開催中のキャンペーンに関するお知らせはこちら

バルディトラ【20mg】

バルディトラ【20mg】 1
バルディトラ【20mg】 2
バルディトラ【20mg】 3

商品のパッケージに関するご注意

製薬会社の都合により、実際に届く商品と写真が異なる場合がございます。
商品によってはシートごとのお渡しになる場合もございますので、あらかじめご了承ください。
品質に違いはありませんのでご安心ください。 ×

バルディトラ【20mg】 1
バルディトラ【20mg】 2
バルディトラ【20mg】 3

バルディトラは、インドのヒーリングファーマ社が開発したレビトラジェネリックで、レビトラと同成分バルデナフィルが勃起を促進しEDを改善する作用があります。 詳細はこちら

分類 ジェネリック(後発薬)/錠剤 対象 男性用
有効成分 バルデナフィル塩酸塩水和物【20mg】
メーカー

ブランド
Healing Pharma(ヒーリングファーマ)
保管方法 「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。
必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

もっと見る

バルディトラ【20mg】
数量:1 - +
カートカートに入れる
正規品保証・確実配送の通販はメデマート 正規品保証・確実配送の通販はメデマート

ED治療薬売れ筋セットランキング
ED治療薬売れ筋セットランキング

レビトラ売れ筋ランキング【バルデナフィル】
レビトラ売れ筋ランキング【バルデナフィル】

バルディトラを購入頂いたお客様の声

バルディトラの高評価

2024-04-05
男性・40代

いつもブリトラを買ってたんだけどこっちの方がちょっと安かったから変えてみた。
効き目はまったく一緒だし今後はこっちにシフトだね。
20mgでも十分効果はあるけど、試しに40mgも飲んでみようかな。
一回飲み始めたらもうなしじゃ無理だね。
この間薬なし挑もうとしたら全然だめだったよ。

バルディトラの低評価

低評価のレビューが投稿されていません。

※お客様からいただいたレビューの中で星が多いものと星が少ないものを抜粋しております

バルディトラの効果・詳細

バルディトラ【10mg】【40mg】【60mg】は別ページとなります

バルディトラ【10mg】はこちら

バルディトラ【40mg】はこちら

バルディトラ【60mg】はこちら

バルディトラの主な効果

ED(勃起不全)
バルディトラは、インドのヒーリングファーマ社が開発・製造しているED治療薬で、レビトラと同じ有効成分バルデナフィルが含有されています。
バルディトラのバルデナフィル含有量は【10mg/20mg/40mg/60mg】4種類になります。
1箱10錠入りとなっています。
1錠に含有されているバルデナフィル含有量を比較すると、販売されているED治療薬の中でも非常に強力な医薬品です。
軽度EDや動脈硬化、加齢による勃起の衰えなどにも有効なED治療薬です。

バルディトラの特徴

  • レビトラと同成分のED治療薬
  • バルデナフィル含有量が大容量
  • バルデナフィル10mg/20mg/40mg/60mgの4種類
  • 水で服用する錠剤タイプ
  • 1箱10錠入り
  • 即効性と力強さ
  • 軽度~重度のEDに対応
  • 低価格なレビトラジェネリック
  • 服用後約45分で効果のピーク
  • 効果持続時間は約3.2時間~5.5時間

バルディトラの作用機序

有効成分バルデナフィルには、勃起を阻害する酵素PDE-5(ホスホジエステラーゼ タイプ5)の働きを抑える作用があります。
PDE-5が活発な状態では、男性器にある陰茎海綿体の平滑筋が緊張状態となり、血流量が少なく陰茎は平常状態になります。
PDE-5の働きが抑えられると、PDE-5に分解されていたcGMP【サイクリックGMP(環状グアノシンーリン酸)】が増加します。
性的興奮や刺激によってNO(一酸化窒素)が放出されると、NOとcGMPが結合することで男性器にある陰茎海綿体の平滑筋が弛緩します。
平滑筋が緩むことで陰茎海綿体に流れ込む血液が増加し勃起が起こります。また、PDE-5の働きが抑えられている間は勃起しやすい状態が継続します。
更に詳しいバルデナフィルの詳細はこちら

ED治療薬ジェネリック5種の特徴

ED(勃起不全)とは?EDセルフチェック

EDとはErectile Dysfunctionの略であり、ED診療ガイドライン[第3版]には以下のように定義されています。
「満足な性行為を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できない状態が持続または再発すること」
EDも軽度から重度まであり、中折れも軽度EDに該当します。また、EDの原因も器質性ED、心因性ED、混合性ED、それぞれの混合タイプなど様々です。

バルディトラの飲み方・使い方

性行為の約1時間前、空腹時に、水またはぬるま湯で服用してください。
服用後、約45分で効果のピークを迎え、約3.2時間~5.5時間効果が持続します。
服用後、次の服用までの時間は必ず24時間以上空けてください。

バルディトラの服用量の目安

  • ピルカッターなどで容量を適量に調整してください
  • 日本国内バルデナフィルの摂取量の目安は1日1回5mg~20mg

バルディトラの食事の影響

  • 空腹時に服用してください
  • 食後2時間以上経過してから服用推奨
  • 脂質の多い食事は避けてください
  • 吸収後に食事を摂る場合は問題ありません
胃で分解され、腸の粘膜から吸収されます。
空腹時では服用後約30分で吸収されますが、胃に内容物が残っている場合、また、脂質が多い場合には腸の粘膜に油膜が出来てしまうため、吸収まで時間がかかります。
効果が出にくくなる可能性がありますので、ご注意ください。
また、吸収後に食事を摂る場合は特に問題ありません。

バルディトラのアルコールの影響

  • 適量であればアルコールの摂取は問題ありません
血管拡張作用により通常時よりも酔いが早い可能性があります。
また、酔いが深くなり脳の反応が鈍くなってしまうと、脳が性的興奮を感じにくくなってしまう可能性があります。
効果が出にくくなる可能性がありますので、ご注意ください。
※医薬品を使用する場合は、必ず医師や薬剤師の指示に従ってください。
更に詳しいバルデナフィルの正しい服用方法はこちら

バルディトラの副作用

バルディトラの主な副作用

ほてり、高血圧、心悸亢進、頻脈、顔面浮腫、低血圧、心筋虚血、失神、心筋梗塞、起立性低血圧、狭心症など
更に詳しいバルデナフィルの副作用はこちら

バルディトラの稀に起こる副作用注意点

持続勃起症(プリアピズム)
持続勃起症はプリアピズムとも言います。4時間以上の勃起や持続勃起(6時間以上持続する痛みを伴う勃起)は、持続勃起に対する処置を速やかに行わないと陰茎組織の損傷又は勃起機能を永続的に損なうことがあるので、勃起が4時間以上持続する症状がみられた場合、直ちに医師の診察を受けてください。
視覚異常
急激な視力低下又は急激な視力喪失があらわれた場合には、服用を中止し、速やかに眼科専門医の診察を受けてください。
※体調不良が現れた場合、我慢せずに直ちに医師の診察を受け、指示に従ってください。

バルディトラの併用禁忌・使用上の注意

バルディトラの使用上の注意

・グレープフルーツジュースなどの柑橘系ジュースでの服用はしないでください
グレープフルーツなどの一部柑橘類に含まれるフラノクマリンという成分が、バルディトラの成分分解する体内酵素の働きを弱めてしまうため、有効成分の吸収量が大幅増加し、作用が大きく増強してしまいます。
副作用が強まる可能性が高くなるため、注意が必要です。
・高所作業、自動車などの運転や機械の操作はしないでください
めまいや視覚障害が認められているので、高所作業や自動車などの運転や機械の操作に従事する場合には注意してください。

バルディトラの使用禁忌

  • バルディトラに過敏症(アレルギー)を起こしたことのある方
  • 重い肝臓病の方
  • 心臓病を患った事のある方
  • 脳卒中を患った事のある方
  • 極度の低血圧の方
  • 高血圧(管理していない方)
  • 網膜色素変性症
  • 性行為が行える体力の無い方
上記に該当される方は、バルディトラを使用できません。
※医薬品を使用する場合、必ず医師や薬剤師の指示に従ってください。
更に詳しいバルデナフィルの使用上の注意・禁忌はこちら

バルディトラの併用禁忌薬

・硝酸剤及びNO供与剤
ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビド、ニコランジルなど
併用により、降圧作用を増強し、過度に血圧を下降させることがあります。
・sGC刺激剤
リオシグアト(アデムパス)
併用により、症候性低血圧を起こすことがあります。
・CYP3A4を阻害する薬剤
アタザナビル(レイアタッツ)、ホスアンプレナビル(レクシヴァ)、ロピナビル・リトナビル(カレトラ)、ダルナビルを含有する製剤(プリジスタ、プレジコビックス、シムツーザ)、ケトコナゾール(外用剤を除く)、イトラコナゾール(イトリゾール)、コビシスタットを含有する製剤(スタリビルド、ゲンボイヤ、プレジコビックス、シムツーザ)
バルデナフィルの血漿中濃度が上昇するおそれがあります。
・クラスIA抗不整脈薬
キニジン、プロカインアミドなど
・クラスIII抗不整脈薬
アミオダロン、ソタロールなど
バルデナフィル投与によるQTc延長がみられています。

バルディトラの併用注意薬

・CYP3A4を阻害する薬剤
マクロライド系抗生物質(エリスロマイシンなど)、ビカルタミドなど
バルデナフィルの血漿中濃度が上昇するおそれがあります。
・CYP3A4を誘導する薬剤
リファンピシンなど
バルデナフィルの血漿中濃度が低下するおそれがあります。
・カルペリチド
併用により、降圧作用が増強するおそれがあります。
・α遮断薬
テラゾシン、タムスロシンなど
併用により、症候性低血圧があらわれるおそれがあるので、α遮断薬による治療で患者の状態が安定していることを確認した上で、本剤5mgから投与を開始してください。また、併用する場合には、α遮断薬との投与間隔を考慮してください。
更に詳しいバルデナフィルの併用禁忌薬・注意薬はこちら

効果・詳細・飲み方・使い方・副作用・併用禁忌・使用上の注意のご説明には、販売国の商品説明書の他に、次のサイトを参考にしています。

医療関係者用添付文書(レビトラ錠5/10/20mg)第1版(2021年2月改訂)【参考元:バイエル薬品】
インタビューフォーム(レビトラ錠5mg/10mg/20mg)改訂第18版(2021年2月改訂)【参考元:バイエル薬品】
バルデナフィル【参考元:KEGG】
バルデナフィル【参考元:Wikipedia】

バルディトラの保管方法

「湿気」「直射日光」を避け涼しい場所で保管をしてください。必ず小さなお子様やペットの手の届かないところに保管してください。

バルディトラのレビュー

(1件のレビュー)

レビューのリニューアルについて

実際に商品を購入されたお客様のみ投稿可能とさせて頂いております。
2018年7月3日より以前に投稿のあったレビューの内容を一旦リセットさせて頂きました。
ログインして頂く事で、レビューの投稿が可能です。
過去にご購入した商品のレビュー(100文字以上)を投稿して頂いた場合、今なら300ポイントをプレゼントさせて頂いております。 皆様のご協力をお願い致します。

※誹謗中傷や悪質な投稿は表示することができませんので対象外とさせていただきます。

上に戻る
海外医薬品・サプリメントの個人輸入代行メデマート電話注文ボタン