パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

検査キット

検査キット

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の症状

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の詳細
HIVウイルス

HIVはヒト免疫不全ウイルスという病原体によって、感染します。 HIVウイルスに感染する事で、 エイズ(AIDS)を発症してしまう可能性が出てきます。

エイズは(Acquired Immuno-Deficiency Syndrome)の頭文字をとったもので、後天性免疫不全症候群といいます。 HIVに感染した段階では、まだエイズは発症していません。

人間の体には免疫があり、様々な外的(ウイルスや病原菌)が体の中に入って悪さをする前に、駆除をして体を守っています。
免疫力には個人差が有り、免疫が強い人は風邪を引きにくかったりします。
その免疫力に重要な細胞で、マクロファージ(CD4陽性細胞)やTリンパ球といった細胞にHIVウイルスは感染します。
HIVウイルスが免疫細胞の中で増殖する事によって、免疫細胞の数が次第に低下していきます。
免疫細胞の数が低下することで免疫力が低下し、健康体では問題なかった菌やウイルスの影響で、様々な病気を発症してしまうようになります。
厚生労働省が定めた23の疾患があり、その中の1つ以上発症した段階でエイズ発症と診断されます。
感染してから発症するまでの期間が半年~10年程度と長いのが特徴です。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染経路と予防法
HIVウイルス予防

HIVウイルスの感染源は、血液・精液・膣分泌液・母乳になります。
上記の事からも、性行為・輸血などの血液感染・母子感染の3つが主な感染源となっています。

■性行為感染
性行為をおこなうことで、 目には見えない細かい傷から精液や膣分泌液に含まれるHIVウイルスが進入することで感染します。
特にアナルセックス(肛門性交)は、直腸粘膜が膣などに比べて傷つきやすい為、感染するリスクが高くなります。

■血液感染
HIVウイルス保有者の血液で感染する恐れがあるので、輸血や注射針の回し打ち等、 血液同士が触れ合う事で感染します。
また、万が一感染者の血液に触れてしまうような事故が起こった場合、2時間以内に抗HIV薬の予防内服で感染率を下げる事が可能です。

■母子感染
・出産時の産道によっての感染
・母乳によっての感染
・胎内感染

現在では、適切な母子感染予防をする事で、感染率を0.5%以下にまで低下させる事が可能です。

■予防法
性行為に関しての予防法としては、 コンドームの正しい使用が感染するリスクを下げる事が出来ます。
オーラルセックス(フェラチオ・クンニグリス)でも感染する可能性があるので、注意が必要です。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染率
HIVウイルス感染率

コンドーム不使用時の性交(膣性交・アナルセックス)の 感染率は約0.1~1%(100回に1回)程度
男性に比べ受け身側である女性側の方が、感染リスクが高くなります。
他の淋病・クラミジア・梅毒等の性感染症に感染していた場合、粘膜が炎症を起こしやすい状態となっているので、感染リスクは数倍高くなります。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の症状
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)男女症状

■男性・女性症状
エイズを発症した場合、健康体であれば免疫によって守られますが、 免疫力が低下する事で通常は体に害が無いウイルスや細菌に感染してしまい、様々な病気にかかってしまい、死に至る事もあります。


HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の治療方法

現在の医学では完全に治すことは難しいです。
適切な治療を受ける事によって、発症を遅らせたりする事で、通常の寿命を全うする事も可能です。
その為にも、 早期発見・早期治療が大切です。