海外薬局TOP   海外薬局公式ブログ   リポドリンやゼニカルなど飲むだけで本当に痩せられる?【ダイエット】

リポドリンやゼニカルなど飲むだけで本当に痩せられる?【ダイエット】

2018-07-28   更新

いつも海外薬局のご利用ありがとうございます。
海外薬局スタッフの、斉藤です。

今回は、ダイエットに関連した医薬品やサプリメントに関する質問が増えてまいりましたので、ダイエットの基礎知識からご自分のダイエットに合った商品の選び方などを詳しく解説していきたいと思います。

■3大栄養素
人間の体に必要な栄養素は大きくわけて3つあります。

▼糖質
体を動かす為に必要なエネルギーです。体内へ吸収されるとエネルギーとして使用され、余った糖質は脂肪となり体へ蓄えられます。
砂糖などの甘い物に含まれているのが糖質です。
主に、主食となる炭水化物から摂取します。
ご飯・パン・麺類などの炭水化物は糖質+食物繊維から出来ています。
炭水化物1gあたりのエネルギーは4kcal

▼たんぱく質
骨や筋肉など体が作られる素材となります。
主に、肉・魚・大豆製品などから摂取します。
たんぱく質1gあたりのエネルギーは4kcal

▼脂質
体内で作ることが出来ない必須脂肪酸などが脂質には含まれており、体の細胞膜の成分であったりホルモンなどの素材となっています。
油に溶ける脂溶性ビタミンの吸収も手助けしており、不足すると肌荒れなどの原因にもなります。
主に、サラダ油、ごま油などの液体の油と、バター、肉の脂身など固形の脂があります。脂質は1gあたりのエネルギーは9kcal
三大栄養素のうち最も高いエネルギーです。

■ダイエットの仕組み
これらの栄養素は人間が生きていく上で必要な栄養素ではありますが、過剰に摂取する事で体内へ脂肪として蓄えられていきます。
脂肪のカロリーは1gあたり9kcalですので、1キロで9000kcalとなりますが、脂肪には水分なども含まれているので、実際に体重1キロの脂肪を減らすには約7200kcalの消費が必要と言われています。
摂取カロリーよりも消費カロリーの方が多く、7200kcalを消費した時点で脂肪1キロを落とす事が出来ます。
反対に消費カロリーよりも摂取カロリーが多く、7200kcalを蓄えると脂肪1キロが増える事となります。

摂取カロリーよりも消費カロリーが多くなれば痩せていくわけですから、摂取カロリーを抑えて消費カロリーを増やす事が効率のよいダイエット方法という事になります。
体作りに必要なたんぱく質は削らずにしっかり取りましょう。筋肉が減ると、同時に消費カロリーも減ってしまいますので、痩せにくい体になってしまいます。
理想は、たんぱく質をしっかりと摂取し、必要な脂質と糖質を摂取しながら、摂取カロリーよりも消費カロリーが多い状態を作る事です。

お客様から『1番ダイエット効果の高いサプリはどれですか?』というような内容の質問をよく頂きますが、ダイエット関連の商品もいくつか種類があり、普段の生活に合わせて使用しなければ全く効果が無い事もあります。
そこで、今回のブログではご自身に合ったダイエット商品の選び方をご紹介致します。

■ダイエット関連商品の選び方

▼脂肪燃焼剤・食欲抑制剤
脂肪燃焼作用と食欲抑制作用を1錠にした、リポドリンなどのダイエットサプリメントが人気です。
飲むだけ簡単ダイエットの主要商品でもあります。
ダイエットの天敵である食欲を抑える事で摂取カロリーを減らし、消費カロリーをアップする事で脂肪燃焼を促進させ、両面からダイエットをサポートします。

体重(kg)×30=一日の消費カロリーと言われています。

体重60kgの方が1日に消費するカロリー目安は以下になります。
体重60kg×30=1800kcal
体重60kgを維持していた場合、1日の摂取カロリーは1800kcalという事になります。
1日の摂取カロリー1800kcal=1日の消費カロリー1800kcal=0kcal

そこで、脂肪燃焼剤・食欲抑制剤を利用してみます。
食欲が抑えられ摂取カロリーが減り、脂肪燃焼効果で消費カロリーが増えます。
1日の摂取カロリー1700kcal=1日の消費カロリー1900kcal=-200kcal
上記の単純な計算でも1日あたり200kcal消費する事が出来ますので、約36日で1キロの脂肪を減量する事が出来ます。
もちろん、普段から運動される方であれば、より消費カロリーは増えますし、ダイエットをしている方が使用すれば、より効果が促進されます。

肥満大国である欧米では、上記の効果でダイエット成功者が続出し、累計販売数1億錠を超える大ヒット商品となったのがリポドリンです。

こんな方にお薦め
・食欲を抑えたい
・ダイエット効率を上げたい
・普段の生活を変えずに飲むだけでダイエットをしたい

▼栄養吸収阻害剤
過剰に摂取したエネルギーの吸収を阻害する事で体外へ排出し、ダイエットをサポートする商品です。

・脂質阻害剤
ゼニカルなどを代表とするダイエット医薬品ですが、3大栄養素の中でも1番カロリーの高い脂質の吸収を抑えることで、ダイエットをサポートします。
1日に摂取するカロリーの中でも約20%~30%が脂質と言われています。
外食の多い方や、脂物の多い食生活の方は実際にはもっと摂取しているかもしれません。
体重60kgの方が1日に摂取する脂質目安は以下になります。
1日の摂取カロリー1800kcal×25%=450kcal
ゼニカルなどの脂質阻害剤では、服用する事で摂取した脂質の約30%を吸収せずに体外へ排出する効果があります。
1日に摂取する脂質450kcal×30%=135kcal

ゼニカルを使用する事で、普段と同じ食生活を続けても、約53日で脂肪1キロを減量する事が出来ます。

こんな方にお薦め
・どうしても脂物を食べてしまう方
・ダイエット効率を上げたい
・普段の生活を変えずに飲むだけでダイエットをしたい

・糖質・炭水化物吸収阻害剤
糖質の吸収を阻害するシュガーバンや、炭水化物の吸収を阻害するカーボブロッカーなど過剰に摂取したエネルギーの吸収を阻害する事で、体へ脂肪としてたまる事を防ぎます。1日に摂取するカロリーの中でも約50%が糖質と言われています。

体重60kgの方が1日に摂取する脂質目安は以下になります。
1日の摂取カロリー1800kcal×50%=900kcal

炭水化物であるカップ焼きそばのペヤング超超超大盛GIGAMAXを食べたら、1食で2142kcal摂取してしまう為、過剰摂取となってしまいます。
ダイエットしながらも、甘いものや炭水化物を食べたい方に強い味方です。

こんな方にお薦め
・どうしても甘い物を食べてしまう方
・ダイエットしながら食べたい
・普段の生活を変えずに飲むだけでダイエットをしたい

■自分の生活に合ったダイエットサプリを選ぶ
脂物は苦手でほとんど食べないという方がゼニカルを飲んだ所で、ほとんど効果は見込めません。反対に脂物ばかり食べている人がゼニカルを飲めば、大きな効果が期待できます。ご自分の生活と照らし合わせ、どんなダイエットサプリが自分に合っているのか見極めて使用しましょう。

また、ダイエットサプリなどは併用する事も可能です。
その為、天ぷらなどを食べる時は、カーボブロッカーとゼニカルを使用すれば、炭水化物と脂質の吸収を同時に阻害する事が出来るので、ダイエットの相乗効果を生みます。
使い方次第で、あなたのダイエット効率を高めてくれますので、体型が気になる方は活用してみてはいかがでしょうか。

リポドリンやゼニカルなど飲むだけで本当に痩せられる?【ダイエット】
前の記事へ 次の記事へ

医薬品・サプリメントをカテゴリから探す

海外薬局お買い物ガイド