商品代金合計7千円以上のご注文で配送手数料無料!

オブセニル【アナフラニールジェネリック】1
オブセニル【アナフラニールジェネリック】2

オブセニル【アナフラニールジェネリック】

ブランド:Consern Pharma社

オブセニルはConsern Pharma社が製造・販売している、うつ病や夜尿症の治療薬で、 日本でも処方されているアナフラニールのジェネリック医薬品となります。
オブセニルの主成分である「クロミプラミン」は、抑うつ状態を改善する効果があり 、夜尿症の治療にも効果のある成分となります。
三環系に分類される抗うつ剤です。
詳細はこちら

分類 抗うつ剤 対象 男女兼用
有効成分 クロミプラミン10mg・25mg・50mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。
オブセニル【アナフラニールジェネリック】 10mg
オブセニル【アナフラニールジェネリック】 25mg
オブセニル【アナフラニールジェネリック】 50mg
数量  購入する

正規品保証・確実配送の通販はメデマート

オブセニル【アナフラニールジェネリック】を購入している人はこんな商品も購入しています
バスピン
バスピン
デパス代替
ジェイゾロフト
ジェイゾロフト

ドグマチール
ドグマチール
ジェネリック

オブセニル【アナフラニールジェネリック】の効果・詳細

オブセニルはConsern Pharma社が製造・販売している、うつ病や夜尿症の治療薬で、 日本でも処方されているアナフラニールのジェネリック医薬品となります。
オブセニルの主成分である「クロミプラミン」は、「モノアミン」という神経を伝達する物質を増加させる効果により、うつ病の改善に効果があります。

【オブセニルの効果】
モノアミンは、心を落ち着かせる事ができるセロトニンや、意欲を高めることのできるノルアドレナリンなどの神経を伝達させる物質の総称で、それらの物質が減少することで、うつ病を引き起こす原因となっております。
オブセニルは脳内からセロトニンやノルアドレナリンが不足する事がないように保ち、うつ病を改善する効果があります。
うつ病の改善だけでなく、夜尿症の治療にも効果があります。



オブセニル【アナフラニールジェネリック】の飲み方・使い方

成分の血中濃度を一定に保つためになるべく毎日決まった時間に服用してください。
うつ病の場合、1日50~100mgを初期用量で1~3回に分けて服用してください。
225mgまで増量できますが、年齢、症状によって適宜増減してください。
遺尿症の場合、1日20mg~50mgを1~2回に分けて服用してください。
しかし、年齢、症状によって適宜増減してください。
中には効果を強く期待するために決められた用量の2倍・3倍といった量を1度に服用する方がいますが、効果が強く出るわけではありません。

オブセニル【アナフラニールジェネリック】の副作用

主な副作用は、循環器障害、抗コリン作用、精神神経障害、発疹、肝臓機能障害、血液障害、消化器障害などがあげられます。
重篤な副作用として、悪性症候群、セロトニン症候群、てんかん発作、横紋筋融解症、無顆粒球症、汎血球減少、麻痺性イレウス、間質性肺炎、好酸球性肺炎、抗利尿ホルモン不適合分泌症候群、QT延長、心室頻拍、黄疸などが生じる恐れがあります。
※万が一、これらの症状が表れた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

オブセニル【アナフラニールジェネリック】の併用禁忌薬・使用上の注意

・モノアミン酸化酵素阻害剤
発汗、全身痙攣、不穏、昏睡、異常高熱などが生じる恐れがあります。
・副交感神経刺激剤、ピロカルピン、セビメリン
これらの薬の効果が弱まる恐れがあります。
・コリン作動薬
便秘、口渇、視力障害、尿閉、眠気などが生じる恐れがあります。
・アドレナリン作動薬
心血管作用が強まる恐れがあります。
・中枢神経抑制剤、バルビツール酸誘導体等、全身麻酔剤、ハロタン等、抗不安剤、アルコール
中枢神経抑制作用が強まる恐れがあります。
・セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤、リチウム製剤、三環系抗うつ剤、アミトリプチリン
セロトニン症候群が生じる恐れがあります。
・抗不整脈剤、キニジン、黄体・卵胞ホルモン製剤
クロミプラミンの効果が強まる恐れがあります。
・降圧剤
降圧剤の効果が弱まる恐れがあります。
・クマリン系抗凝血剤
抗凝血作用が強まる恐れがあります。

オブセニル【アナフラニールジェネリック】のクチコミ・レビュー

(0件のレビュー)

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

メデマートお買い物ガイド