う事が大切です。

エラ通販
▼最新アフターピルのエラの効果は5日以内に服用
最新のアフターピルでエラという緊急避妊薬があります。
エラは、避妊失敗後の性交から5日以内(推奨)に服用する事で、避妊効果があります。

▼アフターピルのエラ効果

・性行為後72時間以内に、アフターピルのエラを服用する事で
避妊成功率95%以上。
・性行為後120時間以内で、アフターピルのエラを服用する事で
避妊成功率85%以上。
5日以上経過してから服用しても、効果が無くなる訳ではありませんが、製薬会社から推奨されている期間は120時間(5日)以内に服用となっています。
避妊失敗の性行為からアフターピルを使用する時間が経過すればするほど、避妊効果が低下していきます。

▼推奨時間を過ぎてもアフターピルは有効なのか?
アフターピルのメカニズム(仕組み)でご説明したとおり、出来るだけ早く推奨時間内にアフターピルを使用する事が理想です。
しかし、「避妊に失敗したのは想定外」「深夜や休日で産婦人科があいていない」「近くにアフターピルの処方を行える産婦人科がない」「3日以上経過していたのでノルレボ錠を処方して貰えなかった」「アフターピルの準備をしていなかった」等、様々な理由から推奨時間内に使用出来ない場合もあります。
アイピルでは72時間(3日)以内、エラでは120時間(5日)以内の服用が推奨されていますが、妊娠していない状態であれば推奨時間経過後に使用した場合、何もしないより避妊効果を高める事が出来ます。
妊娠して中絶した場合、妊娠初期の中絶費用で約15万程度、場合によっては二度と妊娠できなくなる等、体や心への大きな負担になります。
何もせず生理が来る迄、不安を感じたまま我慢せずに、最後まで諦めずに可能な限り出来ることはしましょう。
また、同じ失敗をして後悔しないように、常備用のアフターピルを手元に用意する事も大切です。

▼人気のアフターピル
常備用1番人気!アイピル
アフターピル通販

緊急用1番人気!エラ
エラ通販

▼妊娠・避妊・ピルについてもっと詳しく知りたい方
妊娠とピル

アフターピルのメカニズム(仕組み)
前の記事へ 次の記事へ

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


通販の海外薬店 ページの上へ戻る