商品代金合計7千円以上のご注文で配送手数料無料!

オリザ【ジプレキサジェネリック】1
オリザ【ジプレキサジェネリック】2
オリザ【ジプレキサジェネリック】3
オリザ【ジプレキサジェネリック】4

オリザ【ジプレキサジェネリック】

ブランド:インタスファーマ社

オリザはインタスファーマ社が製造・販売している、抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐剤で、ジプレキサのジェネリック医薬品です。
オリザの主成分である「オランザピン」は、神経を伝達する物質の「セロトニン」および「ドーパミン」に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑えることにより、神経の伝達を正常に戻す作用があります。
詳細はこちら

分類 抗うつ剤 対象 男女兼用
有効成分 オランザピン10mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 ・直射日光が当たらない湿気の少ない涼しい場所に保管してください。
・小さな子の手が届かない場所に保管してください。
・誤飲の原因になったり、品質が変わる恐れがあるため容器は入れ替えないでください。
・1包を分割した残りを服用する場合は、なるべく空気に触れないように保管し、2日以内に服用してください。
・表示されている期限を過ぎたものは服用、使用しないでください。
オリザ【ジプレキサジェネリック】 10mg
数量  購入する

正規品保証・確実配送の通販はメデマート

オリザ【ジプレキサジェネリック】を購入している人はこんな商品も購入しています
バスピン
バスピン
デパス代替
ジェイゾロフト
ジェイゾロフト

ドグマチール
ドグマチール
ジェネリック

オリザ【ジプレキサジェネリック】の効果・詳細

オリザはインタスファーマ社が製造・販売している、抗精神病薬、双極性障害治療薬、制吐剤で、ジプレキサのジェネリック医薬品です。
オリザの主成分である「オランザピン」は、神経を伝達する物質の「セロトニン」および「ドーパミン」に働きかけ、物質の過剰な分泌を抑えることにより、神経の伝達を正常に戻す作用があります。

【統合失調症とは】
統合失調症は、神経を伝達する物質のセロトニン及びドーパミンが正常に機能しないことで引き起こってしまいますが、セロトニンの分泌が過剰な場合は意欲低下や無気力を生じる症状が発症してしまいます。
逆にドーパミンの分泌が過剰な場合は、幻聴や幻覚などを生じる症状が発症してしまいます。
オランザピンは、これらの過剰に分泌されてしまう物質の働きを阻害し、物質の過剰な分泌を抑える事により、神経の伝達を正常に戻す作用があります。
この働きには、躁病とうつ病を交互に繰り返す症状にも効果があり、高ぶる気持ちや衝動を抑える事により気分を安定させる事ができます。

オリザ【ジプレキサジェネリック】の飲み方・使い方

1日1回、水かぬるま湯で分割服用してください。
統合失調症:服用開始用量は1日5mg~10mgです。
維持量として1日10mgを服用してください。
1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

双極性障害における躁症状の改善:1日10mgを服用してください。
1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

双極性障害におけるうつ症状の改善:服用開始用量は1日5mgです。
その後1日1回10mgを服用してください。
服用する際は就寝前にしてください。
1日の最大摂取量は20mgですので、20mgを超えないようにしてください。

抗悪性腫瘍剤(シスプラチン等)投与に伴う消化器症状(悪心、嘔吐):
他の制吐剤との併用において、1日1回5mgを服用してください。
1日の最大摂取量は10mgですので、10mgを超えないようにしてください。
年齢や症状により服用量の調節を行ってください。

オリザ【ジプレキサジェネリック】の副作用

主な副作用には、傾眠、不眠、めまい、アカシジア、便秘、興奮、不安、振戦、食欲亢進、口渇、ALT上昇、AST上昇、トリグリセリド上昇、コレステロール上昇、高脂肪症、体重増加、けん怠感などがあげられます。
重篤な副作用として、高血糖、低血糖、悪心症候群、痙攣、無顆粒球症、白血球減少、肝機能障害などがあります。
これらの症状が生じた場合は直ちに服用を中止し、医師の診察を受けてください。

オリザ【ジプレキサジェネリック】の併用禁忌薬・使用上の注意

・アドレナリン
アドレナリン作動性α、β受容体の刺激剤であり、本剤のα受容体遮断効果によりβ受容体刺激効果が優位となり、血圧降下作用が増強されます。
・中枢神経抑制剤
中枢神経を抑える恐れがあります。
・ドパミン作動薬
ドパミン作動性神経において、本剤がこれらの薬剤の効果に拮抗する恐れがあります。
・ムスカリン性コリン受容体拮抗薬、抗コリン薬
本剤及びこれらの薬剤は抗コリン効果を有する恐れがあります。
・フルボキサミン、シプロフロキサシン塩酸塩水和物
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)阻害するため本剤のクリアランスを低下させる恐れがあります。
・カルバマゼピン、オメプラゾール、リファンピシン
これらの薬剤は肝薬物代謝酵素(CYP1A2)誘導するため本剤のクリアランスを増加させる恐れがあります。
※上記に該当する場合、使用できない可能性が高いので、医師や薬剤師にご相談下さい。

オリザ【ジプレキサジェネリック】のクチコミ・レビュー

(0件のレビュー)

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

メデマートお買い物ガイド