プリリジー(内服タイプ)

プリリジージェネリックの個人輸入代行メデマートは、メーカー正規品100%保証・プライバシー厳守・電話注文も可能です。

プリリジー(内服タイプ)売れ筋ランキング

  • プリリジー(内服タイプ)

プリリジー(内服タイプ)の商品一覧

早漏防止薬プリリジー関連記事

よくお客様から頂く、早漏防止薬プリリジーに関するご質問を下記の記事にまとめました。 気になる項目を開く事で、早漏防止薬プリリジーに関する事をお調べ頂けます。

早漏防止薬プリリジーの主成分ダポキセチンとは?

現在、心因性早漏の治療で一番効果的と言われているのが、この早漏防止薬ダポキセチンです。
早漏防止薬プリリジーに配合された主成分ダポキセチンは、SSRI【セロトニン再取り込み阻害薬】に分類されるお薬です。
いわゆる【抗うつ剤】と呼ばれるお薬です。
抗うつ剤と聞くと、不安になり使いたくないなという方もいらっしゃると思います。
うつ状態は脳内のセロトニン濃度が低下する事が原因と言われており、心因性早漏の原因もこのセロトニンが不足する事で起こると言われています。
人間の脳内物質は、セロトニン、ドーパミン、ノルアドレナリンのバランスによって精神的に安定していますが、セロトニンが不足すると、脳内物質のバランスが崩れ精神的に不安定となります。
セロトニンが不足する事で、脳内物質のバランスによって交感神経が優位な状態となり、興奮しやすい=射精しやすい状態となります。
セロトニン濃度が増えると、副交感神経が活発化しリラックス状態となる為、興奮しにくく射精しにくい状態となります。
日本でもダポキセチンは早漏治療に用いられますが、保険が適応されない為、プリリジー1回分が5000円~7000円程度と非常に高価となっており、興味は有っても治療に踏み切れない方が多数います。

ダポキセチンの正しい飲み方(服用方法)

ダポキセチンが配合された錠剤は、水又はぬるま湯等で服用しましょう。
また、飲むタイミングは性行為の約1~3時間程度前が理想です。
これは、服用後にダポキセチンが体内へ吸収され、ピークを迎えるまでに約1~3時間程度必要だからです。
効果は約5時間程度続きます。また、1日2回まで服用が可能です。
1回の用量は、30mg~90mgまで服用可能で、効果の効き具合によって調整が可能です。
また、ED治療薬と一緒に服用する場合は、空腹時に服用する事をオススメ致します。
ダポキセチン単体では食事の影響を受けませんが、ED治療薬は食事の影響を受けやすい為、思った効果を得られない可能性が高くなります。
また、ED治療薬の成分によって、効果を得られるピークが変わってくる為、『バイアグラとプリリジー』『レビトラとプリリジー』『シアリスとプリリジー』『ステンドラとプリリジー』『ザイデナとプリリジー』など、成分に合わせて服用する時間をずらす必要があります。
下記のピークと効果が続く時間帯を参考に、服用タイミングを合わせてご使用下さい。

医薬品名 プリリジー バイアグラ レビトラ シアリス ステンドラ ザイデナ
医薬品画像 プリリジー バイアグラ【VIAGRA】 レビトラ シアリス【先発薬】 ステンドラ ザイデナ
成分名 ダポキセチン60mg シルデナフィル100mg バルデナフィル20mg タダラフィル20mg アバナフィル100mg ウデナフィル100mg
服用後のピーク 約1~3時間 約1時間 約0.5時間 約1~3時間 約0.5時間 約1時間
効果持続時間 約5時間 約6時間 約8時間 約36時間 約8時間 約12時間

また、心因性早漏と器質性早漏を併発している場合、リドカインなど局所麻酔を含む早漏防止薬などと併用する事が可能です。
脱水症状がある時に服用すると、高熱、嘔吐、下痢といった副作用の報告がある為、最低でもコップ一杯以上の水で服用するようにしましょう。

ダポキセチンの効果・作用

ダポキセチンの効果・作用

射精直前の脳内では、セロトニンが少なくノルアドレナリンが過剰分泌されている状態です。
ダポキセチンは、脳内伝達物質セロトニンの再吸収を阻害する事で、脳内のセロトニン濃度を高め、ノルアドレナリンを抑える作用を持ちます。
過剰に興奮している脳内のバランスを整えることで、射精までの時間を延長させる効果があります。
また、他のSSRIとダポキセチンが違う点は、特異的に射精中枢に作用することで、セロトニン濃度を高める事から、早漏治療薬として用いられています。
海外の臨床試験では、挿入後から射精までの時間を約3倍~4倍程度引き延ばすデータがあります。
服用後は、約1時間~3時間程度で効果のピークを迎え、5時間~6時間程度効果が持続します。
また、実際にダポキセチンを使用した際のパートナー満足度も2倍程度改善されており、海外での早漏治療ではダポキセチンが基準となっています。
早漏の原因の多くは心因性の為、ダポキセチンが早漏治療に高い効果をもたらせています。
また、ダポキセチンは服用しても、感度を損ないません。
感度を損なわず、射精までの時間だけ引き延ばす事が出来るので、大変人気です。

■ダポキセチンの効果まとめ

  • ダポキセチンは抗うつ剤
  • ダポキセチンは心因性の早漏に効果的
  • ダポキセチンがセロトニンを増やし過剰な興奮を抑える
  • 挿入後から射精までの時間を約3倍~4倍引き延ばす
  • 服用後は、約1時間~3時間程度で効果のピーク
  • 効果の持続時間は5時間~6時間程度
  • 感度はそのまま、射精までの時間だけ延長

ダポキセチンが脳内物質のバランスを取る事で、過剰な興奮を抑え、早漏を改善します。

ダポキセチンの副作用

ダポキセチンを配合したプリリジーは、既に全世界約60ヶ国以上で認可を取得し使用されています。
これまでに数百万人以上の多くの方が早漏治療に使用している実績があります。
各国にて、認可を取得しているので、膨大な臨床実験を繰り返し行われている為、安全性も高いお薬という事が実証されています。
また、他の薬でよくある『重篤な副作用』の報告がありません。
医薬品の中では他のお薬と比較しても、安全性の高いお薬である事が証明されています。
しかし、全く副作用が無い訳ではありません。服用した方の約1%~10%程度の方に、下記の副作用を感じる方がいらっしゃいます。
脱水症状がある時に服用すると、高熱、嘔吐、下痢といった副作用の報告がある為、最低でもコップ一杯以上の水で服用するようにしましょう。
▼ダポキセチンの副作用一覧
・頭痛
・鼻詰り
・めまい
・ふらつき
・動悸
・胃もたれ
・嘔吐
・下痢
・体のだるさ
・睡眠障害
・眠気
・喉の乾き

■ダポキセチンの副作用まとめ

  • ダポキセチンは高い安全性
  • 重篤な副作用は起こっていない
  • 副作用を感じる方は、約10%以下

日本未認可のダポキセチンですが、世界では高い安全性が認められ、60ヶ国以上で認可を取得し、早漏治療に用いられています。

ダポキセチンの併用禁忌

ダポキセチンの併用禁忌

ダポキセチンには、場合によっては服用できない方や、他のお薬と一緒に服用できない物があります。 現在服用中のお薬がある場合は、使用前に一度医師や薬剤師にご相談下さい。

ダポキセチンとED治療薬

▼ダポキセチンが使用出来ない方
・女性の方
・18歳未満の方
・心臓に疾患のある方(心不全・狭心症ほか)
・肝障害をお持ちの方
・腎障害をお持ちの方 など

▼飲み合わせの悪いお薬
・他のSSRI
・抗うつ剤
・鎮痛剤
・睡眠薬
・抗真菌薬(水虫の薬ほか)など

▼ダポキセチンとED薬の併用ダポキセチンとED治療薬
ED(勃起不全)と早漏は深い関係を持っており、EDを発症している方の約3割は早漏です。
これは、勃起の硬度と感度の関係に原因があります。
勃起の硬度が低下していくにつれて、感度は上昇していきます。
その為、EDの方は早漏につながりやすくなっています。
バイアグラの成分シルデナフィル、レビトラの成分バルデナフィル、シアリスの成分タダラフィル、ステンドラの成分アバナフィルなど、ED治療薬とダポキセチンは併用する事が可能な為、一緒に服用する事でEDと早漏を同時に治療する事も可能です。

上に戻る
電話を掛ける