正規品保証・確実配送の通販は海外薬局

レビトラ

早漏防止勃起薬3箱+3箱プレゼントセット

早漏防止勃起薬3箱+3箱プレゼントセット通販

¥15,000¥7,500-
1錠あたり ¥312
在庫あり
・バイアグラジェネリック+早漏防止成分「スーパーバイスマ」
・レビトラジェネリック+早漏防止成分「スーパーレビスマ」
・シアリスジェネリック+早漏防止成分「スーパーシアスマ」
上記3種の中から同じ早漏防止勃起薬を3箱ご購入いただくと、さらに違う種類の早漏防止勃起薬3箱をプレゼントいたします。3箱ご購入いただくと、今なら合計6箱、24錠が買えます。
プレゼント用の在庫が無くなり次第即終了の、今だけ大変お得なキャンペーンを実施中です。
勃起不全【ED】の治療に加えて、早漏【PE】の治療に使用されるダポキセチンをダブルで配合した早漏防止のED治療薬のお得なプレゼントセットになっています。
【早漏防止勃起薬を使用で予防ができます】
・肝心な時に勃たない
・途中で中折れをしてしまう
・早漏でパートナーが不機嫌に…。
・早漏によりお互い満足を得られなかった
病院で勃起薬と早漏防止薬を処方した場合、1回分の値段勃起薬で約1,500円~2,000円程度、に加えて早漏防止薬で5000円~7000円が必要ですが、これらと同効果のジェネリック薬で1回分の値段が312円と大変お得です。この機に、スマート社の高品質な早漏防止勃起薬のジェネリックをお試し下さい。
レビトラ
レビトラ通販

¥6,000¥5,480-
1錠あたり ¥1,277
▼レビトラ1箱4錠入り×300箱再入荷致しました。
ご入金確認の取れたお客様から優先して発送致します。
在庫が切れてしまった時点で、次回入荷時の発送となります。
※次回2019年1月末入荷予定

レビトラは、ED治療薬として有名なバイアグラに次いで2番目に日本国内でも認可されたお薬で、ドイツのバイエル社(製薬会社)から発売されているED治療薬です。
1番の特徴は有効成分バルデナフィルが水に溶けやすい為、バイアグラやシアリスよりも効き目が早い事から、発売当初はバイアグラの改良版とも言われていました。
▼レビトラで予防が可能です
・突然の機会で勃たなかった
・途中で中折れしてしまった
・勃起せずに恥ずかしかった
・勃起せずに相手に申し訳なかった
・負けられない戦いに強い味方が欲しい
病院でレビトラを処方した場合、1回分の値段は約1,500円~1,800円程度必要ですが、1回分の値段が1,277円~と大変お得です。
1回分の費用を抑えたい方は、同成分バルデナフィル配合・同効果のレビトラジェネリックがオススメです。

今年1月、レビトラの製造元であるバイエル社より、レビトラ供給の一時停止という告知がされております。
海外での製造遅延が原因ですが、現時点でレビトラ供給再開は未定です。
レビトラ不足で処方が出来ない病院も増えております。
まとめ買いされるお客様も増えておりますので、品切れの際はご了承下さい。
また、レビトラと同効果のジェネリックも在庫が御座いますので、ご利用下さい。

レビトラ関連記事

よくお客様から頂く、レビトラに関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、レビトラに関する事をお調べ頂けます。

レビトラとレビトラジェネリックの違い

レビトラはED治療薬として二番目に誕生しました。
製造・販売するのはドイツにある製薬会社のバイエル薬品です。
レビトラは2003年8月にFDA(米国食品医薬品局)から承認を受けました。日本では2004年4月に厚生労働省から認可を受けています。

レビトラの名前の由来はフランス語で男性を意味する「le」とラテン語で生命を意味する「vitra」を合わせた造語からなります。
日本語にすると「男性の生命」という意味になります。
パッケージに表記されているレビトラの炎のマークですが、これはマッチの炎で「こすればすぐに火が着く」という意味になります。
「素早く効く」「服用してすぐ効く」等、レビトラの即効性を意味しています。

レビトラの最大の特徴は『即効性』です。
主成分の『バルデナフィル』は水に溶けやすい性質があるので、即効性に優れています。

臨床試験では、服用後15分で約7割以上の治験者に効果が出ています。
バイアグラは服用後30~1時間で効果があらわれます。
シアリスは服用後1~3時間で効果があらわれます。
即効性を求めている方は断然『レビトラ』です。

また、レビトラの効果は『 ED(勃起不全)改善率が高い』ことです。
バイアグラやシアリスで効果が得られない場合は、レビトラで効果が得られる可能性があります。

レビトラジェネリックとは、バイエル社が持っている特許が切れた後に、別の製薬会社がバルデナフィルを用いて開発したジェネリックです。
製薬会社によって添加物等に多少の違いは有るものの、同じ主成分バルデナフィルを配合しているので効果はほぼ同等です。

また、バイエル社は現在、インドの製薬会社数社を相手に訴訟を起こしています。
原因はレビトラの特許がまだ残っているにも関わらずレビトラジェネリックを製造販売していると、問題になっています。
この影響で、レビトラジェネリックの製造は停止となり、現在市場に残っている在庫が無くなってしまったらもうレビトラジェネリックは販売終了です。
レビトラジェネリックは、効果や使い勝手もほぼ同等以上で、価格が安いと大変人気のあるED治療薬です。
既に売切れの銘柄も出ていているので、この訴訟問題が落ち着くまでは、レビトラジェネリックは製造されないでしょう。

■レビトラとレビトラジェネリックの違いまとめ
・レビトラは血流を改善し勃起を助ける
・即効性があり、飲んですぐ効果が出る
・レビトラとレビトラジェネリックの主成分は同じバルデナフィル
・レビトラジェネリックはレビトラより安い
・レビトラジェネリックはレビトラと効果や使い勝手が同等以上
・訴訟問題が終わるまでレビトラジェネリックは製造中止
上記のようにレビトラと比較してもレビトラジェネリックは多数のメリットを持っています。

ジェネリックを含むレビトラの商品一覧はコチラ

レビトラを病院で購入する方法と値段

レビトラを購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、病院でレビトラを購入する方法をご説明していきます。

レビトラは、専門医のいる泌尿器科での処方が基本となりますが、病院によっては内科などでも処方をおこなっている病院もありますので、事前にレビトラの処方が可能かどうか、病院に確認する必要があります。
病院でレビトラを処方して頂いた場合、健康保険は適応外となる為、全額自己負担となります。

レビトラを病院で処方してもらう際の値段ですが、初診料や診察料、場合によっては検査料等が必要となる為、約2,500円~10,000円の費用が必要となります。
また、その他にレビトラを必要な錠数分薬代が必要となります。

レビトラの処方は5mgと10mgと20mgですが、5mgは効果が弱いことから取り扱っていない病院も多いです。
10mgで約1,500円、20mgで約2,000円程度で販売されていますが、病院によっても価格は異なります。
レビトラジェネリックの処方は、レビトラの特許が残っている為、新薬のみの販売となります。

■レビトラを病院で購入する方法と値段まとめ
・レビトラは泌尿器科や内科などで処方が可能【要確認】
・レビトラは保険適応外の為、全額自己負担
・レビトラ1錠10mgで約1,500円、20mgで約2,000円程度
・レビトラジェネリックは特許が残っており日本では処方出来ません
・病院によって薬代と別に初診料や診察料、検査料などが必要
・レビトラ1錠を処方してもらう場合、約4,000円~10,000円程度必要
上記のように病院によっても価格は異なりますが、健康保険が適応外となる為、高額になる可能性があります。

レビトラを通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段

レビトラを購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、海外薬店のようなインターネット通販で個人輸入代行業者からレビトラを購入する方法をご説明していきます。

レビトラはインターネットを利用して通販(個人輸入代行)で購入する事も可能です。
個人で利用する場合に限り、量など細かな制限はありますが、処方せん不要で海外から処方薬を個人輸入する事が認められています。

個人輸入代行業者に依頼する事で、通販で購入するのと変わらず簡単にレビトラを購入する事が出来ます。

レビトラ1錠あたりの値段は、10mgで1,370円、20mgで1,277円~1,420円で購入が可能です。
またレビトラジェネリックの種類も豊富で、1錠あたり150円~402円と安い値段で購入する事が可能です。

ニュースなどでも話題となりましたが、多くの粗悪品や偽物が通販や個人輸入で流通しているうち約4割を占めているのも事実です。
勿論、粗悪品や偽物を使用した場合、正規品とは配合されている成分量が異なり、多すぎれば効き目が強すぎて副作用の危険が高まりますし、少なければ本来得られるはずの効果がなくなってしまい、レビトラが効かなかったなんて事もあります。

また、偽物や粗悪品は不衛生な環境で作られることが多い為、本来正規品には入っていない不純物が混ざっている可能性があります。
そういった場合は、体へ何らかの影響を及ぼす可能性も高い為、通販(個人輸入代行)で購入する場合は信頼出来る業者から購入する事が必須となります。

お客様に安心してレビトラやレビトラジェネリックを購入して頂くために、私共、海外薬店では、100%メーカー正規品保証をおこなっております。
取扱している全ての商品はメーカー正規品の物となっておりますので、安心・安全にご利用頂けます。

■レビトラを通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段まとめ
・レビトラを処方せん無しで購入が出来る【来院不要】
・購入方法は普通の通販サイトと同じく簡単に注文可能
・海外薬店ではレビトラ1錠あたり10mgで1,370円、20mgで1,277円~1,420円と低価格
・レビトラジェネリックの種類も豊富で1錠あたり150円~402円と安く購入可能
・通販(個人輸入代行)で流通しているレビトラの約4割は偽物や粗悪品
・粗悪品や偽物を使用すれば健康を害する可能性がある
上記のように通販(個人輸入代行)を利用する場合、信頼できる業者からの購入が必須となります。

正規品レビトラを購入したい方はコチラ

レビトラの正しい飲み方

レビトラには主成分シルデナフィルの成分量に【5mg】【10mg】【20mg】と種類があります。
ピルカッターなどをご使用頂いて錠剤をカットする事で、容量の調整も可能です。
用量としては、バルデナフィル5mg~20mgで適量調整を行って下さい。
レビトラは1日1回の服用が基本となります。追加で立て続けに何錠も服用できませんのでご注意下さい。
レビトラを1回飲んだ後は、次の服用まで24時間以上、間を空ける必要があります。
レビトラは服用して約1時間後に効果がピークを迎えます。
そして服用する成分量によって約5時間~8時間程度、効果が持続します。
購入者の希望を伺い、医師の判断によって使う成分量が決められます。
但し65歳以上の高齢者の方や、肝障害のある方については、成分量が少ない1回5mgや10mgから始めるのが良いでしょう。

レビトラは性行為の約1時間前に服用するのがベストです。しかし、即効性がある為、15分程度で効果が感じられます。
これは、レビトラの効果のピークは、服用後約1時間で訪れ時間の経過と共に低下していく為です。

レビトラは胃の中にある食べ物や飲み物によって吸収率が変わる為、食事によって効果が左右される薬です。
その為、1番薬剤の吸収率が良い空腹時に飲む事で、レビトラの効果を活かす事が可能です。
食後にレビトラを服用した場合、胃の内容物に含まれる油分が胃や腸の粘膜へ油膜をはってしまうことで、レビトラの吸収率が低下します。
しかし、空腹時と比較して胃に内容物が有る場合は、吸収が悪くなります。
その結果、レビトラの効果が出るのが遅くなったり、その効果自体が消えてしまう場合があります。

レビトラの錠剤は水で服用する事を前提として開発されています。
特に牛乳やグレープフルーツジュースで飲むと効果を弱めたり強めてしまったりしてしまいます。
牛乳には多くの脂肪分が含まれている為、吸収率が低下し効果を弱らせたり失ってしまったりします。
グレープフルーツは、肝臓でのバルデナフィルの代謝が遅れてしまう為、効果や副作用を強めてしまう可能性があります。
副作用の危険性を高めたり効かなくなってしまう場合がありますので、必ずお水で服用する様にしましょう。

しかし、状況によっては食事をしなければならない場面も多いと思います。
そういった場合、大事なポイントは食事後レビトラを服用するまでの時間です。
食事した場合、最低でも2時間以上の時間を空けることで、食後であっても吸収率の影響を抑える事が可能です。
しかし、胃の内容物がない状態が理想なのは変わりません。
食事をする際には、脂っこい食べ物を避け、腹7、8分くらいに抑えておいた方がよいでしょう。
脂っこい食べ物は消化も悪く、有効成分の吸収が妨げられます。
メーカー発表では700キロカロリー、脂質23.3グラム以下であれば影響を受けにくいとされており、牛丼並盛り1杯程度です。

また、多少のアルコールは問題ありませんが、多量のアルコールを摂取した場合、脳が性的興奮を感じにくくなってしまいます。
どんなにレビトラによって勃起しやすい状態を整えても、性的興奮が起こらなければ勃起はしません。くれぐれもお酒の飲み過ぎには注意しましょう。

レビトラの効果を引き出す正しい飲み方まとめ
・性行為の約1時間前に飲む
・お水で飲む
・レビトラは空腹時に飲むのが1番効果的
・食事後に服用する場合は、2時間以上経過してから飲む
・食事をする場合は脂質の多い物は避け、軽めにする
・アルコールも控えめにする
・レビトラの服用は1日1回まで
・服用間隔は24時間以上あける
レビトラは正しい飲み方をしないと、効果が弱ったり、なくなってしまいます。レビトラを飲んだけど効かなかったと言う方は、一度正しい飲み方をしているかチェックしてみましょう。

レビトラの効果

バルデナフィル レビトラの主成分バルデナフィルは勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)」を抑える効果があります。
PDE-5は、勃起に重要な「環状グアノシン一リン酸(cGMP)」を分解してしまいます。
海綿体の中で、PDE-5濃度が増加するとcGMPが分解されてしまい、結果的に陰茎海綿体の血流バルブを担う筋肉が緩まない為、血流が流れ込みにくくなり勃起がしづらい状態を作ってしまいます。
普段はこの状態で、通常時は勃起せずに毛細血管から必要な栄養を送る程度の血液しか流れていません。

そこで、バルデナフィルが作用するとPDE-5を抑えてくれるので、陰茎海綿体内部のcGMP濃度を上げてくれます。
陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上がる事によって、陰茎海綿体の筋肉が緩む事で血管が広がり、性的興奮や刺激を受けた際に陰茎海綿体内に多くの血液を流す事ができ、勃起を促し維持させる効果があります。

レビトラの効果持続時間は約5~8時間です。
個人差はありますが、バルデナフィルは水に溶けやすい特徴から、空腹時の服用で15分ほどで効果が実感できます。
また、レビトラは少量であれば、食事の影響を受けにくいです。
バルデナフィルは700キロカロリーで脂質が23.3g以下であれば、食事の影響を受けにくいとされています。
具体的に言うと、牛丼屋さんの牛丼並盛り1杯です。

レビトラの効果を最大限に発揮させるには空腹時の服用をオススメします。
食事をされる際は、脂っこい食事は避けてください。
食後に服用される場合は2時間以上間隔を空けて、消化が終わった頃に服用することしてください。
主成分のバルデナフィルが体内に吸収されていれば、効果があらわれ始めますので、どうしても食事をしなければならない場合は、食事の30分~1時間前に服用してください。

また、レビトラを服用した場合、必ず次の服用まで24時間以上あけて下さい。

レビトラ服用時の注意点
アルコールの過剰摂取は、効果を弱めてしまう可能性があります。
お酒の飲みすぎにはご注意ください。
レビトラには、性欲を増進させるような効果はありません。
「性的欲求・性的刺激が起こると勃起を補助する薬」です。
性的欲求・性的刺激がないときは、勃起しません。

レビトラの効果まとめ
・レビトラの主成分はバルデナフィル
・環状グアノシンーリン酸が血管を広げ勃起を促進する効果を持つ
・ホスホジエステラーゼ5型が環状グアノシンーリン酸を分解し勃起を抑制する
・環状グアノシンーリン酸よりもホスホジエステラーゼ5型が多いと勃起が起こらない
・バルデナフィルがホスホジエステラーゼ5型の働きを抑える
・バルデナフィルの特徴は水に溶けやすく即効性がある
・700キロカロリー、脂質が23.3g以下であれば食事の影響を受けにくい
レビトラの主成分シバルデナフィルが物質のバランスを取る事で、勃起が起こりやすくなるよう、男性器周囲の血流を改善します。

EDについて詳しく知りたい方はコチラ

レビトラの副作用

レビトラの副作用
■レビトラの副作用一覧
下記に、レビトラが日本国内で承認された時の臨床試験データをまとめました。
使用された錠剤は、5mg、10mg、20mgを使用しています。
913人中、257人(28.15%)の方に副作用か検査値異常が認められました。
レビトラの主な副作用(日本国内)です。

・ほてり       143人(15.66%)
・頭痛         51人( 5.59%)
・鼻詰まり       27人( 2.96%)
・心悸亢進       27人( 2.96%)

続いては、海外で行われた時の臨床試験データです。
使用された錠剤は、5mg、10mg、20mgを使用しています。
7,080人中、2,206人(31.16%)の方に副作用か検査値異常が認められました。
レビトラの主な副作用(海外)です。

・頭痛        871人(12.30%)
・ほてり       749人(10.58%)
・鼻詰まり      313人( 4.42%)
・消化不良      230人 (3.25%)
・めまい       125人 (1.77%)

レビトラを服用すると、副作用が起こる場合があります。
レビトラを服用した場合、どのような副作用が起こるか知っておく必要があります。
また軽い副作用は、「レビトラの副作用が現れた=レビトラの効果が現れた」という事にもなりますので、レビトラが効き始めた合図となります。

レビトラ服用時の副作用に関しましては、顔のほてり・動悸・頭痛・めまい・光に過敏など御座いますが、レビトラの効果が切れると副作用も治まります。
こういった症状は、レビトラの効果によって血管が拡張され、血流が良くなったことで起こる症状です。
殆どの場合は、薬の効果が切れる頃には症状も収まる軽い副作用でしょう。
どうしても頭痛が気になる場合は、市販のロキソニンやバファリンやイブといった頭痛薬も併用が可能です。

副作用の出方は、個人差や服用量によっても違ってきます。
レビトラは医師や薬剤師に指示された用法、用量を守っていれば安全に使用出来るお薬です。
例えば10mgを服用してみて、副作用が気になるようでしたら、医師に相談し5mgに変えたりと、飲む量を調整する事でも改善が可能です。

■レビトラの副作用(重度)
極めて稀な副作用ですが、ご注意下さい。
▼急激な血圧低下
同様の血管拡張作用を持つ硝酸薬などを使用した場合や、レビトラの過剰摂取で血圧が通常よりも下がりすぎてしまった場合、命を脅かす危険を招く場合があります。
▼勃起持続症(プリアピズム)
一度もおさまること無く、4時間以上勃起が続くと痛みがではじめ、陰茎が損傷してしまいます。勃起が収まらない場合は早急な病院の受診が必要です。
こちらもレビトラの過剰摂取が引金となる場合が御座いますので、ご注意下さい。
▼アナフィラキシーショック
レビトラの成分に対してアレルギー反応を起こした場合、大変危険です。
気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど

重篤な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると命に危険を及ぼすような重篤な副作用が発生する恐れもあります。
異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。

■レビトラの副作用まとめ
・約3割の方に軽い副作用
・副作用の始まりはレビトラの効果がでてきた合図
・頭痛は市販の頭痛薬で抑えられる
・内容量の調整で副作用の強弱も調整可能
・異変を感じたら直ぐに医師の診察を受ける
副作用が発生した=レビトラの効果が現れた合図にもなります。正しく使えばレビトラは安全な医薬品ですが、使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

レビトラの併用禁忌

レビトラには一緒に服用できない薬があります。
主成分のバルデナフィルは血管を拡張させて、血流を良くする作用で、血圧を下げる効果があるため、心臓病などのお薬や血圧のお薬などと併用すると、極端に血圧が下がってしまい、レビトラと併用すると重大な副作用が起こる危険性がありますので服用できません。

レビトラの併用禁忌薬一覧

■硝酸剤※飲み薬・舌下錠・塗り薬・貼り薬・吸入薬・注射・スプレー
・アイスラール錠20mg
(ニトプロ持続静注液6mg/30mg)
・アイトロール錠10mg/20mg
(ニトプロ注)
・アイロクール錠20
(ニトラステープ)
・亜硝酸アミル
(ニトルビン錠5)
・アパティアテープ
(ニトロールRカプセル20mg)
・アンタップR
(ニトロール持続静注25mgシリンジ)
・イソコロナールRカプセル
(ニトロール錠5mg)
・イソニトール錠20
(ニトロールスプレー)
・イソピット
(ニトロール注5mg/50mg/100mg)
・イソモニット錠20mg
(ニトロール注5mgシリンジ)
・エスタット錠5mg
(ニトロール注バッグ50mg/100mg)
・L-オーネスゲン錠
(ニトログリセリン錠)
・カリアントSRカプセル20mg
(ニトログリセリン舌下錠0.3mg)
・冠動注用ミリスロール0.5mg/10mL
(ニトログリセリン注25mg/50mg)
・コバインター錠5mg
(ニトロダームTTS)
・コンスピット錠
(ニトロバイド錠5mg)
・サークレス注0.05%/0.1%
(ニトロペン舌下錠0.3mg)
・サワドールL錠
(ハイパジールコーワ錠3/6)
・サワドールテープ40mg
(バソレーター注5mg/注50mg)
・ジアセラL錠/L錠20mg
(バソレーターテープ27mg)
・シグマート錠2.5mg/5mg
(バソレーター軟膏)
・シグマート注2mg/12mg/48mg
(バンリール錠20mg)
・シグランコート錠2.5mg/5mg
(フランドル錠20mg)
・ジドレンテープ
(フランドルテープ40mg)
・シベラント錠5mg
(ヘルピニン-Rカプセル)
・硝酸イソソルビド錠
(ミオコールスプレー0.3mg)
・硝酸イソソルビドテープ
(ミオコール注5mg/50mg)
・シルビノール錠5mg
(ミニトロテープ27mg)
・ステンベルガー錠5mg
(ミリステープ5mg)
・ソプレロール錠20mg
(ミリスロール注)
・タイシロール錠20mg
(メディトランステープ27mg)
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
(リファタックL錠)
・ニコランタ錠5
(リファタックテープ40mg)
・ニコランマート錠5mg

■抗ウイルス薬 (HIV治療薬)
・インビラーゼカプセル200mg
(ノービア・ソフトカプセル100mg)
・インビラーゼ錠500mg
(ノービア・リキッド)
・カレトラ錠
(フォートベイスカプセル)
・カレトラ・ソフトカプセル
(ブリジスタ錠300mg)
・カレトラ・リキッド
(レイアタッツカプセル150mg/200mg)
・クリキシバンカプセル/200mg
(レクシヴァ錠700)

■抗真菌薬

・イコナゾンカプセル50
(イトラリール錠50/100)
・イデノラートカプセル50mg
(イトリゾールカプセル50)
・イトラートカプセル50
(イトリゾール注1%)
・イトラコナゾール錠50/100
(イトリゾール内服液1%)
・イトラコネート錠50mg
(トラコナ錠50mg/100mg)
・イトラコンカプセル50

■抗不整脈薬
・アジマリン錠
(タイリンダーカプセル)
・アミオダロン塩酸塩錠100mg
(チヨバンカプセル50mg/100mg)
・アミオダロン塩酸塩錠100mg
(ノルペース50mg/100mg)
・アミサリン錠125mg/250mg
(ノルペースCR錠)
・アミサリン注
(ピメノールカプセル50mg/100mg)
・アンカロン錠100
(ファンミルR錠)
・アンカロン注150
(ファンミルカプセル)
・ジソピラR錠
(リスピンR錠150mg)
・ジソピラミドカプセル100mg
(リスピンカプセル100mg)
・ジソピランカプセル
(リスモダンR錠150mg)
・シノベジール錠50mg/100mg
(リスモダンカプセル50mg/100mg)
・シベノール錠50mg/100mg
(リスモダンP静注50mg)
・シベノール注射液
(リスラミドR錠150mg)
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg
(リゾラミドR錠)
・シベンゾリンコハク酸塩錠50mg/100mg
(リゾラミドカプセル)
・シンビット静注用50mg
(硫酸キニジン錠)
・ソタコール錠40mg/80mg
(硫酸キニジン錠)
・ソピラート「カプセル」/カプセル100mg
(硫酸キニジン)

※性行為を行う体力自体が無い方。(医師から性行為を止められている方)
高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、レビトラを服用できません。
また、医師にレビトラの服用を禁止されている方は服用出来ません。

※半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある方。
半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を患っている方は、レビトラは服用できません。

※重度の肝機能障害の方。
レビトラの成分バルデナフィルは、肝臓で代謝される為、肝機能障害で正常にバルデナフィルが代謝されない場合、排出に時間がかかったり、血中濃度が高くなってしまう恐れがある為です。

※低血圧の方又は、高血圧の治療をおこなって血圧のコントロールがされていない方
臨床データがない為、低血圧(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は血圧のコントロールをされていない高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)の方は、安全性の確認が取れていない状態なので、レビトラの使用が禁止されています。

※網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方。
レビトラを服用すると、網膜色質変性症を悪化させる恐れがある為、レビトラの服用が禁止されています。

併用禁忌薬にないからといって、服用するのは危険です。
薬を服用している場合は、必ず医師に相談してください。
グレープフルーツを食べたり飲んだりしてしまうと、作用が強く出てしまう恐れがあり、更に、副作用も強く出る可能性があるので注意が必要です。

■レビトラの併用禁忌まとめ
・レビトラにアレルギーをお持ちの方
・硝酸剤など併用禁忌薬を使用中の方
・性行為を止められている方
・半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
・重度の肝機能障害の方
・低血圧の方
・高血圧で血圧コントロールをされていない方
・網膜色素変性症の方
上記にあてはまる方は、レビトラを使用する事が出来ない可能性があります。レビトラを使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をして下さい。