正規品保証・確実配送の通販は海外薬局

梅毒

梅毒関連記事

よくお客様から頂く、梅毒に関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、梅毒に関する事をお調べ頂けます。

梅毒とは?

梅毒トレポネーマ梅毒は瘡毒(そうどく)とも呼び、病原体・梅毒トレポネーマにより感染します。
梅毒トレポネーマは螺旋状の菌で、現在試験管の中で培養は不可能で、唯一の培養出来る方法はうさぎの睾丸の中です。
培養が非常に困難な為、病原性の機構は殆どが解明されていません。
昔の日本では 「花柳病」と呼ばれた梅毒ですが、治療法が無かった為数多くの死者を出した性病です。

梅毒の歴史

1775年にオランダからチュンベリーという医師がヨーロッパで梅毒の特効薬と言われている、塩化第2水銀を用いて治療をし劇的に回復したのを見て大変喜びました。
但し、服用量を間違えると水銀中毒になる為、副作用も大変なものでした。
明治5年に発令された「遊女解放令」によって、売春行為が闇で行われるようになり、世の中に蔓延します。
爆発的に増えてしまった梅毒の蔓延を防ぐため、明治政府は明治7年に「医制」を発布しました。

検査が吉原で行われ、その際半数以上が逃げてしまい、残った120人を検査した所60人が梅毒に感染していたので、当時の感染率の高さがおわかり頂けるかと思います。

梅毒蔓延吉原昭和2年になると、マラリアには特効薬(キニーネ)があり、マラリアの熱が梅毒トレポネーマを殺菌出来るといった事から『マラリアに感染→熱で梅毒トレポネーマ殺菌→マラリアを治療』という、強引ですが実際に効果があった治療法を編み出します。
昭和3年には 梅毒の特効薬になるペニシリンが発見されましたが、実用化されるまでに10年以上の年月がかかりました。
ペニシリンが梅毒治療に用いられるようになり梅毒感染者は大幅に減りましたが、近年梅毒患者が増加傾向にあるので、注意が必要です。

梅毒の感染経路

感染経路は、母子感染や膣性交以外でも、キス・クンニグリス・フェラチオ・アナルセックス(肛門性交)や、感染者と同じコップを使い回す等、傷口が有る皮膚や粘膜から菌が侵入すると血液内に入り感染する事があります。
1回の性交で感染する確率は、15%~30%と言われています。

性器梅毒感染症の症状

梅毒男女症状■男性・女性症状
・第1段階
(感染後3週間~3ヶ月)では 硬いしこりができる。痛みや痒みといったわかりやすい自覚症状は出ないので、しこりができる等の症状で、梅毒が発覚する事は珍しく幸運です。
・第2段階
(感染後3ヶ月~3年)では全身のリンパ節が腫れて、発熱・関節痛・体のだるさなどの症状があり、特に梅毒では 特徴的なバラ疹と言われる全身に赤い目立つ発疹が手足の裏や顔まで出ます。
治療しない場合でも、1ヶ月程度で収まりますが、抗生物質で治療しないかぎり進行します。
・第3段階
(感染後3年~10年)第2段階の症状が消失して潜伏期を過ぎると、第3段階に入ります。
ゴムのような腫瘍が皮膚・筋肉・骨などにできます。
現在では、ほとんどの梅毒患者は、第1段階や第2段階で治療されるので、第3段階以降まで進行するのは稀です。
・第4段階
(感染後10年以降)臓器・脳・脊髄・神経まで症状が 進行して死に至ります。

梅毒の治療方法

ペニシリン系などの抗生物質の投与が有効
進行度によっても治療期間が変わる為、2週間~3ヶ月程度の服用が必要となります。