開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

ロスベストゴールド

ロスベストゴールド 1
ロスベストゴールド 2
ロスベストゴールド 3

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

ロスベストゴールド 1
ロスベストゴールド 2
ロスベストゴールド 3

ロスベストゴールドは、CADILA(カディラ)社が販売している、心臓発作、脳卒中の予防、末梢血管疾患の治療に使用される医薬品です。
ロスバスタチン、アスピリン、クロピドグレルの3つの成分が含まれており、血液をサラサラにする作用や、コレステロールを抑える効果があります。
メディカルダイエットとしても使用できます。 詳細はこちら

分類 カプセル剤 対象 男女兼用
有効成分 ロスバスタチン10mg/20mg、アスピリン75mg、クロピドグレル75mg
メーカー

ブランド
CADILA(カディラ)
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

10mg
20mg
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

糖尿病・高血糖値売れ筋ランキング
糖尿病・高血糖値売れ筋ランキング

ダイエットランキング
ダイエットランキング

糖質ブロックランキング
糖質ブロックランキング

血糖値コントロールランキング
血糖値コントロールランキング

ロスベストゴールドを購入頂いたお客様の声

ロスベストゴールドの高評価

2024-02-26
女性・40代

メディカルダイエットって流行ってるんですかね?
このまえ、なんかの特集で見て気になって買いました。
運動してないんですが、飲んでたらほんとに痩せました。
けど、今頭打ち??
止まりました。
このまま続けた方がいいのかな?
まとめ買いしてるので、とりあえず途中報告を。

ロスベストゴールドの低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

ロスベストゴールドの効果・詳細

ロスベストゴールドは、CADILA(カディラ)社が販売している、心臓発作、脳卒中の予防、末梢血管疾患の治療に使用される医薬品です。
ロスバスタチン、アスピリン、クロピドグレルの3つの成分が含まれており、血液をサラサラにする作用や、コレステロールを抑える効果があります。
メディカルダイエットとしても使用できます。

メディカルダイエットとしての使用

ロスベストゴールドは、コレステロールの生成を阻害し、血流を促し代謝を活性化する働きがあります。
この作用により、体重減少やむくみの軽減が期待できるので、メディカルダイエット薬としても使用されることがあります。

有効成分の特徴

ロスバスタチン

体内でのコレステロールの生成を阻害します。これにより、脂質異常症の治療・予防効果が期待できます。
悪玉コレステロールの数を減らし、善玉コレステロールの数を増やすことで、ロスバスタチンはより効果的に作用します。
コレステロールの量が高いと血管が狭くなってしまう可能性がありますが、これを下げられると心臓病になる可能性が低くなります。

アスピリン

熱を下げたり、痛みを抑える作用のある、解熱鎮痛薬です。
血小板の働きを抑制し、血栓が作られるのを防ぐので、血液をサラサラにする効果があります。
血流をよくするので、動脈硬化によって現れる脳梗塞・心筋梗塞などの治療に使用されています。

クロピドグレル

血栓形成を抑え、血管が詰まらないようにする働きがあります。
陳旧性心筋梗塞、急性冠症候群、安定狭心症と、末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制に使用されます。

適応症状

・心臓発作、脳卒中の予防
・末梢血管疾患の治療
・脂質異常症の改善
・血栓を防ぐ、血液をサラサラにする
・脳梗塞や心筋梗塞の予防
・体重、むくみの減少(メディカルダイエット)

このような方にオススメ【こんなお悩みありませんか?】

  • メディカルダイエットが気になる
  • 体の浮腫みがきになる
  • コレステロールの数値を下げたい

ロスベストゴールドの飲み方・使い方

1日1回1錠を食後に服用してください。

それぞれの配合成分の詳細は以下をご覧ください。

▼ロスバスタチン
通常、成人には1日1回2.5mgより投与を開始しますが、早期にLDLコレステロール値を低下させる必要がある場合には5mgより投与を開始しても良いと言われています。
投与開始後、4週以降にLDLコレステロール値の低下が不十分な場合には、10mgまで増量できる。
10mg投与してもLDLコレステロール値の低下が十分でない、家族性高コレステロール血症患者などの重症患者に限り、さらに増量できますが、1日最大20mgまでとします。

▼アスピリン
通常、成人には1回0.5~1.5g、1日1.0~4.5gを経口投与する。
なお、年齢、疾患、症状により適宜増減する。ただし、上記の最高量までとします。
<急性上気道炎の解熱・鎮痛>
通常、成人にはアスピリンとして、1回0.5~1.5gを頓用する。
年齢、症状により適宜増減するが原則として1日2回までとし、1日最大4.5gを限度とする。また、空腹時の投与は避けさせることが望ましい。

▼クロピドグレル <虚血性脳血管障害(心原性脳塞栓症を除く)後の再発抑制の場合>
通常、成人には75mgを1日1回経口投与するが、年齢、体重、症状によりクロピドグレルとして50mgを1日1回経口投与する。
<経皮的冠動脈形成術(PCI)が適用される虚血性心疾患の場合>
通常、成人には投与開始日に300mgを1日1回経口投与し、その後、維持量として1日1回75mgを経口投与する。
<末梢動脈疾患における血栓・塞栓形成の抑制の場合>
通常、成人には75mgを1日1回経口投与する。

服用に注意が必要な方

手術を控えている方
生理中の方
70歳以上の方
腎臓に問題がある方
重度の肝疾患および活動性肝疾患の方
最近虚血性脳卒中を患った方
間質性肺疾患または重度の呼吸不全の方
クロピドグレル、ロスバスタチン、アスピリン、またはプロスタグランジン合成酵素阻害剤にアレルギーがある方

ロスベストゴールドの副作用

主な副作用

出血の増加
腹痛
消化不良
鼻血
筋肉の痙攣や痛み
下痢
吐き気
皮膚の発疹など

以下の副作用が発生した場合は服用を中止し、医師にご相談ください。

重度のアレルギー反応(皮膚の発疹、かゆみ、顔、唇、喉、首の腫れ、呼吸困難または嚥下困難など)
血栓性血小板減少性紫斑病(全身の毛細血管に血栓を引き起こす血液疾患)
発熱を伴う重度の皮膚疾患
膵炎の症状
黄疸
横紋筋融解症
異常な出血
インフルエンザのような症状(発熱、咳、喉の痛み、頭痛、極度の倦怠感)
呼吸困難
出血性血管炎
月経時の出血量の多さ

ロスベストゴールドの併用禁忌・使用上の注意

併用禁止薬

抗凝固剤
コレステロール低下薬
非ステロイド性抗炎症薬
HIV感染症の治療に使用される薬剤
選択的セロトニン再取り込み阻害剤
胃潰瘍の治療に使用される制酸薬やプロトンポンプ阻害剤などの薬
経皮的冠動脈インターベンション中に使用される薬剤
マクロライド系抗生物質
てんかんの治療に使用される薬
糖尿病の治療に使用される薬
シクロスポリンまたはタクロリムス
ニコチン酸
アゾール系抗真菌剤
メトトレキサート(がんやその他の自己免疫疾患の治療に使用)
ジゴキシン(異常な心拍数の治療に使用)
ダロルタミド(前立腺がんの治療に使用)
レゴラフェニブ(結腸がんまたは直腸がんの治療に使用)
プロベネシドまたはスルフィラゾン(痛風の治療に使用)
ジピリダモール (抗血小板薬)
リチウム(金属疾患の治療に使用)
コルチコステロイド(痛みや炎症の治療に使用)
アセタゾラミド(高山病の治療または予防に使用)
ミフェプリストン(中絶薬)
メトクロプラミド(嘔吐の治療に使用)

ロスベストゴールドの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

ロスベストゴールドのレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン