ED治療薬

ED治療薬、勃起薬ジェネリックの個人輸入代行メデマートは、メーカー正規品100%保証・プライバシー厳守・電話注文も可能です。

ED治療薬売れ筋ランキング

  • ED治療薬 総合
  • バイアグラ
  • レビトラ
  • ザイデナ
  • シアリス
  • ステンドラ
  • EDサプリ
  • ED+早漏改善

ED治療薬の商品一覧

ED治療薬関連記事

EDやED治療薬の関連記事・お客様からいただくよくあるご質問を下記にまとめました。

EDの治療

EDの治療とは画像

ED(勃起不全)は、生命を脅かすものではありませんし、痛みがあるわけでもありませんので、治療に踏み出さない人も少なくなりません。
治療しない人の中には自分がEDであることを認めたくなく治療に踏み切らない方が大勢います。
最近では20代の若い世代にもEDの症状が出ています。成人男性の3人に1人が一度はEDに悩んだことがあるというデータもあります。

勃起が不十分なために感じてしまう男性としての自信喪失は、職場や家庭などの中での自信低下にもつながってしまい、日常生活にさまざまな悪影響を与えてしまうとされています。
近年の医学界では病気そのもの、または治療によってもたらされる生活の質(クオリティオブライフ)の低下が問題視されています。
ED治療でも、満足な勃起ができるようになる事はもちろんですが、気持ちの面でも症状が無かった時のように自然な感覚を取り戻す事が望ましいとされています。

経口薬でED治療

経口薬でED治療画像

また、ED治療が推奨される理由として、ED治療は経口薬を服用するだけという簡易さがあります。副作用が少なく、有効性が80%以上と高いのがその理由です。頻繁に病院に通う手間もありませんので、治療を継続する事が難しくありません。バイアグラ・レビトラ・シアリス・ステンドラ・ザイデナといった、ED治療薬を服用したことでEDが改善され、自信を取り戻しEDを克服される方も多いです。

現在では、世界中でED治療薬の服用による治療が一般的になっており、多くのED患者が治療をしています。近年では、EDが血管障害や生活習慣病の予兆であると考えられています。
アメリカのED患者を対象とした調査では、高血圧や脂質異常症などの生活習慣病を合併している割合が極めて高いという結果が出ています。そして、その後に循環器疾患の発生率が優位に高いという結果も出ているのです。
EDは、全身の血管障害の中で一番初めに起こるものの一つで、自覚症状がはっきりあるものです。
この段階で、他の病気が合併していないか把握して、合併しているようならED治療と同時に治療していく事が理想的と言えるでしょう。

EDは、その他の病気を早期発見できるように身体からのサインでもあるのです。勃起に大事な血管障害を起こさないように健康管理・食生活・喫煙などに気をつけましょう。 歳を取ったからしょうがないではなく、70歳でも80歳でもED治療薬を使わなくても勃起する方もいます。また EDの原因であるストレスを溜めないようパートナーと話し合いED治療をするのが望ましいです。

ED治療薬とED治療薬ジェネリックの違い

先発薬とジェネリック薬の違い画像

バイアグラから始まり、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナと現在は5種類のED治療薬が開発され販売されています。

ED治療薬ジェネリックとは、新薬を開発した製薬会社が持っている特許の有効期限が切れた後に、別の製薬会社が同じ成分を用いて開発した薬がジェネリックです。 製薬会社によって製法や添加物等に多少の違いは有るものの、同じ主成分を配合しているので効果や副作用などほぼ同等です。

ジェネリック薬を開発する際は、既に開発された成分を用いる為、開発費を大幅に抑える事が出来ます。その為、販売価格を安い値段に設定することが出来るのです。
ED治療薬ジェネリックは、新薬である『バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナ』よりも安い価格で購入する事が出来る為、人気な理由のひとつです。

また、ジェネリックの開発には、新薬の問題点を改善したり、より使い勝手や効果を高める為に、改良される事もあります。
例えば、錠剤よりも吸収効率を良くする為や、水が無くとも簡単に服用出来るようにと、ゼリータイプへ改良されたED治療薬ジェネリックも開発されています。

これは、錠剤が苦手な方にも服用しやすくする為の工夫の1つです。

また、EDと併発して起こりやすい早漏に対しても同時に治療がおこなえるようにと、ED治療薬と早漏防止薬を1錠にまとめたタイプや、肥満や体型が大きく、通常のED治療薬では効果が弱い方の為に、バイアグラ+レビトラやバイアグラ+シアリスなど、2種類のED治療薬を混合型した強力なED治療薬ジェネリックも開発されております。

ED治療薬ジェネリックは、新薬よりも2割~6割程度値段も安く、品質も同等以上で使い勝手が良いという点が、人気の高い理由です。

ED治療薬とED治療薬ジェネリックの違いまとめ

  • ED治療薬は血流を改善し勃起を助ける
  • 成人男性の3人に1人がEDで悩んでいる
  • ED治療薬とED治療薬ジェネリックの同じ主成分を使っている
  • ED治療薬ジェネリックは新薬よりも安い
  • ED治療薬ジェネリックは新薬を改良した物が多い
  • ED治療薬ジェネリックは使い勝手の良い混合型がある

上記のようにED治療薬と比較してもED治療薬ジェネリックは多数のメリットを持っています。

【ジェネリックを含むED治療薬の商品一覧はコチラ】

ED治療薬を病院で購入する方法と値段

ED治療薬を病院で購入する方法と値段画像

ED治療薬を購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、病院でED治療薬を購入する方法をご説明していきます。

ED治療薬は、専門医のいる泌尿器科での処方が基本となりますが、病院によっては内科などでも処方をおこなっている病院もありますので、事前にED治療薬の処方が可能かどうか、病院に確認する必要があります。
病院でED治療薬を処方して頂いた場合、健康保険は適応外となる為、全額自己負担となります。

ED治療薬を病院で処方してもらう際の値段ですが、初診料や診察料、場合によっては検査料等が必要となる為、約2,500円~10,000円の費用が必要となります。 また、その他にED治療薬を必要な錠数分薬代が必要となります。

日本国内で認可済みのED治療薬は、『バイアグラ、レビトラ、シアリス』があります。
1錠あたり約1,500円~2,000円程度で販売されていますが、病院によっても価格は異なります。
日本国内でもバイアグラのみジェネリックの処方が開始されており、約1,000円程度で販売されています。

ED治療薬を病院で購入する方法と値段まとめ

  • ED治療薬は泌尿器科や内科などで処方が可能【要確認】
  • ED治療薬は保険適応外の為、全額自己負担
  • ED治療薬1錠あたり約1,500円~2,000円程度
  • バイアグラのみ国産ジェネリックの取扱があり1錠あたり約1,000円程度
  • 病院によって薬代と別に初診料や診察料、検査料などが必要
  • ED治療薬1錠を処方してもらう場合、約4,000円~10,000円程度必要

上記のように病院によっても価格は異なりますが、健康保険が適応外となる為、高額になる可能性があります。

ED治療薬を通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段

ED治療薬を通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段画像

ED治療薬を購入するには、病院で処方してもらうか、インターネット通販で個人輸入代行業者から購入する2種類の方法が御座います。
それでは、メデマートのようなインターネット通販で個人輸入代行業者からED治療薬を購入する方法をご説明していきます。

ED治療薬はインターネットを利用して通販(個人輸入代行)で購入する事も可能です。
個人で利用する場合に限り、量など細かな制限はありますが、処方せん不要で海外から処方薬を個人輸入する事が認められています。

個人輸入代行業者に依頼する事で、通販で購入するのと変わらず簡単にED治療薬を購入する事が出来ます。

新薬で購入出来るED治療薬は『バイアグラ、レビトラ、シアリス、ステンドラ、ザイデナ』と日本で取扱の無いED治療薬も購入可能です。 新薬のED治療薬1錠あたりの値段は、1,215円~1,800円で購入が可能です。 またED治療薬ジェネリックの種類も豊富で、1錠あたり150円~567円と安い値段で購入する事が可能です。

ニュースなどでも話題となりましたが、多くの粗悪品や偽物が通販や個人輸入で流通しているうち約4割を占めているのも事実です。
勿論、粗悪品や偽物を使用した場合、正規品とは配合されている成分量が異なり、多すぎれば効き目が強すぎて副作用の危険が高まりますし、少なければ本来得られるはずの効果がなくなってしまい、ED治療薬が効かなかったなんて事もあります。

また、偽物や粗悪品は不衛生な環境で作られることが多い為、本来正規品には入っていない不純物が混ざっている可能性があります。
そういった場合は、体へ何らかの影響を及ぼす可能性も高い為、通販(個人輸入代行)で購入する場合は信頼出来る業者から購入する事が必須となります。

お客様に安心してED治療薬やED治療薬ジェネリックを購入して頂くために、私共、メデマートでは、100%メーカー正規品保証をおこなっております。
取扱している全ての商品はメーカー正規品の物となっておりますので、安心・安全にご利用頂けます。

ED治療薬を通販(個人輸入代行)で購入する方法と値段まとめ

  • ED治療薬を処方せん無しで購入が出来る【来院不要】
  • 購入方法は普通の通販サイトと同じく簡単に注文可能
  • メデマートでは新薬のED治療薬1錠あたり1,215円~1,800円と低価格
  • ED治療薬ジェネリックの種類も豊富で1錠あたり150円~567円と安く購入可能
  • 通販(個人輸入代行)で流通しているED治療薬の約4割は偽物や粗悪品
  • 粗悪品や偽物を使用すれば健康を害する可能性がある

上記のように通販(個人輸入代行)を利用する場合、信頼できる業者からの購入が必須となります。

ED治療薬の正しい飲み方

ED治療薬の正しい飲み方

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に効果を引き出すタイミングが変わりますので、詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の効果を最大限引き出す事が可能な正しい飲み方をご覧下さい。

シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)の正しい飲み方

バルデナフィル(レビトラ)の正しい飲み方

タダラフィル(シアリス)の正しい飲み方

アバナフィル(ステンドラ)の正しい飲み方

ウデナフィル(ザイデナ)の正しい飲み方

ED治療薬の効果を引き出す正しい飲み方まとめ

  • 性行為の約1時間前に飲む
  • お水で飲む
  • ED治療薬は空腹時に飲むのが1番効果的
  • 食事後に服用する場合は、2時間以上経過してから飲む
  • 食事をする場合は脂質の多い物は避け、軽めにする
  • アルコールも控えめにする
  • ED治療薬の服用は1日1回まで
  • 服用間隔は24時間以上あける

ED治療薬は正しい飲み方をしないと、効果が弱ったり、効かなくなくなってしまいます。ED治療薬を飲んだけど効かなかったと言う方は、一度正しい飲み方をしているかチェックしてみましょう。

ED治療薬の仕組み(メカニズム)

ED治療薬の仕組み(メカニズム)画像

ED治療薬(内服薬)とは?

世界初、内服するタイプのED治療薬バイアグラが1998年に登場して以来、ED治療に関して画期的な革新がもたらされました。
バイアグラが登場するまでのED治療では、事前に準備をし器具を装着して勃起した状態を維持をするといった方法。尿道へ薬剤を注入する事で強制的に勃起をさせる方法。直接ペニスへ注射で薬剤を注入して強制的に勃起をさせる方法。手術をして器具を埋め込み、勃起状態を手元の器具で調整する方法など、様々な方法がありましたが、使用するまでのハードルが高かったのも事実です。
そこで、他のお薬と同様に、水で服用するだけでED治療効果が得られるといった、手軽な使用方法が大きいでしょう。
また、ED治療薬の素晴らしい所は、その作用の仕組みにありますが、強制的な勃起ではなく、自然と同じ状態で起こる効果でしょう。
自分の意思と関係なく勃起を引き起こす訳ではなく、通常と変わらずに脳が性的興奮を感じたり、ペニスへの直接的な刺激を感じる事で勃起が起こります。
この自然な効果も使い勝手の良い理由の1つでしょう。
但し、全ての方がED治療薬を使える訳ではありません。ED治療薬を使用できない人もいるので、注意が必要です。

ED治療薬の仕組み

現在、販売されているED治療薬には、シルデナフィル(バイアグラ)、バルデナフィル(レビトラ)、タダラフィル(シアリス)、アバナフィル(ステンドラ)、ウデナフィル(ザイデナ)と5種類の成分がありますが、その基本的な作用はどれも同じで、PED5阻害薬と呼ばれるものです。
各成分が、勃起に深く関わっているPED5の働きを阻害する事で、勃起がし易い状態を作り出します。
ペニス内部にある陰茎海綿体と呼ばれる箇所は、内部がスポンジ状の組織となっており、そこへ血流が流れ込み血液が溜まる事で、勃起が起こります。
まず、勃起が起こるまでの流れですが、ペニスに直接刺激を受けたり、脳が性的興奮を感じる事で、脳から勃起を促す為の司令が陰茎海綿体へ送られます。その司令を受取ると、陰茎海綿体周辺ではNO(一酸化窒素)の分泌が開始します。
NOが分泌されると、勃起に非常に重要なcGMP(環状グアノシン一リン酸)という物質が増加します。このcGMPには、血管を拡張する作用があり、陰茎海綿体周囲の血管を拡張させる事で、結果的に血液を流れ込ませ勃起状態を作ります。
普段はこの血管が収縮している為、血液が陰茎海綿体へ流れ込まない状態を作っています。それは、PED5の働きによって、cGMPが分解されているからです。

①性的興奮→②NO放出→③cGMP増加→④勃起→⑤PED5増加→⑥通常状態

EDの原因は様々ですが、多くの方はこのPED5とcGMPのバランスが崩れることで勃起が起こらなかったり、勃起してもその維持が出来ずに中折してしまったりするのです。
そこで、ED治療薬を服用すると、cGMPを分解してしまうPED5の働きを阻害する事が出来るのです。すると、cGMPは分解されにくくなるので、勃起がし易い準備状態を作る事が出来るのです。
このED治療薬の作用によって、高い有効率を発揮しています。

ED治療薬の効果

ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に効果時間や特徴が変わりますので、詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の効果ををご覧ください。

シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)の効果

バルデナフィル(レビトラ)の効果

タダラフィル(シアリス)の効果

アバナフィル(ステンドラ)の効果

ウデナフィル(ザイデナ)の効果

ED治療薬の効果まとめ

  • cGMPを抑制するPDE-5が多いと勃起しにくい状態となる
  • ED治療薬の主成分は勃起を抑えてしまうPDE-5の働きを抑える
  • cGMPが増加するとペニス周囲の血管を広げ勃起を促進する効果を持つ
  • 仕組みは一緒だがED治療薬の種類によって効果が変わる

ED治療薬の主成分が勃起しやすい状態になるようバランスを取る事で、男性器周囲の血流を改善します。

ED治療薬の副作用

ED治療薬の副作用画像

ED治療薬の副作用

・顔面のほてり
・頭痛
・鼻詰まり
・目の充血
・動悸
・消化不良
・頭痛
・背部痛
・筋痛
・四肢痛 など
ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に副作用も変わりますので、詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の副作用をご覧ください。

シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)の副作用

バルデナフィル(レビトラ)の副作用

タダラフィル(シアリス)の副作用

アバナフィル(ステンドラ)の副作用

ウデナフィル(ザイデナ)の副作用

ED治療薬は医薬品となる為、副作用が起こる場合があります。
ED治療薬を服用した場合、どのような副作用が起こるか知っておく必要があります。
軽い副作用は「ED治療薬の副作用が現れた=ED治療薬の効果が現れた」という事にもなりますので、ED治療薬が効き始めた合図ともなります。
ED治療薬は男性器の血流を良くすることで勃起不全を改善しますが、もちろん男性器だけでなく、体中の血流も良くなります。
それにより、顔面のほてり、頭痛、めまい、鼻みず、鼻づまり、腹痛、消化不良、腰背痛、筋肉痛、まれに視覚異常などの症状が出る可能性もあります。
殆どの場合は、薬の効果が切れる頃には症状も収まる軽い副作用でしょう。
どうしても頭痛が気になる場合は、市販のロキソニンやバファリンやイブといった頭痛薬も併用が可能です。
副作用の出方は、個人差や服用量によっても違ってきます。
ED治療薬は医師や薬剤師に指示された用法、用量を守っていれば安全に使用出来るお薬です。
例えばバイアグラ50mgを服用してみて、副作用が気になるようでしたら、医師に相談し25mgに変えたりと、飲む量を調整する事でも改善が可能です。

ED治療薬副作用(重度)

極めて稀な副作用ですが、ご注意ください。

急激な血圧低下
同様の血管拡張作用を持つ硝酸薬などを使用した場合や、ED治療薬の過剰摂取で血圧が通常よりも下がりすぎてしまった場合、命を脅かす危険を招く場合があります。

勃起持続症(プリアピズム)
一度もおさまること無く、4時間以上勃起が続くと痛みがではじめ、陰茎が損傷してしまいます。勃起が収まらない場合は早急な病院の受診が必要です。
こちらもED治療薬の過剰摂取が引金となる場合が御座いますので、ご注意ください。

アナフィラキシーショック
ED治療薬の成分に対してアレルギー反応を起こした場合、大変危険です。
気持ち悪い、冷や汗、顔面蒼白、手足の冷え、手足の痺れ、じんましん、全身発赤、顔の腫れ、喉の腫れ、呼吸困難、目眩、血圧低下、意識が遠のくなど

重篤な副作用の発生率は低いですが、用法や用量を間違えると命に危険を及ぼすような重篤な副作用が発生する恐れもあります。
異変を感じた場合は、直ぐに医師の診察を受け指示に従いましょう。

ED治療薬の副作用まとめ

  • 副作用の出現がED治療薬の効果がでてきた合図
  • 頭痛は市販の頭痛薬で抑えられる
  • 内容量の調整で副作用の強弱も調整可能
  • 異変を感じたら直ぐに医師の診察を受ける

副作用が発生した=ED治療薬の効果が現れた合図にもなります。正しく使えば、ED治療薬は安全な医薬品ですが、使い方を間違えると重篤な副作用を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。

ED治療薬の併用禁忌

ED治療薬の併用禁忌

ED治療薬の併用禁忌

ED治療薬の副作用は一般的なお薬と比べても重くはありませんが、注意が必要なのは間違えて併用禁忌などを使用してしまった際の副作用です。
飲み合わせの悪いお薬などを併用していまったり、ED治療薬を服用出来ない方が飲んでしまった時の副作用が、時には命に関わる場合もあるので注意が必要です。
ED治療薬には複数の種類があり、成分毎に併用禁忌や注意点も変わりますので、 詳細に関しては、下記の各種ED治療薬の併用禁忌をご覧ください。

シルデナフィルクエン酸塩(バイアグラ)の併用禁忌

バルデナフィル(レビトラ)の併用禁忌

タダラフィル(シアリス)の併用禁忌

アバナフィル(ステンドラ)の併用禁忌

ウデナフィル(ザイデナ)の併用禁忌

ED治療薬を服用出来ない方

ED治療薬に含まれている成分に、アレルギーをお持ちの方
ED治療薬の成分にアレルギーをお持ちの方は、アレルギー反応を起こしてしまう為、服用できません。

硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤と使用中の方。
狭心症や不整脈のお薬とED治療薬を絶対に併用しないで下さい。
ED治療薬は血管を拡張する事で血圧が低下します。そこへ、血圧を低下させる作用のお薬を更に飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎて大変危険です。
血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。

ED治療薬と併用禁止(硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤)
・ニトログリセリン
・硝酸イソソルビド
・一硝酸イソソルビド
・ニコランジル
・亜硝酸アミル

ED治療薬と併用禁止(抗不整脈薬)
・塩酸アミオダロン

性行為を行うだけの体力が無い方。(医師から止められている方)
高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、ED治療薬を服用できません。また、医師にED治療薬の服用を禁止されている方は服用出来ません。

半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を患っている方は、ED治療薬は服用できません。

重度の肝機能障害の方
ED治療薬の成分は、肝臓で代謝される為、肝機能障害で正常に代謝されない場合、排出に時間がかかったり、通常以上の血中濃度になってしまう恐れがある為です。

低血圧の方又は、高血圧の治療をおこなって血圧のコントロールがされていない方
臨床データがない為、低血圧(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は血圧のコントロールをされていない高血圧(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)の方は、安全性の確認が取れていない状態なので、ED治療薬の使用が禁止されています。

網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方
ED治療薬を服用すると、網膜色質変性症を悪化させる恐れがある為、ED治療薬の服用が禁止されています。

ED治療薬の併用禁忌まとめ

  • ED治療薬にアレルギーをお持ちの方
  • 硝酸剤など併用禁忌薬を使用中の方
  • 性行為を止められている方
  • 半年以内に心筋梗塞・脳梗塞・脳出血の既往歴がある方
  • 重度の肝機能障害の方
  • 低血圧の方
  • 高血圧で血圧コントロールをされていない方
  • 網膜色素変性症の方

上記にあてはまる方は、ED治療薬を使用する事が出来ない可能性があります。ED治療薬を使用する前に、医師又は薬剤師に使用しても問題ないか必ず確認をしてください。

ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説

※下記の漫画は横にスライドしてお読みください

  • ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説1ページ
  • ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説2ページ
  • ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説3ページ
  • ED治療薬の通販購入を漫画で詳しく解説4ページ

ED治療薬ジェネリックの効果・副作用や価格徹底比較

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」「ステンドラ」の、ED治療薬ジェネリックを購入することもできます。製造会社が違うだけで成分や製造方法は同じですので効果も同じものになります。ジェネリック医薬品なので1/4程度の金額で購入することもできます。
ED治療薬の新薬には、開発された時に特許が取得されています。
特許期間中は、同成分を配合したED治療薬は他の製薬会社から販売が出来ませんので、市場で独占して販売されます。
これは、医薬品を開発する際に、膨大な開発費と開発期間をかけている為、開発までにかかった資金の回収と、利益や次の新薬の開発費を得る為です。
こういった処置をしないと、新薬を開発するメリットがなくなってしまう為、お薬の発展がしなくなってしまう為、その権利が守られているのです。
特許が切れると、他の製薬会社からも同様のお薬が開発されますが、このお薬を、ジェネリック薬(後発薬)といいます。
ジェネリックは、新薬で安全性が実証されている同成分を使っているので、安心して利用できます。
やはり、人気のある新薬には需要が高い為、多数のジェネリック医薬品が開発されるのです。
ED治療薬ジェネリックは特に需要が高い為、相当数のジェネリック医薬品が開発されています。
近年では多くのED治療薬が存在していますが、特に三大ED治療薬と言われ有名なのが「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」となります。それぞれに特徴がありますが、性行為の1時間~3時間前に服用する経口薬です。

ED治療経口薬

三大ED治療薬の大きな特徴

・「バイアグラ=勃起力」
・「レビトラ=即効性」
・「シアリス=持続力」
それぞれに長所短所がありますので、好みに合わせて選ぶ事ができます。
ED治療薬の入手方法としては、日本の医療機関で医師の診断を受ければ、「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」を入手する事ができます。
しかし、近年では医療機関でEDの診断を受ける事に抵抗を持っていたり、そもそも医療機関に行く手間や時間が作れないという理由から、【医薬品の個人輸入】で入手する人が増加しています。
【医薬品の個人輸入】とは、厚生労働省が定めているルールを守れば、海外から個人が直接医薬品を買い付ける事ができるというものです。ルールといっても難しいものではなく「個人が適切な量を自分自身の使用目的のため」という事となります。もちろん麻薬のように違法な薬物は輸入する事はできません。
もともとは、海外で受けた薬物療法(日本では認可されていない医薬品)を日本でも継続できるように認められたものですが、この【医薬品の個人輸入】を利用する事によって、海外の医薬が入手できるのです。海外の医薬品ですので、処方せんは必要ありません。
バイアグラ・レビトラ・シアリスの特徴
ED治療薬には、特徴・効果・持続時間・副作用もそれぞれ違いがあります。
効果にも個人差があり、効き方も副作用も人それぞれ異なります。
人によってはバイアグラが一番効果があるいう人もいれば、レビトラ方が効果があるという人、シアリスが一番効果があるという人もいます。
ですので、ご自身で飲み比べをして、どの薬が一番効果があるか試す方もいます。
強い勃起力を求めたいときはバイアグラ
即効性を求めたいときはレビトラ
長時間の効果を得たいときはシアリス
と使い分けている方もいます。
共通する点は、性的興奮や刺激を受けることで、勃起を促す効果です。
ED治療薬は『PDE-5阻害薬』とも呼ばれています。
血管を拡張させるので、 「顔のほてり」「目の充血」 「動悸」 「頭痛」 「鼻づまり」などの副作用はED治療薬を服用すると出てしまいます。
ほとんどは性行為には影響はありません。
ED治療薬の効き始めの合図と思ってください。
「頭痛」「鼻づまり」がひどい場合は、市販の薬と併用しても問題ありません。

ED治療薬の種類
バイアグラ レビトラ シアリス
1錠あたり 1,215円 1,405円 1,451円
主成分 シルデナフィル バルデナフィル タダラフィル
用量 50mg・100mg 20mg 10mg・20mg
効果があらわれるまで 30分~1時間 15~45分 1~3時間
持続時間 4~6時間 5~8時間 24~36時間
勃起力
食事の影響 ×
アルコールの影響 適量のアルコールであれば問題ありません
副作用 ×
認可取得 1999年 2004年 2007年
認可取得

バイアグラ・レビトラ・シアリスなどのED治療薬は、服用することで、体内の血管を拡張させる作用で、血流が良くなります。
血流が良くなる事で、陰茎海綿体に血液が流れやすくなり、勃起を促す事が出来ます。また、ED治療薬には依存性はありませんので、安心して服用することができます。
(併用禁忌薬がありますので、薬を服用している方は医師や薬剤師にご相談ください)
ED治療薬を服用したけど、勃起しなかったという方も多いと思います。
ED治療薬は正しく服用しなければ効果が得られないことがあります。
特にバイアグラは食事の影響を受けやすいです。
空腹時に服用していれば問題はないのですが、食事の後に服用すると、胃の中に食べ物があるのでバイアグラの吸収を邪魔してしまいます。
しっかりと腸で吸収されないと、バイアグラの効果が得られません。
食事の予定がある場合は、バイアグラが吸収される時間の30分~1時間前に服用してください。
バイアグラが吸収されていれば、その後に食事をしても問題ありません。
レビトラやシアリスは食事の影響を受けにくいとなっていますが、バイアグラ同様に空腹時の方が、より効果が得られます。
レビトラは効果があらわれるまで早いので、食事の前の15~20分前に服用していれば問題なく効果が得られます。
シアリスは体内での吸収に時間がかかるので、食事をする際は早めの服用をオススメします。 食事をする場合は、脂っこいものは避けてください。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン