パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

パキシル

パキシル通販
◆パキシル

パキシルは、SSRIに分類される抗うつ剤です。
SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という意味で、主にうつ病、パニック障害、強迫性障害といった症状に処方されるお薬です。
神経伝達物質である「セロトニン」を増やし、不安などの症状を改善する効果があります。


◆ブランド:GSKファーマ
◆パキシル有効成分
パロキセチン20mg
効果・詳細情報使い方副作用使用上の注意
内容量定価【1錠あたり】販売価格【1錠あたり】数量購入
20mg × 28錠¥5,000 ¥178- ¥4,500 【¥160-】
20mg × 56錠¥10,000 ¥178- ¥8,100 【¥144-】
▼ご注文・お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文

通販の海外薬店

パキシルの効果・詳細

【商品詳細】
パキシルは、SSRIに分類される抗うつ剤です。
SSRIとは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という意味で、主にうつ病、パニック障害、強迫性障害といった症状に処方されるお薬です。
神経伝達物質である「セロトニン」を増やし、不安などの症状を改善する効果があります。

【パキシルの作用】
うつ病などの症状は、気分の落ち込みによる憂鬱な気分が続いてしまう病気で、脳内にある「神経伝達物質」の異常により発症してしまいます。
この症状を改善するために処方される「パキシル」は、主成分パロキセチンが含まれており、SSRIに分類されるお薬です。
脳内で人間の感情をコントロールしている神経伝達物質「セロトニン」は別名「幸せホルモン」とも呼ばれます。
パキシルなどのSSRIに分類されるお薬は、選択的セロトニン再取り込み阻害薬と呼ばれ、うつ病などの原因である「脳内のセロトニンが極端に欠乏した状態」を改善する効果があります。
脳内にあるセロトニンは、時間が経過するにつれ、再取り込みされてしまう構造になっていますが、パキシルのようなSSRIを服用することで、セロトニンを再取り込みされるのを防ぐ働きがあります。
これにより、脳内のセロトニン濃度を高め、うつなどの症状を改善させます。

【パキシルの一般的な適応疾患】
・うつ病、うつ状態
憂うつな気分がいつまでも続き、気分が沈んだ状態です。
何をしていても楽しめなくなってしまい、やる気が起こらない、何をするにもめんどくさくなってしまいます。
中には、頭痛やめまいを感じ、疲労感、倦怠感を感じるといった症状もあります。

・パニック障害
パニック障害は、突然激しい動悸や発汗、頻脈といった体の異常に加え、気持ち的にも強い不安感に襲われる症状です。
長くても1時間程度でおさまる発作で、いつ起こるかわからないといった不安も感じてしまいます。

・強迫性障害
強迫性障害とは、自分ではなんでもないことだと思っていたとしても、そのことが頭から離れず、自分の意思とは裏腹に、頭のなかから払拭できない強迫観念などが離れず、日常生活にも影響が出てしまう症状です。

・社会不安障害
社会不安障害は、SADとも呼ばれ、人前に出て何かをすることに不安を覚え、緊張して人と思うように話ができないケースや、大勢の前で話をする時などに声が震えてしまったりなど、極度のあがり症のような症状が特徴です。

・外傷後ストレス障害
外傷後ストレス障害とは、死を意識するような強い心理的なトラウマが生じてしまう症状です。
悪夢にうなされるようになってしまったり、幻覚、外部の刺激による苦痛を受けてしまったりなどの障害が出てしまいます。

パキシルの飲み方・使い方

■1日1回 1回1錠を目安にパキシルを服用して下さい。
※使用方法及び服用方法による一切の責任を負いかねます。
パキシルご使用の際は、必ずかかりつけの医師や薬剤師にご相談して下さい。
適量・療法にはご注意してご使用ください。

パキシルの副作用

パキシルは、以下の副作用が報告されています。
■頭痛
■不眠
■ほてり
■口渇
■味覚障害
■吐き気
■めまいなど
※異常な症状が出た場合は、すぐにパキシルの使用をやめ、医師にご相談下さい。

パキシルの併用禁忌薬・使用上の注意

■パーキンソン病治療・レギリンは使用禁止
■ピモジド(安定剤)は使用禁止
パキシルと、他の「抗うつ剤」「安定剤」との服用は副作用等が出る恐れがありますので使用方法をかかりつけの意思などにご確認の上、パキシルをご使用下さい。

パキシルのクチコミを投稿する

商品名 評価
クチコミ投稿内容