開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

インドメタシン画像 1枚目
インドメタシン画像 2枚目
インドメタシン画像 3枚目
インドメタシン画像 4枚目
インドメタシン画像 5枚目
インドメタシン画像 6枚目

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

インドメタシンサムネイル 1枚目
インドメタシンサムネイル 2枚目
インドメタシンサムネイル 3枚目
インドメタシンサムネイル 4枚目
インドメタシンサムネイル 5枚目
インドメタシンサムネイル 6枚目

インドメタシン

平均NAN点

0件レビュー

更新日:2024年06月27日

インドメタシン 25mg
内容量 販売価格(1錠単価) ポイント 注文
100錠

¥3,460(1錠単価:¥34)

173pt
200錠

¥6,230(1錠単価:¥31)

311pt
数量 カートカートに入れる
分類 ジェネリック(後発薬)/カプセル剤
対象 男女兼用
カテゴリ 痛み止め
有効成分 インドメタシン25mg
主な副作用 ・重大な副作用
ショック、アナフィラキシー、消化管穿孔、消化管出血、消化管潰瘍、腸管の狭窄・閉塞、潰瘍性大腸炎、再生不良性貧血、溶血性貧血、骨髄抑制、無顆粒球症、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎、喘息発作(アスピリン喘息)、急性腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、痙攣、昏睡 、錯乱、性器出血、うっ血性心不全、肺水腫、血管浮腫、肝機能障害、黄疸

・その他の副作用
【0.1?5%未満】
腹痛、食欲不振、消化不良、悪心・嘔吐、下痢・軟便、便秘、直腸粘膜の刺激症状、貧血、発疹、そう痒、頭痛、眠気、めまい、浮腫、不快、発汗亢進

【0.1%未満】
直腸炎、腹部膨満感、口渇、口内炎、胃炎、紫斑病、蕁麻疹、結膜炎、耳鳴、抑うつ、不眠、知覚異常、脱力感、離人症、ふらつき感、動悸、血圧上昇、ほてり、鼻出血

【頻度不明】
限局性回腸炎、膵炎、顆粒球減少、血小板減少、血小板機能低下(出血時間の延長)、脱毛、結節性紅斑、脈管炎、角膜混濁、網膜障害、眼窩及びその周囲の疼痛、難聴、肝機能異常(AST上昇、ALT上昇等)、疲労、神経過敏、不安、振戦、失神、末梢神経炎、頻尿、尿糖、高血糖、胸痛

※異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。
メーカー Jagsonpal (ジャグソンパル)

痛み止め売れ筋ランキング
痛み止め売れ筋ランキング

インドメタシンの効果・詳細

本商品は、ジャグソンパル社が販売する鎮痛消炎剤で、有効成分インドメタシン配合のジェネリック医薬品です。
即効性があり、すぐに効果を発揮します。炎症を引き起こす物質であるプロスタグランジンの産生をさまたげることで、患部の痛みや腫れをやわらげて発熱を抑制します。胃腸障害などの副作用が強いため、医師の指示のもとに服用するようにしましょう。
眠気、めまい、ふらつき感等があらわれることがあるので、出る場合があるので、車やバイクの運転や危険を伴う機械の操作の従事はお控えください。
主な効果①下記疾患の消炎・鎮痛・解熱
関節リウマチ、変形性脊椎症、変形性関節症、腰痛症、痛風発作、肩胛関節周囲炎、急性中耳炎、症候性神経痛、膀胱炎、前立腺炎、歯痛、顎関節症症、歯槽骨膜炎、多形滲出性紅斑
②手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
③下記疾患の解熱・鎮痛
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)

インドメタシンカプセルの特徴

  • 鎮痛消炎剤です。
  • 錠剤なので身体の隅々まで効果が行き渡り非常に高い効果を発揮します。
  • 対症療法ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。

インドメタシンカプセルの発送国

インド


商品発送から到着までの目安

ご入金完了後、※1即日発送。お届けまで約10日~14日前後を予定しております。

※1 18時以降のご入金に関しては翌日午前中発送となります。


参考サイト

効果・詳細・飲み方・使い方・副作用・併用禁忌・使用上の注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

【参考元:KEGG MEDICUS】医療用医薬品 :インドメタシン

【参考元:コーアイセイ株式会社】医療用医薬品 :インドメタシンカプセル

インドメタシンの詳細を知りたい人はこちらへ

インドメタシンの飲み方・使い方

①②の適応の場合
①下記疾患の消炎・鎮痛・解熱
(関節リウマチ、変形性脊椎症、変形性関節症、腰痛症、痛風発作、肩胛関節周囲炎、急性中耳炎、症候性神経痛、膀胱炎、前立腺炎、歯痛、顎関節症症、歯槽骨膜炎、多形滲出性紅斑)
②手術後及び外傷後の炎症及び腫脹の緩解
通常、成人は、インドメタシンとして、1回25mgを1日1~3回服用してください。なお、年齢、症状により適宜増減してください。
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

③下記疾患の解熱・鎮痛の適応の場合
急性上気道炎(急性気管支炎を伴う急性上気道炎を含む)
通常、成人は、インドメタシンとして、1回25mgを頓用してください。なお、年齢、症状により適宜増減してください。
ただし、原則として1日2回までとし、1日最大75mgを限度とする。
また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。
メデマートでは、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

インドメタシンの副作用

・重大な副作用
ショック、アナフィラキシー、消化管穿孔、消化管出血、消化管潰瘍、腸管の狭窄・閉塞、潰瘍性大腸炎、再生不良性貧血、溶血性貧血、骨髄抑制、無顆粒球症、中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis:TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、剥脱性皮膚炎、喘息発作(アスピリン喘息)、急性腎不全、間質性腎炎、ネフローゼ症候群、痙攣、昏睡 、錯乱、性器出血、うっ血性心不全、肺水腫、血管浮腫、肝機能障害、黄疸

・その他の副作用
【0.1~5%未満】
腹痛、食欲不振、消化不良、悪心・嘔吐、下痢・軟便、便秘、直腸粘膜の刺激症状、貧血、発疹、そう痒、頭痛、眠気、めまい、浮腫、不快、発汗亢進

【0.1%未満】
直腸炎、腹部膨満感、口渇、口内炎、胃炎、紫斑病、蕁麻疹、結膜炎、耳鳴、抑うつ、不眠、知覚異常、脱力感、離人症、ふらつき感、動悸、血圧上昇、ほてり、鼻出血

【頻度不明】
限局性回腸炎、膵炎、顆粒球減少、血小板減少、血小板機能低下(出血時間の延長)、脱毛、結節性紅斑、脈管炎、角膜混濁、網膜障害、眼窩及びその周囲の疼痛、難聴、肝機能異常(AST上昇、ALT上昇等)、疲労、神経過敏、不安、振戦、失神、末梢神経炎、頻尿、尿糖、高血糖、胸痛

※異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受けて下さい。

インドメタシンの併用禁忌・使用上の注意

【禁忌】
・本剤の成分又はサリチル酸系化合物(アスピリン等)に対し過敏症の既往歴のある方
・消化性潰瘍のある方
・重篤な血液の異常のある方
・重篤な腎機能障害のある方
・重篤な肝機能障害のある方
・重篤な心機能不全のある方
・重篤な高血圧症の方
・重篤な膵炎の方
・アスピリン喘息(非ステロイド性消炎鎮痛剤等による喘息発作の誘発)又はその既往歴のある方
・トリアムテレンを投与中の方
・妊婦・授乳婦の方
※上記に該当される方は使用できません。

【使用注意】
・消化性潰瘍の既往歴のある方
・非ステロイド性消炎鎮痛剤の長期投与による消化性潰瘍のある方で、本剤の長期投与が必要であり、かつミソプロストールによる治療が行われている方
・血液の異常又はその既往歴のある方
・出血傾向のある方
・心機能異常のある方
・高血圧症の方
・膵炎の方
・てんかん、パーキンソン症候群等の中枢神経系疾患のある方
・気管支喘息のある方
・SLE(全身性エリテマトーデス)の方
・潰瘍性大腸炎の方
・クローン病の方
・感染症を合併している方
・腎機能障害又はその既往歴のある方
・肝機能障害又はその既往歴のある方
・小児等
・高齢者の方

【併用禁忌薬】
トリアムテレン(トリテレン)

【併用注意薬】
プロベネシド(本剤の血中濃度が上昇し、作用が増強されることがある。)
アスピリン(消化器系の副作用の発現率が上昇する。また、作用が減弱されることがある。)
抗凝血剤及び抗血小板薬:ワルファリン、クロピドグレル等
(これらの医薬品の作用を増強し、出血の危険性が増大することがある。血液凝固能検査等出血管理を十分に行うこと。)
メトトレキサート(メトトレキサートの血中濃度が上昇し、その副作用を増強することがある。血中濃度をモニターし、メトトレキサートの量を調節すること。)
リチウム(血中リチウム濃度が上昇し、リチウム中毒を呈したとの報告がある。)
β-遮断剤:プロプラノロール塩酸塩、アテノロール、メトプロロール酒石酸塩等
ACE阻害剤:エナラプリルマレイン酸塩、デラプリル塩酸塩、イミダプリル塩酸塩等
A-II受容体拮抗剤:ロサルタンカリウム、カンデサルタン シレキセチル、バルサルタン等
(これらの医薬品の降圧作用を減弱させることがある。また、腎機能が悪化している患者では、さらに腎機能が悪化するおそれがある。)
ループ利尿剤:フロセミド等、チアジド系及びその類似降圧利尿剤、ヒドロクロロチアジド等
(これらの医薬品の利尿降圧作用を減弱させることがある。)
カリウム保持性利尿剤:スピロノラクトン等、エプレレノン(利尿降圧作用を減弱させることがある。また、これらの医薬品の降圧作用の減弱、腎機能障害患者で重度の高カリウム血症が発現するおそれがある。)
ジゴキシン(血中ジゴキシン濃度が上昇し、作用が増強されることが報告されているので血中ジゴキシン濃度に注意すること。)
シクロスポリン(シクロスポリンによる腎毒性が増強されることがあるので、腎機能に注意すること。)

インドメタシンの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

インドメタシンのレビュー

(0件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン