パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

シアリス

シアリスの効果と副作用詳細

シアリスついて

シアリスの歴史
シアリス通販

シアリスバイアグラレビトラに次いで、日本国内で3番目に販売されたED治療薬です。
アメリカの大手製薬会社イーライリリー社です。
世界的には2003年にFDA(米国食品医薬品局)から承認を受けました。日本では2007年に厚生労働省に認可されました。

シアリスは2013年に ED治療薬の全世界シェアで42%を占め、バイアグラを抜いて 世界で一番使われているED治療薬となりました。世界100ヵ国以上で1,000万人以上が使用しています。
シアリスの人気の理由に「 ED(勃起不全)改善率」が高いことが上げられます。 約1,100人を対象にした臨床試験で81%の治験者のEDが改善したというデータがあります。

シアリスの特徴は『持続時間が36時間』もあります。
長い持続時間があることから「ウィークエンド・ピル」とも呼ばれています。
金曜日の夜に服用すると、日曜日のお昼まで効果が持続されます。
個人差はありますが持続時間が最長48時間の効果があったという報告もあります。

また、シアリスはバイアグラやレビトラと比べると自然な勃起をしてくれます。バイアグラやレビトラで勃起力が強すぎたという方にはオススメです。

シアリスの主成分のタダラフィルはED治療薬の他にも肺動脈性肺高血圧症や前立腺肥大症にも効果があります。

シアリスの効果について

シアリスの主成分:タダラフィル
シアリスとタダラフィル通販

シアリスの主成分『タダラフィル』は勃起を抑制する酵素「ホスホジエステラーゼタイプ5(PDE-5)」を抑える効果があります。
PDE-5阻害薬とも呼ばれています。
陰茎海綿体周辺で、PDE-5が増加するとcGMPが分解されてしまいます。 cGMPは海綿体周辺の筋肉を緩ませ、血管を広げて勃起をサポートする役目があります。
普段はPDE-5が増加している状態なので、勃起はせずに陰茎海綿体に必要な栄養を送る程度の血液しか流れていません。

そこで、タダラフィルが作用するとPDE-5を阻害する事で、陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上昇します。
陰茎海綿体内部のcGMP濃度が上昇すると、陰茎海綿体のバルブ的役割をしている筋肉が緩む事で血管が広がり、性的興奮や刺激を受けた際に陰茎海綿体内に多くの血流を流す事が出来るので、 勃起を促し維持させる効果があります。

シアリスの正しい効果的な飲み方

シアリスの服用方法
シアリスの効果作用と服用方法

シアリスの効果的な飲み方
シアリスは、バイアグラやレビトラに比べると飲むタイミングはとても簡単です。
ですが、シアリスもお薬です。正しい飲み方を確認して下さい。
シアリスの効果を最大限引き出す飲み方をご紹介致します。

シアリスの正しい飲み方
シアリスは、服用後約3時間程度で血中濃度のピークが現れます。
その為、服用するタイミングは性行為の約3時間前を目安にシアリスを服用して下さい。
その後、緩やかに効果は落ち始め、服用後20時間~36時間程度効果が続きますが、シアリスは効果が切れた後、24時間の休憩を挟まないと次の服用はできません。
シアリスを服用した場合、必ず次の服用まで効果終了後から24時間以上あけて下さい。
主成分のタダラフィルは水に溶けにくい性質であるため、体に吸収される迄の時間が長く、効果があらわれるまで時間がかかってしまいますが、その分、持続時間が長くなっています。
シアリスは食事の影響を受けにくいと言われていますが、製薬会社の発表では800kcalまでは食事の影響を受けないとなっています。
具体的に言うと、カレー屋さんのカレーライスや牛丼並盛りなどです。

シアリスは水で飲むのが1番効果的
これは、シアリスだけではなく、錠剤のお薬全般に言える事ですが、お薬が作られる際に、水で服用する事を前提に作られています。
これはシアリスが水に溶けて体に吸収されるタイミングなど、効果を最大限引き出すように設計されている為です。
その為、水無しや水以外の飲物で服用すると、錠剤の溶ける時間が変更されるので、本来の効果を発揮できなくなってしまう可能性が御座います。
お茶やアルコールなどで服用する場合が特に多いですが、水で服用するより効果が下がる場合があります。
脂肪分が含まれる牛乳などと一緒に服用した場合、シアリスが吸収されにくくなる可能性が高くなるので注意が必要です。
シアリスを細かく砕いて服用しても、早く効くことはありません。また、コーティングが無くなる為、苦味を感じる場合があります。
それでも十分に効いている方には問題ないかもしれませんが、確実にシアリスの効果を引出したい方は、水で飲みましょう。

シアリスは空腹時に飲むのが1番効果を引き出せる
シアリスは、水と一緒に胃の中で溶けて、主成分タダラフィルは胃や腸から吸収されます。
シアリスは、バイアグラやレビトラ等のED治療薬と比べると、食事の影響を1番受けにくいお薬ですが、やはり、胃の中に食物が入っている場合は、吸収率が変わってしまいシアリスが吸収されにくくなる場合があります。
特に、満腹まで食べてしまった場合や、脂肪分の多い食事を取った時など、吸収力が低下しますので、注意が必要です。
食事に含まれている脂肪分が胃や腸の粘膜へ油膜を張ります。
油膜は食後6時間~7時間程度取れません。
シアリスの主成分タダラフィルは、この油膜を通過しにくくなってしまう為、体に吸収されにくくなってしまい、本来の効果が得られない場合があります。
1番シアリスの効果を引出したい場合は、全てのED治療薬と同じですが、空腹時に服用して下さい。
また、どうしても食事などを取らなければいけない場合は、下記の方法が御座います。

・食事の3時間程度前にシアリスを服用する事で、事前に体へシアリスを吸収させる方法です。
シアリスの効果のピークは飲んで約3時間後、それ以降は緩やかに低下していきます。
シアリスの特性である、効果時間が20時間~36時間続きますが、一度体内へ吸収されてしまえば気にせず食事を取る事が可能です。

・脂肪分の多い食事を抑え、尚且つ食事の量を減らし、食後2時間程度経過してから服用する。
空腹時より吸収力は低下しますが、食後2時間以上間をあけることで、吸収力への影響が少ないと言われています。

シアリス服用時の注意点
シアリスの効果を最大限に発揮させるには、空腹時に服用したほうが体内への吸収率が高くなるので、効果があらわれるまで早くなります。
タダラフィルが体内に吸収されていれば、食事の影響を受けません。
シアリスは持続時間が長いので、早めに服用することをオススメします。
また、アルコールの過剰摂取は、効果を弱めてしまう可能性があります。
適度なアルコール量でしたら、リラックス効果が働き、より効果を得られることもあります。お酒の飲みすぎにはご注意ください。

シアリスの副作用について

シアリスの副作用
シアリスの副作用

シアリスの主な副作用は、顔のほてり・めまい・動悸・頭痛などの症状が出ることがあります。
こういった副作用は、シアリスが効き始めた時の合図位に思ってください。 シアリスの有効成分タダラフィルが、体内に吸収された事によって、副作用が出ると同時に、シアリスの作用も出ます。
副作用の頭痛が気になる場合は、市販の頭痛薬と併用しても問題ありません。

下記に、シアリスが日本国内で承認された時の臨床試験データをまとめました。
257人中、70人(27.2%)の方に副作用か検査値異常が認められました。

下記は、主な副作用です。
・頭痛        29人(11.3%)
・潮紅        13人( 5.1%)
・ほてり        9人( 3.5%)
・消化不良       6人( 2.3%)

続いては、海外で行われた時の臨床試験データです。
2,047人中、599人(29.3%)の方に副作用か検査値異常が認められました。

下記は、主な副作用です。
・頭痛        258人(12.6%)
・消化不良      139人( 6.8%)
・背部痛        63人( 3.1%)
・筋痛         57人( 2.8%)
・潮紅         51人( 2.5%)
・鼻詰まり       35人( 1.7%)
・四肢痛        34人( 1.7%)

シアリスには併用禁忌薬があります。
主成分の「タダラフィル」は血管を拡張させて、血流を良くする作用で、血圧を下げる効果があるため、心臓病などのお薬や血圧のお薬などと併用すると、極端に血圧が下がってしまい、シアリスと併用すると重大な副作用を及ぼす危険性がありますので服用できません。

シアリスの併用禁忌

シアリスの併用禁忌薬一覧

■硝酸剤※飲み薬・舌下錠・塗り薬・貼り薬・吸入薬・注射・スプレー
・アイトロール錠10mg/20mg
(ニトラステープ)
・アイスラール錠20mg
(ニトルビン錠5)
・アイロクール錠20mg
(ニトロールRカプセル20mg)
・亜硝酸アミル
(ニトロール錠)
・アパティアテープ
(ニトロールスプレー)
・アンタップ/R
(ニトロール注5mg/50mg/100mg)
・イソコロナールRカプセル
(ニトログリセリン錠)
・イソニトール錠20
(ニトログリセリン注-ACC)
・イソピット
(ニトロシンパフ)
・イソモニット錠20mg
(ニトロスロー錠)
・イブステン錠5
(ニトロダームTTS)
・エスタット錠5mg
(ニトロバイド錠5mg)
・L-オーネスゲン錠
(ニトロフィックス5/10)
・カリアント錠10
(ニトロペン錠)
・カリアントTPカプセル
(ニトロラム)
・冠動注用ミリスロール0.5mg/10ml
(ニプラノール点眼液)
・コバインター錠5mg
(ハイパジールコーワ錠3/錠6)
・コンスピット錠
(ハイパジールコーワ点眼液)
・サークレス注0.05%/0.1%
(バソレーターRB2.5)
・サワドールL錠
(バソレーター注5mg/注50mg)
・サワドールテープ/S
(バソレーターテープ)
・ジアセラL錠
(バソレーター軟膏)
・シグマート錠2.5mg/5mg
(フランドル)
・シグマート注2mg/12mg/48mg
(フランソルテープS)
・シグランコート錠2.5mg/5mg
(ペネティISDNテープ)
・ジドレンテープ
(ヘルツァーS)
・シベラント錠5mg
(ヘルピニン-Rカプセル)
・シルビノール錠5mg
(ホクスノールLカプセル)
・硝酸イソソルビド錠
(ミオコールスプレー)
・硝酸イソソルビドテープ
(ミニトロテープ)
・ステンベルガー錠5mg
(ミリステープ)
・スレンドミン錠
(ミリスロール注)
・セラモンテ錠
(ミリスロールテープ)
・ソプレロール錠20mg
(メズサビド錠5)
・タイシロール錠20mg
(メディトランステープ)
・ニコランジス錠2.5mg/5mg
(メディトランスニトロ)
・ニコランタ錠5
(ラブノールRカプセル)
・ニコランマート錠
(リファタックL錠)
・ニトソルビド注0.05%/0.1
(リファタックテープS)
・ニトプロ注
(リベラステープ)他

※硝酸剤や一酸化窒素(NO)供与剤と使用中の方。
狭心症や不整脈のお薬とシアリスを絶対に併用しないで下さい。
シアリスは血管を拡張する事で血圧が低下します。
そこへ、血圧を低下させる作用のお薬を更に飲んでしまうと、血圧が下がり過ぎて大変危険です。
血圧が低下しすぎると全身へ血液が流なくなってしまう恐れがあり、脳への血液不足では失神などが起こり、心臓への血液不足などで死亡事故も起こっています。

※性行為を行うだけの体力が無い方。(医師から止められている方)
高齢や心疾患などを既に患っていて、医師に性行為自体を止められている方などは、シアリスを服用できません。
また、医師にシアリスの服用を禁止されている方は服用出来ません。

※半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血の既往歴がある方。
半年以内に心筋梗塞や脳梗塞・脳出血を患っている方は、シアリスは服用できません。

※重度の肝機能障害の方。
シアリスの成分タダラフィルは、肝臓で代謝される為、肝機能障害で正常にタダラフィルが代謝されない場合、排出に時間がかかったり、通常以上の血中濃度になってしまう恐れがある為です。

※低血圧の方(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)又は、高血圧の治療をおこなって血圧のコントロールがされていない方(安静時収縮期血圧170mmHg以上、又は最小血圧が100mmHg以上)
臨床データがない為、安全性の確認が取れていない状態なので、シアリスの使用が禁止されています。

※網膜色質変性症(進行性の夜盲症)の方。
シアリスを服用すると、網膜色質変性症を悪化させる恐れがある為、シアリスの服用が禁止されています。

併用禁忌薬にないからといって、服用するのは危険です。
薬を服用している場合は、必ず医師に相談してください。
グレープフルーツを食べたり飲んだりしてしまうと、作用が強く出てしまう恐れがあり、 更に、副作用も強く出る可能性があるので注意が必要です。