正規品保証・確実配送の通販は海外薬局

検査キット

HIV関連記事

よくお客様から頂く、HIV(ヒト免疫不全ウイルス)に関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、HIVに関する事をお調べ頂けます。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)とは?

HIVウイルスHIVはヒト免疫不全ウイルスという病原体によって感染します。
HIVウイルスに感染する事で、エイズ(AIDS)を発症してしまう可能性が出てきます。
エイズは(Acquired Immuno-Deficiency Syndrome)の頭文字をとったもので、後天性免疫不全症候群といいます。
HIVに感染した段階では、まだエイズは発症していません。
人間の体には免疫があり、様々な外敵(ウイルスや病原菌)が体の中に入って悪さをする前に、駆除をして体を守っています。
免疫力には個人差が有り、免疫が強い人は風邪を引きにくかったりします。
その免疫力に重要な細胞で、マクロファージ(CD4陽性細胞)やTリンパ球といった細胞にHIVウイルスは感染します。
HIVウイルスが免疫細胞の中で増殖する事によって、免疫細胞の数が次第に低下していきます。
免疫細胞の数が低下することで免疫力が低下し、健康体では問題なかった菌やウイルスの影響で、様々な病気を発症してしまうようになります。
厚生労働省が定めた23の疾患があり、その中の1つ以上発症した段階でエイズ発症と診断されます。
感染してから発症するまでの期間が半年~10年程度と長いのが特徴です。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染経路と予防法

HIVウイルス予防HIVウイルスの感染源は、血液・精液・膣分泌液・母乳になります。
上記の事からも、性行為・輸血などの血液感染・母子感染の3つが主な感染源となっています。
■性行為感染
性行為をおこなうことで、目には見えない細かい傷から精液や膣分泌液に含まれるHIVウイルスが進入することで感染します。
特にアナルセックス(肛門性交)は、直腸粘膜が膣などに比べて傷つきやすい為、感染するリスクが高くなります。
■血液感染
HIVウイルス保有者の血液で感染する恐れがあるので、輸血や注射針の回し打ち等、血液同士が触れ合う事で感染します。
また、万が一感染者の血液に触れてしまうような事故が起こった場合、2時間以内に抗HIV薬の予防内服で感染率を下げる事が可能です。
■母子感染
・出産時の産道によっての感染
・母乳によっての感染
・胎内感染

現在では、適切な母子感染予防をする事で、感染率を0.5%以下にまで低下させる事が可能です。
■予防法
性行為に関しての予防法としては、コンドームの正しい使用が感染するリスクを下げる事が出来ます。
オーラルセックス(フェラチオ・クンニグリス)でも感染する可能性があるので、注意が必要です。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の感染率

HIVウイルス感染率コンドーム不使用時の性交(膣性交・アナルセックス)の感染率は約0.1~1%(100回に1回)程度
男性に比べ受け身側である女性側の方が、感染リスクが高くなります。
他の淋病・クラミジア・梅毒等の性感染症に感染していた場合も、感染しやすい状態となります。
性感染症の影響を受け、粘膜が炎症を起こしやすい状態となっているので、感染リスクが数倍高くなるのです。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の症状

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)男女症状■男性・女性症状
通常、健康体であれば免疫によって、ウイルスや細菌といった外敵から守られます。
エイズを発症した場合、免疫力が低下する事で通常は体に害が無いウイルスや細菌にも感染してしまいます。
通常であればただの風邪でおさまるような菌でも、免疫力の低下によって肺炎になってしまう事もあります。
様々な病気にかかってしまい、死に至る事もあります。

HIV(ヒト免疫不全ウイルス)の治療方法

現在の医学では完全に治すことは難しいです。
適切な治療を受ける事によって、発症を遅らせたりする事で、通常の寿命を全うする事も可能です。
その為にも、早期発見・早期治療が大切です。