正規品保証・確実配送の通販は海外薬局

淋病

アジー
アジー通販

¥2,200¥1,700-
1錠あたり ¥255
在庫あり
アジーはジスロマックのジェネリック薬で、クラミジア感染症・淋病などの性感染症治療や、歯周病、膀胱炎、喉の炎症など様々な治療に利用されている抗生物質です。
短期間で治療ができ、薬の効果が長時間続きするのが特徴です。
性感染症クラミジアと淋病を同時に治療可能です。
また、症状が収まっても完治するまで菌は潜伏しています。
耐性菌だった場合は、通常の菌よりも治療に時間がかかります。
▼アジー【ジスロマック】を用意する事で予防が可能です
・症状は消えたが菌が潜伏していた
・性病をパートナーに移した
・性病がバレてパートナーと別れた
・歯周病によって口臭が悪化した
・喉の炎症による40度近い高熱が出た
・性病科や産婦人科の出入りを知人に見られた
中途半端な治療はかえって悪化する恐れがありますので、必ず完治するまで治療するようにしましょう。
歯周病治療にジスロマックを処方した場合、保険適応外の為、治療1回分の値段は約15,000円~20,000円程度必要ですが、アジーはジスロマックと同効果で治療1回分の値段が1,530円~と大変お得です。
また、性感染症の予防や、予め準備する常備薬の処方は病院では行っておりません。
事前に準備する事で、大事になる前に簡単に治療が行なえます。
人気商品の為、品切れになる可能性も御座いますので、お早目のご購入をオススメ致します。

淋病関連記事

よくお客様から頂く、淋病に関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、淋病に関する事をお調べ頂けます。

淋病(淋菌感染症)とは?

淋菌淋病は病原体・淋菌によって感染します。
淋病の名前の由来は、淋菌によって尿道が炎症し、淋菌性尿道炎が起こります。
尿道炎により、尿道が狭くなる事と痛みから勢い良く排尿が出来なくなってしまい、ポタポタと雨が滴り落ちるイメージからつきました。
古くは、淋菌性尿道炎によって尿道から排出される膿を見て、精液が漏れる病気とされていました。

淋病(淋菌感染症)の感染経路

咽頭・尿道・膣内・直腸などの粘膜に直接病原体が触れる事によって、感染します。
その為、SEX(膣性交)以外でも、キスやオーラルセックス(フェラチオ・クンニグリス)といった前戯やアナルセックス(肛門性交)でも感染する事があります。
また、淋病に感染した場合、炎症を起こす事によって他の性感染症に感染するリスクが高まります。
その為、クラミジア感染者の約20%~30%は、淋病と同時感染を起こしています。

性器淋病感染症の症状

淋病男性症状■男性症状
淋菌に感染後、数日~1ヶ月程度の潜伏期間を経て、発症します。症状の強弱には個人差が有ります。
典型的な症状としては淋菌性尿道炎を起こすため、勃起・排尿時に激痛が起こり、尿道から白色や黄色い膿が出ることがあります。
放置して進行してしまうと、前立腺炎を起こした場合、発熱や射精時に痛みを伴います。
また、精子の通り道が詰まってしまうと、不妊の原因にもなります。副睾丸炎を起こした場合も、発熱や睾丸が腫れ痛みが有ります。
尿道狭窄になってしまうと、通常時の排尿が困難になり出にくくなります。
また、淋菌は口腔内や喉にも感染します。
フェラチオやクンニグリスといった、オーラルセックスで感染した場合、喉に炎症を起こし腫れて痛みを伴います。
風邪の症状と似ている為、気づかずに放置してしまう場合も有ります。
個人差によって、自覚症状が出ない場合もあります。

淋病女性症状■女性症状
自覚症が出ない事が多く、特徴的な症状は少ないですがオリモノが、増えたり、臭い、不正出血などがになることがあります。
自覚症状が乏しく放置してしまい進行してしまう場合が多くあり、淋菌に感染した状態を放置してしまうと、卵管炎や骨盤腹膜炎を起こし、子宮外妊娠や不妊症・流産や早産といった原因にも繋がります。
男性と同じく、淋菌は口腔内や喉にも感染します。フェラチオやクンニグリスといった、オーラルセックスで感染した場合、喉に炎症を起こし腫れて痛みを伴います。
風邪の症状と似ている為、気づかずに放置してしまう場合も有ります。

淋病咽頭感染■淋病(淋菌感染症)咽頭感染
最近では、風俗などでのオーラルセックスが原因で咽頭感染が蔓延しています。
男性の性器から女性の咽頭に感染するケースと、女性の咽頭から男性の性器に感染するケースがあります。
性器への感染に比べ、治療に時間がかかると言われています。
性器への感染と咽頭への感染は、感染している場所が違うため別のものです。
ですので、咽頭だけに感染することがあります。
ディープキスでの感染はそれほど多くはないです。また、キスや回し飲みでは感染しません。

淋病(淋菌感染症)の治療方法

抗生物質の投与が有効
通常であれば治療期間は、1週間~2週間程度の服用が必要となります。
※淋菌が耐性をつけてしまっている場合、長期間の服用が必要となる場合もあります。