開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】 1
ザイテン20mg【テネリアジェネリック】 2

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】 1
ザイテン20mg【テネリアジェネリック】 2

ザイテンはDPP-4阻害薬に分類される2型糖尿病治療薬でテネリアのジェネリック医薬品です。
DPP-4酵素の働きを抑え、血糖値の上昇を防ぐ効果が期待できます。
また、血糖値を下げる作用のあるインスリンの分泌が促されることで食欲の抑制に繋がります。
■ DPP-4阻害薬には脂肪の肥大を抑える働きがあるため、ダイエットのサポート薬としても有用です。リベルサス(GLP-1阻害薬)やフォシーガ(SGLT2阻害薬)などと併用するとダイエット効果がぐんと高まります。 詳細はこちら

分類 ジェネリック(後発薬)/錠剤 対象
有効成分 テネリグリプチン20mg
メーカー

ブランド
Glenmark(グレンマーク)
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

20mg
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

病気・症状売れ筋ランキング
病気・症状売れ筋ランキング

高血圧症・狭心症売れ筋ランキング
高血圧症・狭心症売れ筋ランキング

ダイエットランキング
ダイエットランキング

血糖値コントロールランキング
血糖値コントロールランキング

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】を購入頂いたお客様の声

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の高評価

2023-10-12
男性・40代

確かにこの薬飲んだら太らなくなりました。というか、食欲が落ちたせいだと思います。以前だと夜にご飯を食べて、寝る前までにお腹がすいて死にそうでスナックなどをついつい食べてしまってましたが、これのおかげかなぜかお腹がへった感じがしなくなりました。1日1回でいいので飲み忘れることもないです。

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の効果・詳細

ザイテンは、製薬会社のGlenmark(グレンマーク)から製造販売されているDPP-4阻害薬に分類される2型糖尿病治療薬です。
有効成分である、テネリグリプチンは、血糖値を上昇させるホルモンのグルカゴンを抑制するのが特徴です。そのため、2型糖尿病の症状緩和に効果が期待できます。

【こんな方におススメ】

  • 2型糖尿病の治療
  • 高血糖を改善したい方
  • 食欲を抑えられない方
  • 間食をやめることができない方

ザイテンは、食事に応答して消化管から分泌されるホルモンであるGLP-1(グルカゴン様ペプチド-1)を分解する酵素DPP-4(ジペプチジルペプチダーゼ-4)の働きを選択的に阻害することによりインスリン分泌を促進し、グルカゴン分泌を抑制することで血糖降下作用を発揮します。
作用の強さと持続性から、1日1回の経口投与によって、毎食後の血糖並びに空腹時血糖を改善する効果が認められています。

ザイテンは、高くなった血糖値に応じてインスリンの分泌を促進しますので必要以上に血糖値を下げにくく、重篤な副作用である低血糖を起こしにくくなっています。

また、DPP-4阻害薬には、脂肪肥大抑制作用があるため、体重を増えにくくしダイエット効果も期待できます。
インスリン分泌を促すホルモン「インクレチン」には、食欲抑制作用もあります。
DPP-4阻害薬によってインクレチンの働きを抑制されることがなくなるため、自然に食欲が落ち、暴飲暴食を抑えることが期待できます。

▼話題のメディカルダイエットでクリニックでもダイエット目的で処方されています。

クリニックなどでメディカルダイエットとしてダイエット目的で処方されています。
ザイテンは、体重減少するというよりも体重を増加させにくい作用があります。
リベルサス(GLP-1阻害薬)やフォシーガ(SGLT2阻害薬)などと併用することで更なるダイエット効果が期待できます。
ザイテンは、食欲を抑える効果があるといわれていますので、食べ過ぎによる体重増加を防ぐことが期待できます。
▼インスリンの作用不足
2型糖尿病は、すい臓から分泌されるインスリンの作用不足が原因で起こります。インスリンが不足することで、血液中のブドウ糖ができなくなり、高血糖状態が続くようになってしまいます。不足する原因としては、すい臓の働きが弱くなる(インスリン分泌低下)、筋肉や肝臓などの組織がインスリンの働きに対して鈍くなる(インスリン抵抗性)があげられます。2型糖尿病では、肥満や運動不足や食べすぎといった生活習慣の乱れも原因の一つとして考えられてます。
▼2型糖尿病とは
血液中の血糖が多くなる病気です。血糖値が高いまま放置すると、血管や神経が障害され、様々な合併症を引き起こします。原因としては「運動不足、高脂肪食、体質・遺伝、高カロリー食」など様々なものが要因と考えられてます。

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の飲み方・使い方

1日1回1錠(20mg)を服用します。

効果が不十分な場合は、経過観察を行いながら1日1回20mgを2錠(40mg)に増やすことができます。

※服用の際は医師にご相談ください。
※飲み忘れに気づいた場合はすぐに服用してください。
しかし、次の服用のタイミングが近い場合はその回の服用は避けましょう。

メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の副作用

便秘、腹部膨満、腹部不快感、悪心、腹痛、鼓腸、口内炎、胃ポリープ、結腸ポリープ、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、下痢、食欲減退、アミラーゼ上昇、リパーゼ上昇、急性膵炎、AST(GOT)上昇、ALT(GPT)上昇、γ-GTP上昇、蛋白尿、尿ケトン体陽性、尿潜血、湿疹、発疹、そう痒、アレルギー性皮膚炎、CK(CPK)上昇、血清カリウム上昇、けん怠感、アレルギー性鼻炎、血清尿酸上昇
まれにおこる重大な副作用
低血糖症、腸閉塞、肝機能障害、間質性肺炎などの症状が現れる場合があります。
※異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の併用禁忌・使用上の注意

【注意が必要な方】
・重い肝臓病
・心臓病
・脳下垂体機能不全
・副腎機能不全
・腸閉塞の既往
・腹部手術を受けたことがある方
・栄養不良状態
・衰弱状態
・不規則な食事や食事摂取量の不足
・過度のアルコール摂取
・他の血糖降下薬を飲んでいる方
・激しい筋肉運動を行う場合
・高齢者
・妊娠している方
・授乳している方
・小児等

【服用ができない方】
・1型糖尿病
・インスリン分泌能力が著しく低下している重い糖尿病
・糖尿病性昏睡
・ケトアシドーシス
・重い外傷や感染症
・手術前後などでインスリンが適用となる場合

【併用注意薬】
糖尿病用剤
・スルホニルウレア系薬剤
・α-グルコシダーゼ阻害剤
・速効型インスリン分泌促進剤
・チアゾリジン系薬剤
・ビグアナイド系薬剤
・SGLT2阻害剤
・GLP-1受容体作動薬
・インスリン製剤等

血糖降下作用を増強する薬剤
・サリチル酸剤
・β-遮断剤
・モノアミン酸化酵素阻害剤等

血糖降下作用を減弱する薬剤
・副腎皮質ホルモン
・アドレナリン
・甲状腺ホルモン等

QT延長を起こすことが知られている薬剤
・クラスIA抗不整脈薬
  キニジン硫酸塩水和物、プロカインアミド塩酸塩等
・クラスIII抗不整脈薬
  アミオダロン塩酸塩、ソタロール塩酸塩等

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】の保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

ザイテン20mg【テネリアジェネリック】のレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン