通販の海外薬店 会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

通販の海外薬店 医薬品個人輸入



通販の海外薬店 電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
通販の海外薬店 電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら

通販の海外薬店 FAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店 通販FAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

通販の海外薬店 メール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店 通販メール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

通販の海外薬店 配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

通販の海外薬店 商品閲覧履歴

通販の海外薬店は安心安全対応


通販の海外薬店 郵便局留め

通販の海外薬店は安心梱包

通販の海外薬店は処方箋不要
> アフターピルで避妊失敗する原因と成功する方法
海外薬店通販ブログ

アフターピルで避妊失敗する原因と成功する方法

2017-02-22

アフターピルのアイピル
今回のブログは、アイピル等のアフターピルを使用して、避妊に失敗してしまうケースをご紹介致します。
アフターピルを使用して、避妊に失敗する原因と成功率を上げる方法を学んでいきましょう。

▼アフターピルの避妊成功率は100%ではない?
アフターピルを正しく使用すれば、100%避妊が出来ると思われている方がいますが、これは大きな間違いです。
実際にはアフターピルを正しく使用した場合、95%以上の避妊効果が得られますが、100%の確率で避妊を成功させる事は出来ません。
その為、アフターピルを使用する場合、必ず避妊失敗のリスクは存在します。
あくまでも、「避妊に失敗した性行為の応急処置にアフターピルを使用する」という認識を忘れないで下さい。
様々な避妊方法がありますが、より確実な避妊をしたい方は、事前に服用する低用量ピルをオススメ致します。低用量ピルのトリキュラーは、正しく使用する事で、99.9%以上の避妊率を誇ります。

▼アフターピル使用時の失敗例
アフターピルを使用する際に、よくある避妊失敗例をまとめました。
失敗例を知る事で、アフターピルを正しく使用し、避妊成功率を高める事が出来ます。
ページの最後では、アフターピル使用時の避妊失敗事例を元に導き出された「アフターピルの避妊成功率を高める正しい使い方」をご紹介しています。

▼アフターピルを吐き出してしまった
よくあるケースでは、アフターピル服用後、体に薬の成分が吸収される前に、副作用などで薬を吐き出してしまう場合です。
具体的には、服用後2時間以内に起こった嘔吐が目安とされています。
こういった場合、避妊に必要な成分を体に吸収させる事が出来ていない為、十分な避妊効果を得ることが出来ません。こうなると、アフターピルを服用していない時と殆ど変わりませんので、避妊に失敗しやすくなってしまいます。
アフターピルを吐き出してしまった場合に、失敗を防ぐ為の対処法としては、避妊に必要な成分を体に吸収させる必要がある為、追加でもう1回分を服用します。
但し、既に体へ成分が十分吸収されているようであれば、もちろん追加する必要はありません。反対に過剰摂取になってしまいますので、注意が必要です。
こういった失敗を防ぐ為にも、アフターピルは最低2回分以上を常備するようにしましょう。そうする事で、アフターピルを吐き出してしまった場合の、避妊失敗を防ぐ事が可能です。

▼使用したアフターピルが偽物だった
アフターピルの偽物にも注意が必要です。
特に人気の高いアイピルには偽物が流通しています。
偽物は、本物のメーカー正規品と違い、成分量が少なかったり多かったりする場合があり、有害物質など含まれている可能性も高いです。
上記と同様の理由で、成分が足りない為に効果が無かったり、反対に過剰摂取になってしまったりする事が考えられます。
こういった失敗を防ぐ為には、正規品を保証している個人輸入代行を利用するしかありません。

▼アフターピルの飲み忘れ
初期のノルレボ錠は、成分量0.75mgが2錠で1回分となっていました。
1錠目を服用後、12時間後に2錠目を服用するのですが、その2錠目を飲み忘れてしまったり、飲むのが遅すぎてしまい、アフターピル本来の効果を得られない場合です。
現在では、こういった失敗を防ぐ為に、成分量1.5mgのノルレボ錠へと変更され、1回服用すればよいタイプのアフターピルが主流になってきています。
飲み忘れによる避妊失敗を防ぐ為にも、購入するアフターピルが1錠タイプか2錠タイプか確認をして、1錠タイプのアフターピルを購入しましょう。

▼1錠タイプのアフターピル
常備用1番人気!アイピル
アフターピル通販

緊急用1番人気!エラ
エラ通販

▼アフターピルを使用したのが遅すぎた
アフターピルのアイピルやノルレボなどは、行為から72時間以内の使用となっており、最新のアフターピルであるエラでも120時間以内の使用を推奨されています。
アフターピルの作用は、有効成分によって排卵を防いだり、生理を誘発する事で受精卵の着床を防ぐなどの効果によって避妊成功率を高めます。
行為から妊娠までの時間は、約1週間~10日程度必要となります。
アフターピルは、中絶するお薬では無い為、既に妊娠していた場合に服用しても効果はありません。
また、推奨されている時間を過ぎてからアフターピルを使用したとしても、避妊効果が全くなくなってしまうわけではありません。
何もしないより、アフターピルを遅れて使用した方が、避妊効果は高まるでしょう。

性行為からアイピル服用時までの時間別避妊効果
・12時間以内、避妊効果98%以上。
・24時間以内、避妊効果95%以上。
・48時間以内、避妊効果85%以上。
・72時間以内、避妊効果58%以上。
・海外の研究結果では、72時間~120時間以内の服用で、50%程度避妊効果があると言われています。

性行為からエラ服用時までの時間別避妊効果
・72時間以内、避妊効果95%以上。
・120時間以内、避妊効果85%以上。

▼子宮外妊娠
アフターピルを服用して生理を誘発した場合でも、子宮外に受精卵が着床してしまう、いわゆる「子宮外妊娠」の可能性があります。
こういったレアケースがあるので、アフターピルには100%避妊効果があるわけでは無いのです。

▼アフターピルの避妊成功率を高める正しい使い方
アフターピルの避妊成功率を高める使い方の大前提となるのが、避妊に失敗した性行為の直後にアフターピルを使用する事が、最も避妊成功率を高める使い方です。
しかし、残念な事に現在の日本の法律では、その環境が整っておりません。
日本では性教育が追いついていないという理由から、アフターピルを薬局で市販するという話も見送られました。そうなると、アフターピルを直ぐに手に入れる為には、近くの産婦人科等で処方して貰うしか方法がありません。しかし、「近くにアフターピルの処方してくれる病院が無い」「深夜や休日など病院があいていない」「費用が1回1万円~2万円程度と高い」「産婦人科では常備用としてアフターピルの処方が出来ない」等の問題点が複数あり、早急にアフターピルを購入したり、準備出来る環境が整っていないのが現状です。こういった原因による避妊失敗のしわ寄せは、全て女性が背負わなければなりません。
土日祝日など休日や深夜早朝に必要になる事が多いアフターピルは、海外では当たり前のように薬局で市販されていたり、自動販売機で販売されていたりするのです。
このような事情により、現在の日本の環境では、アフターピルの避妊成功率を高める為に、予め準備をした方がいざという時に後悔しません。

▼アフターピルを常備する
病院で常備用のアフターピルを処方して頂くことは出来ませんが、ネットで個人輸入(通販)を利用する場合は、アフターピルを購入し常備用として保管する事が可能です。
また、ノルレボ錠のジェネリックであるアイピルや、最新のアフターピル、エラも避妊に失敗した性行為直後に服用した場合、避妊効果に大きな差は無く、同等の効果を得ることが出来ます。つまり、常備用として購入する場合は、値段の安いアイピルでもエラと同等の避妊効果を得ることが出来る為、経済的負担を抑える事が出来るのです。

「今直ぐに必要じゃないし私は大丈夫」と準備を怠ると、必要になった時に後悔します。ブログを書いている経験者が言うんだから間違いありません(笑)

性行為は相手がいるので、いくら自分が気をつけていても、絶対に大丈夫という保証はありません。アフターピルは消費期限によって最低でも半年~3年程度は常備用として保管できるので、安心を購入する金額だと考えれば高いものでは有りません。避妊に失敗し妊娠した場合は、出産するか中絶するかの選択となり、どちらも女性が負担を背をわなければなりません。むしろ、「避妊に失敗してアフターピルを病院で処方」や「妊娠して中絶」の方が費用は高くつきます。いざという時は自分の身は自分で守るしかありません。

▼アフターピルを常備するメリット
アフターピルを使用した避妊失敗を防ぐ為にも、アフターピルを手元へ用意しておき、いざという時にはすぐに使用できるように準備しましょう。
・1回あたりの費用を抑えられます。
・避妊効果を最大限引き出せます。
・産婦人科などへ来院不要。
・常備する事による安心感。

いざ必要になった時、持っていて良かったと思うのがアフターピルです。

▼今直ぐにアフターピルが必要な方
もし、貴女が今直ぐにアフターピルが必要な場合、2つの選択方法があります。
①病院でアフターピルを処方してもらう。
②ネットで個人輸入(通販)を利用する。
まず、第1優先にすべき事は、出来るだけ早くアフターピルを使用する事です。
「処方可能な産婦人科を探す」「産婦人科の出入りを知人に見られる可能性がある」「高い費用を負担する」などのデメリットはありますが、今回はより高い避妊効果を得る為に、勉強代だと割り切って病院で直ぐにアフターピルを処方してもらいましょう。
そして、2度と同じ失敗を繰り返さないように、直ぐに常備用アフターピルのご用意をオススメ致します。

また、「産婦人科に行く事が出来ない」「費用が高すぎて捻出できない」等、産婦人科に行きアフターピルの処方が出来ない場合は、ネットで個人輸入(通販)を利用するといった選択肢があります。少しでも手元に届くのが早い、即日発送対応の業者を利用した方が良いでしょう。
72時間~120時間以内のアイピル使用で、50%程度の避妊効果。エラであれば、120時間以内の使用で85%以上の避妊効果が見込めます。
時間が経過すればする程、避妊効果も低下していきますが、何も対応をしないよりも、アフターピルを使用した方が避妊効果を高める事は出来ます。次の生理まで不安を持ちながら我慢せずに、最後まで諦めず少しでも避妊率を高めましょう。

▼1錠タイプのアフターピル
常備用1番人気!アイピル
アフターピル通販

緊急用1番人気!エラ
エラ通販

▼妊娠・避妊・ピルについてもっと詳しく知りたい方は
妊娠とピル

アフターピルで避妊失敗する原因と成功する方法
前の記事へ 次の記事へ

▼お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文


通販の海外薬店 ページの上へ戻る