正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

尖圭(せんけい)コンジローマ関連記事

よくお客様から頂く、尖圭(せんけい)コンジローマに関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、尖圭(せんけい)コンジローマに関する事をお調べ頂けます。

尖圭(せんけい)コンジローマとは?

コンジローマ尖圭コンジローマ性感染症のひとつです。
性行為をしていれば、誰にでも起こる可能性があり、感染率が高く60~80%です。
男女ともに、肛門や性器周辺に先の尖った形のイボなどができます。
最近では若い世代に感染が多くみられます。

尖圭(せんけい)コンジローマの感染経路

コンジローマ感染経路尖圭コンジローマはヒト乳頭腫ウイルス (HPV) に感染すると発症します。
ほとんどが性行為での感染が多く、尖圭コンジローマはオーラルセックスやアナルセックスなどから感染します。
また、小さな傷や傷口からウイルスが感染するので、性行為以外でも皮膚や粘膜の傷口から感染する可能性があります。

性器尖圭(せんけい)コンジローマ感染症の症状

コンジローマ男性症状■男性症状
陰茎や亀頭の皮膚にできる腫瘍です。
軟らかい腫瘍で、多く腫瘍ができるとカリフラワー状になります。
尿道の粘膜に感染することもあり、肛門の周囲や口の周辺にできることもあります。
治療して腫瘍が消えても、ウイルスが皮下に潜んでいると、再発をしてしまうことがよくあります。

コンジローマ女性症状■女性症状
尖圭コンジローマは、あまり自覚症状がなく痛みや痒みが出にくいです。
男性同様に性器や肛門周辺ににイボができるので、感染に気づきます。
性器の外側にある大小陰唇や性器の内側にある腟や子宮頸部にもイボができることがあります。

尖圭コンジローマはすぐに症状があらわれず、このような症状があらわれるのは 感染してから約3週間~8ヶ月と言われています。
イボの大きさや色は人それぞれ違います。
大きさは数ミリから数センチほどで、色は白やピンクなどです。
形も様々で、乳頭のような形のものやカリフラワーのようになるものニワトリのトサカのようになるものなどがあります。
尖圭コンジローマに感染するとオリモノが増えることもあります。
ほとんどは自覚症状がありませんが、他の感染症と一緒に感染していると痒みや痛みが起こる場合もあります。

尖圭(せんけい)コンジローマの治療方法

■アルダラクリームを使用する方法
尖圭コンジローマにアルダラクリームを直接塗ることで治療することが可能です。

■凍結療法
尖圭コンジローマだけでなく、他のイボ治療にも液体窒素による冷凍凝固が使われます。
コンジローマ周辺部分も含めた腫瘍組織を約マイナス190度の液体窒素で凍傷にして組織を破壊する方法です。

■電気焼灼
局所麻酔を行ってコンジローマを電気メスにて焼灼する治療法があります。
あまり大きくないイボであれば、多発性であってもこの治療法で焼灼します。