正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

トリコモナス関連記事

よくお客様から頂く、トリコモナスに関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、トリコモナスに関する事をお調べ頂けます。

トリコモナスとは?

トリコモナス原虫トリコモナスという大きさ0.1ミリ以下の原虫が膣や膀胱に感染して炎症を起こします。
感染するとオリモノが泡状になり、悪臭になります。
膣内が激しいかゆみを感じ、外陰部が赤くただれる、排尿時の痛みなどの症状があらわれます。
日本では女性の5%~10%がトリコモナスに感染していると言われています。
性病としては非常に高い感染率です

トリコモナスの感染経路

トリコモナス感染経路トリコモナスは20代~40代まで幅広く感染しています。
性行為で感染しますが、バスタオル、バスルーム、トイレ、など性行為以外からも感染してしまいます。
不特定多数の人が利用するプールや温泉等も感染する可能性があります。
性行為の経験がない女性も感染してしまうことがあるのが特徴です。

性器トリコモナス感染症の症状

トリコモナス男性症状■男性の症状
男性が感染すると、尿道炎の症状があらわれます。
排尿痛・かゆみ・膿が出るなどの症状を起こすこともあります。
また、自覚症状はほとんどないこともありません。
感染していても排尿時に自然に洗い流されることもあります。

トリコモナス女性症状■女性の症状
女性が感染すると、性器周辺のかゆみや不快感があらわれます。
半年以内に1/3の方が 黄色や黄緑色のオリモノが増加・悪臭といった症状があらわれます。
症状があらわれない場合、炎症が卵管にまで拡大してしまい、不妊や流産・早産の原因になることもあります。
トリコモナスに感染すると、他の性病と比べるとオリモノやかゆみを中心とした症状がでます。

トリコモナスの治療方法

トリコモナス膣炎は、抗生物質で治療することができます。
メトロニダゾール(フラジール)やチニダゾール(ファシジン)と呼ばれているトリコモナス原虫の繁殖を抑える成分が有効です。