パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい





お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。
その他お問合わせはこちら



FAXにて注文も承ります
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。


2018-01-31
【ビットキャッシュ決済のメンテナンスについて】

2018-01-15
1/16日に実施するシステムメンテナンスのお知らせ

2017-12-28
年末年始の営業時間について

2017-12-03
年末年始のポイントキャンペーン!

2017-11-28
一部医薬品の個人輸入規制のご案内(インデラル、ラシックス、ストラテラ等)

2017-11-03
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!期間延長!!

2017-10-05
日頃の感謝を込めて500ポイント贈呈!

2017-06-20
クレジット決済一時利用停止について

2017-06-04
VISAカードのご利用について

2017-04-12
コンビニで購入可能なビットキャッシュ決済を導入致しました。

2017-03-22
個人輸入代行の再開につきまして

2017-01-01
海外薬店は年末年始も休まず通常営業しております。

2016-11-01
SSLを導入致しました

2016-10-14
VISAクレジットカードの復旧完了のお知らせ

2016-10-12
VISAクレジットカードの接続障害につきまして

2016-09-15
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-09-08
9/8 11時よりサーバーメンテナンスになります

2016-08-26
※最重要※海外薬店からお客様へ送るメールが届かない場合が有ります

2016-08-24
抗うつ剤(精神安定剤)デパスを再入荷いたしました!

2016-08-23
重要※エチゾラム・ゾピクロン含有関連商品について

2016-08-17
人気の多汗症治療薬プロバンサインを再入荷いたしました!

2016-08-17
タダシップキャンペーン商品追加!

2016-07-23
プロバンサインの在庫が残り僅か

2016-07-12
プロバンサイン再入荷いたしました!

2016-06-17
公式ブログ始めました!

2016-06-09
一足早く夏のカマグラキャンペーン!







正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

アンピシリン ジェネリック

アンピシリン ジェネリック通販
◆アンピシリン ジェネリック
アンピシリン(ビクシリン)は、カディラファーマ社が開発したペニシリン系の抗生物質です。
多くの医療現場などに用いられるとても信頼性の高いお薬のジェネリック医薬品です。
主に淋病・梅毒にも有効なお薬として支持されており、ペニシリン系の抗生物質になります。
同じペニシリン系の抗生物質で、アモキシシリンと構造が良く似ています。
◆ブランド:カディラファーマ社
◆アンピシリン ジェネリック有効成分
アンピシリン
アンピシリン ジェネリック 250
アンピシリン ジェネリック 500
数量 

効果・詳細

アンピシリン(ビクシリン)は、主に淋病・梅毒の他に炎症や感染症などにとても効果性の高い抗生物質でビクシリンのジェネリック医薬品です。
有効成分:アンピシリンは殺菌効果はもとても優れ、様々な医療範囲などで多く活用される信頼性の高いお薬になります。
【アンピシリンが有効・効果的な症状】
・淋病(りんびょう)
性交などで粘膜に淋菌が性器や咽頭に感染することで発症します。
・梅毒(ばいどく)
性交などによって、菌が皮膚や粘膜の目に見えない小さな傷口から感染します。
・尿路感染症(にょうろかんせんしょう)
腎臓から尿管、 膀胱を通って尿道口にいたる、尿路にばい菌が入り起こる感染症になります。
・副鼻腔炎(ふくびくうえん)
副鼻腔に炎症がおきる病気。慢性の副鼻腔炎は 蓄膿症(ちくのうしょう)と言います。
・膀胱炎(ぼうこうえん)
大腸からばい菌が膀胱内に侵入して、増殖し炎症を起こす細菌感染症のことです。
女性にも多いとされている症状になります。
・腎盂腎炎(じんうじんえん)
尿道の出口などから侵入したばい菌が尿の通り道をさかのぼり腎盂に達して起こします。
・急性膵炎(きゅうせいすいえん)
膵臓に急性に炎症が生じた膵炎のこと指します。
・腹膜炎(ふくまくえん)
肝臓、腸、胃、膀胱、腎臓、子宮などを覆う膜で、腹膜に細菌感染で炎症が起こる症状になります。
・気管支炎(きかんしえん)
気管支に炎症の中心がり、咳や痰などの呼吸器症状などを引きおこす病気になります。
・肺炎(はいえん)
肺に炎症が起きる病気をまとめて肺炎といいます。
病因微生物などの種類でクラミジア肺炎、細菌性肺炎、ウイルス性肺炎、真菌性肺炎、マイコプラズマ肺炎、寄生虫肺炎などに分類します。
・咽喉頭炎(いんこうとうえん)
咽頭・喉頭の、いわゆる「のど」の炎症で、風邪症候群の部分症状として現れることが多いです。
・扁桃炎(へんとうえん)
扁桃上の常在菌が活動して炎症を起こし、痛みや発熱なども起こす症状になります。
・リンパ節炎(リンパせつえん)
急性と慢性の2つに分けられ、主に頭部や頸部または上下肢の化膿巣などのリンパ管を通してリンパ節にばい菌が達して炎症起こす症状です。
・敗血症(はいけつしょう)
肺炎など生体のある部分で感染症を起こしている場所から血液中にばい菌が入り、全身症状を引き起こす症候群です。
・皮膚疾患(ひふしっかん)
身体にでる痒みや、湿疹などの症状。
症状の種類は様々ではありますが、接触性皮膚炎、尋常性湿疹、内因性湿疹、脂漏性湿疹(皮膚炎)などの症状等
・耳炎(じえん)
聴覚気管である耳の炎症で、次のような炎症があります。
外耳炎-外耳部分に発生した炎症
中耳炎-中耳に炎症が起き、多くは急性の中耳炎のことを指します。
内耳炎-内耳に発生した炎症のことで、難聴や、平衡覚、回転覚に影響を及ぼして目眩の原因とされます。
【ペニシリン系抗生物質アンピシリン】
ペニシリン系の抗生物質で有名なのはアンピシリン・アモキシシリン・スルタミシリントシル三水和物などがあります。
アンピシリンは、細菌の細胞壁合成を阻害する作用があり、細胞壁合成を阻害することで、細菌が細胞としての形を維持できなくなります。
また、殺菌効果に優れ、インフルエンザや大腸菌またはサルモネラなどの感染症にも使用される抗生物質になります。
アンピシリンの主成分はペニシリンを元にした半合成になります。
治療薬として使われる範囲はとても広く上記の症状や、その他の病気などにも多く使われることがあります。
特徴としては従来、ペニシリンで充分な効果が得られなかった「グラム陰性桿菌」にも効果があります。
アンピシリンジェネリックは細菌の細胞質膜の透過性が高い薬として知られています。
【アンピシリンが主に効果のある菌】
・非β‐ラクタマーゼ産生性の大腸菌 : 薬剤耐性菌の一種
・インフルエンザ菌 : 主に呼吸器や中耳に感染する細菌の1種
・大腸菌 : 腸内細菌科に属する代表的な菌
・プロテウス・ミラビリス : 尿路感染症などを引き起こす原因とされる菌
・サルモネラ : 主に食中毒などの原因を引き起こす菌
・赤痢菌 : 人体に細菌性赤痢を起すグラム陰性桿菌

飲み方・使い方

アンピシリン250~500mgを、1日4~6回服用
※症状によりアンピシリンの服用量が異なります。
服用方法については、あくまでも目安となりますので、ご不安な方は医師や薬剤師にご相談下さい。
※効果や副作用、服用方法に関しましては、一般的な情報を記載させて頂いております。海外薬店では、服用及び使用に関する一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。

副作用

頭痛、発熱、発疹、吐き気、食欲不振、頭痛など
※その他異常を感じた場合、速やかに医師の診察を受診して下さい。

併用禁忌薬・使用上の注意

・ペニシリン系のセフェム抗生物質
・アレルギー症状がある方
・妊娠中の方
※上記に該当する場合、使用出来ない可能性が高いので、医師や薬剤師にご相談下さい。
通販の海外薬店
▼ご注文・お問い合わせはこちら▼

海外薬店通販電話注文