正規品保証・確実配送の通販は海外薬店

カンジダ

カンジダ関連記事

よくお客様から頂く、カンジダに関するご質問を下記の記事にまとめました。
気になる項目を開く事で、カンジダに関する事をお調べ頂けます。

性器カンジダ症とは?

カンジダ菌性器カンジダ症は真菌・カンジダというという病原体によって発症しますが、元々人の体に常にいる菌です。
健康な人の場合、免疫力によってカンジダ菌の増殖が抑えられています。
性行為以外でもストレスや過労などによって、ホルモンバランスが崩れたり、免疫の低下が引き金となってカンジダ菌が増殖することで、発症する場合もあります。
また、男性に比べて女性の発症率が高いのも特徴です。

性器カンジダ症の症状

カンジダ男性症状■男性症状
カンジダ性亀頭包皮炎によって亀頭などが赤く炎症して、痒みや腫れを伴います。
悪化するとひどい痒みが出たり、皮膚が破れて白いカスのような物が溜まりやすくなります。
特に包茎の方は、皮が被っている事で湿度が増し、汚れが溜まりやすく増殖しやすい環境となる為、注意が必要です。

カンジダ女性症状■女性症状
膣の外陰部が赤く炎症して、痒みや痛みを伴います。悪化すると、小さな水疱が出来たり膿などを伴います。
悪臭を伴ったり、おりものが白い色になり、塊やどろっとした状態になります。

性器カンジダ症の治療方法

カンジダ治療抗菌薬を使用し殺菌する事が有効
通常であれば治療期間は、10日~2週間程度の投与が必要となります。
※再発してしまう場合、長期間の投与が必要となる場合もあります。
また、ホルモンバランスや免疫力の低下が原因にもなるので、生活改善も必要となります。