サビトラマックス【レビトラジェネリック】

サビトラマックス【レビトラジェネリック】通販1
サビトラマックス【レビトラジェネリック】通販2
サビトラマックス【レビトラジェネリック】通販3
サビトラマックス【レビトラジェネリック】通販4
簡易説明
サバメディカ社が開発したサビトラマックスは即効性のあるレビトラのジェネリック医薬品で早漏を防止する成分ダポキセチンを配合したED治療薬です。
早漏にお悩みの方は射精までの時間が長くなりますので、ナイトライフも自信が持てるようになります。
以下の方にサビトラマックスは効果的です。
・勃ちが悪くなった
・中折れをしてしまう
・勃起はするが硬さが不十分
・射精までが早い

詳細はこちら
ブランド サバメディカ 分類 対象 評価
有効成分 バルデナフィル塩酸塩水和物20mg+ダポキセチン60mg
※商品詳細(効果・副作用・使用方法・注意事項)を知りたい方は、そのままページ下部から閲覧して下さい。
成分詳細を知りたい方は、上記、青文字の成分名をクリックして頂く事で、情報引用元の別コンテンツ、医薬品データベースの閲覧が可能です。
保管方法 高温多湿を避け、幼児などの手が届かない所に保管して下さい。
サビトラマックス【レビトラジェネリック】 20mg+60mg
数量  購入する
キャンペーン

正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

サビトラマックス【レビトラジェネリック】を購入している人はこんな商品も購入しています
バイアグラジェネリックセット レビトラジェネリックセット シアリスジェネリックセット

1万円以上のご購入で送料千円が無料+次回以降使える割引ポイントが500円分付いてくるまとめ買いが人気です。
バイアグラジェネリック50錠セット。レビトラジェネリック50錠セット。シアリスジェネリック50錠セット。

サビトラマックス【レビトラジェネリック】の効果・詳細

サビトラマックスは、新薬のレビトラと同じ主成分の『バルデナフィル』になり早漏を防止する成分『ダポキセチン』を配合したEDと早漏に効果的なお薬です。
EDになると1/4の方が早漏になりやすくなると言われているので、サビトラマックスはEDと早漏を同時に解決してくれるお薬です。
EDは年齢に関係なく20代でも起こる可能性があるのです。
もちろん年齢を重ねればEDになりやすくはなります。
EDの主な原因と言われているのが、『ストレス』『不規則な生活』『運動不足』『喫煙』『飲酒』などです。
血流が悪くなることで動脈が拡がりづらくなり男性器にある陰茎海綿体に十分に血液が流れにくくなって勃起力が弱くなってしまうのです。
そうなってしまったきにED治療薬のサビトラマックスが効果を発揮してくれます。
サビトラマックスを服用すると男性器周辺の血管を拡張する働きで陰茎海綿体に血液が流れ勃起を促してくれるのです。
早漏は、性行為などですぐに射精してしまうことです。
人によっては挿入後、1分程度で射精してしまい、相手の女性を満足させられず悩んでしまうと早漏が悪化して性的コンプレックスになってしまいます。
早漏の原因で多いのが『包茎(仮性包茎)』『精神的なストレス』『もともとの体質』などがあります。
早漏に悩んでしまうと性行為に自信が持てなくなりEDになってしまうケースもあります。

『バルデナフィル』の優れている点
サビトラマックスはレビトラと同じ主成分の『バルデナフィル』ですので、水に溶けやすい性質があります。
そのため、バイアグラよりも即効性に優れていて、空腹時の服用後で15~20分ぐらいで効果が得られます。
サビトラマックスはバイアグラよりも飲食の影響を受けづらい点でも優れています。
食事の影響を受けにくいといっても脂質の多いものやお酒を飲みすぎてしまうと効果が得られないこともあるので、食べ過ぎやお酒の飲み過ぎには注意が必要です。
主成分のバルデナフィルが体内に吸収されていれば、食事の影響を受けませんので食事の30分前に服用する方法も有効です。
サビトラマックスもED治療薬の効果をより得るには空腹時をおすすめします。

サビトラマックス【レビトラジェネリック】の飲み方・使い方

主成分であるバルデナフィルは空腹時に飲むことで効果を発揮します。
食事やアルコールなどに影響を受けるためなるべく空腹時に服用して下さい。
水又は、ぬるま湯で性行為の約30分前に1錠服用して下さい。
服用は1日1錠まで、 服用間隔は24時間以上あけて下さい。
錠剤をカットするピルカッターなどをご使用頂いて成分量の調整も可能です。
用量としては、バルデナフィル10mg~20mgで適量調整を行って下さい。
服用後、15分~1時間程度で作用します。約1時間後には最高血中濃度(ピーク)に達し、効果が続く時間の目安としては、約5時間~8時間程度となります。
性行為30分前に服用が難しい場合は、効果持続時間の目安を逆算してご使用下さい。
バルデナフィルの効果作用と服用方法の詳細記事はコチラ
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

サビトラマックス【レビトラジェネリック】の副作用

【バルデナフィル副作用】
頭痛、顔のほてり、鼻づまり、顔が赤くなる、目の充血、目眩、血圧低下、動悸、頻脈、胸焼け、消化不良、下痢、視界異常など
バルデナフィルの副作用の詳細記事はコチラ

【ダポキセチン副作用】
頭痛、鼻詰まり、目眩、動悸、胃もたれなど
ダポキセチンの副作用の詳細記事はコチラ
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

サビトラマックス【レビトラジェネリック】の併用禁忌薬・使用上の注意

【バルデナフィル併用禁忌薬】
ニトログリセリン(ニトロペンほか)、硝酸イソソルビド(ニトロールほか)、ニコランジル(シグマート)、ニプラジロール(ハイパジールコーワ)、リオシグアト(アデムパス)、イトラコナゾール(イトリゾール)、アミサリン、リスモダンシベノール、アンカロン、ソタコール ほか、テラプレビル(テラビック)、リトナビル(ノービア)、インジナビル(クリキシバン)、アタザナビル(レイアタッツ)、サキナビル(インビラーゼ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ロピナビル、リトナビル(カレトラ)、オムビタスビル、パリタプレビル、リトナビル(ヴィキラックス)、ダルナビル(プリジスタ)、コビシスタット(スタリビルド)など
バルデナフィルの併用禁忌薬一覧の詳細記事はコチラ

【バルデナフィル使用禁忌】
・重い肝臓病の方
・重い腎臓病の方
・心臓病を患った事のある方
・脳卒中を患った事のある方
・極度の低血圧の方
・高血圧(管理していない方)
・網膜色素変性症
・性行為が行える体力の無い方

【ダポキセチン併用禁忌薬】
・抗生物質
・抗真菌薬
・HIV治療
NYHAⅡ~Ⅳの心不全の方、恒久的ペースメーカー治療を受けていない2~3度の房室ブロック、洞不全症候群の方、重度の虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、重度の心臓弁膜症などの方は服用が禁止されています。
ダポキセチンの併用禁忌の詳細記事はコチラ
※上記に該当する場合、使用出来ない可能性が高いので、医師や薬剤師にご相談下さい。
ダポキセチンの詳細を知りたい人はこちらへバルデナフィルの詳細を知りたい人はこちらへ

サビトラマックス【レビトラジェネリック】のクチコミ・レビュー

口コミ・レビューのリニューアルに関しまして

これまではどなたでも口コミ・レビューを投稿する事が可能でした。
口コミ・レビューの信頼性を高める為、実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂きました。
これに伴い、2018年7月3日より、以前に投稿のあった口コミ・レビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、口コミ・レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品の口コミ・レビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。
皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

海外薬局お買い物ガイド