正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

ヘルペス

性器ヘルペス関連記事

よくお客様から頂く、性器ヘルペスに関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、性器ヘルペスに関する事をお調べ頂けます。

性器ヘルペスとは?

ヘルペスウイルス性器ヘルペスは単純ヘルペスウイルスという病原体によって、感染します。
感染後、潜伏期間の2日~10日を過ぎると発症します。
症状が現れずに感染に気づかない場合もあります。
性器ヘルペスは主に2型で、くちびるや顔に出来るヘルペスは1型の口唇ヘルペスになります。
上半身が1型で下半身が2型に区別がつけられますが、1型の口唇ヘルペスが発症している状態で、1型ウイルスが性器などに直接触れると性器ヘルペスを発症してしまいます。
現在の医療では、ヘルペスウイルスを完全に死滅させる事が出来ません。
1年以内の再発率が80%以上あり、性器ヘルペスの治療方法は、ウイルスの増殖を増やして再発しないように抑える事がメインとなります。

性器ヘルペスの感染経路

ヘルペス感染経路皮膚や粘膜に、性器ヘルペスが出てきてる場合に接触する事で感染します。皮膚や粘膜からヘルペスウイルスが入り込むと、神経を伝って腰仙骨神経節に潜伏します。
免疫力が低下したりする事で、ヘルペスウイルスの活動が活発化されると、ウイルスが増殖して症状が出てきます。
SEX(膣性交)以外でも、キスやオーラルセックス(フェラチオ・クンニグリス)といった前戯やアナルセックス(肛門性交)でも感染する事があります。性器付近や唇に感染します。
また、感染者が使用したコップやタオルにウイルスが付着していた場合も、感染する恐れがあります。

性器ヘルペスの症状

ヘルペス男女症状■男性・女性症状
自覚症状が出ない場合も有ります。
潜伏期間の2日~10日を過ぎると発症し、男性の場合は亀頭・ペニス・太もも・お尻・肛門周辺・直腸粘膜・唇に症状が現れ、女性の場合は外陰部・膣・お尻・子宮頚管・膀胱・唇に症状が現れます。
1~2ミリ程度の赤い水泡が出来て潰れると潰瘍状態になり、痒みや強い痛みを伴います。
特に女性の場合、排尿が困難になる位の強い痛みを伴う場合があります。
リンパ節の腫れや発熱する場合もあり、再発時は比較的症状が軽いと言われていますが、再発率が1年以内で80%以上と高い特徴があります。

性器ヘルペスの治療方法

抗生物質の投与が有効
通常であれば治療期間は、1週間~2週間程度の投与が必要となります。
※再発してしまう場合、長期間の投与が必要となる場合もあります。
ストレスや免疫の低下等が引き金で再発する場合が多く、生活改善も必要となってきます。