レグテクトジェネリック(アルコール依存症)

評価: ★★★★クチコミ1件を見る
レグテクトジェネリック(アルコール依存症)通販
◆レグテクトジェネリック(アルコール依存症)
レグテクトのジェネリックはアルコール依存症・慢性アルコール中毒の治療薬です。
レグテクトを飲む事でお酒を飲みたくなくなる効果があり、無理なく断酒を助けるお薬です。
脳内のグルタミン酸が増えることで、お酒を飲みたい欲求が高まり、お酒を飲んでしまうと、グルタミン酸が減少します。
この繰り返しがアルコール依存症です。
◆ブランド:サンファーマ
-レグテクトジェネリック(アルコール依存症)有効成分-
アカンプロセート
商品詳細情報使用上の注意副作用について
※お電話でのご注文も承っております 050-5532-5811
内容量 定価
【1錠あたり】
販売価格
【1錠あたり】
ポイント 購入
333mg × 42錠 ¥3,000
¥71-
¥2,700
【¥64-】
81pt
333mg × 210錠 ¥15,000
¥71-
¥12,150
【¥57-】
364pt
333mg × 420錠 ¥30,000
¥71-
¥21,600
【¥51-】
648pt

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)の詳細情報

レグテクトのジェネリック333mgは、主成分が「アカンプロサートカルシウム」のアルコール依存症の治療薬になります。

レグテクトは2013年に発売され、新しい作用機序を持つ抗酒薬です。



レグテクトのジェネリック有効成分
レグテクトの有効成分「アカンプロサートカルシウム」には、お酒に対する欲求による神経活動の高揚を抑制する働きがあります。

医学的には、グルタミン酸作動性神経の活動亢進により飲酒欲求が高まった時、グルタミン酸の受容体(NMDA受容体)にレグテクトが作用する事により、グルタミン酸作動性神経活動を抑制するということになります。



レグテクトのジェネリック効果
人は大量のお酒を飲み続けることにより、次第にお酒なしではいられなくなってしまう病気としてアルコール依存症があります。

アルコール依存症になり症状が悪化してしまうと、いくらお酒を止めようと思っても、手の震えや幻覚などの離脱症状まで表れ、自分の意思だけではアルコール依存症を克服することが困難になってしまいます。

アルコール依存症を患っている方の症状で「お酒を飲みたい!」という欲求を抑える治療薬としてレグテクト(アカンプロサート)は開発されました。

レグテクトが承認される以前では、アルコール依存症治療薬として抗酒薬(嫌酒薬)と呼ばれる種類の薬が使用されていましたが、レグテクトとは違い、飲酒欲求を減らすという働きは持っていませんでした。

今までの抗酒薬はお酒が肝臓で分解されないように作用する働きがあり、具体的にはアルコールを分解する酵素「アルデヒド脱水素酵素」の働きを阻害するといった作用でしたが、少量のお酒で体が参ってしまいます。

そのためお酒を摂取したときに、少量のお酒でアルコール中毒のような不快な思いをするということになり、結果的に禁酒をせざるを得ないといったことになります。



アルコール依存症とは?
脳内で働く神経伝達物質として、「脳の興奮に関わる物質」と「脳の抑制に関わる物質」の2つあります。

この中でも、前者の脳の興奮に関わる神経伝達物質として、記憶や学習に関与するグルタミン酸があり、後者の脳の抑制に関わる神経伝達物質としてGABAと呼ばれる物質が関与しています。

お酒を大量に摂取すると、脳の興奮に関わるグルタミン酸の作用が弱まり、その反対に脳の抑制に関わるGABAの作用が強くなります。

その結果、脳の機能が抑制されていきます。これが酔っ払う時のメカニズムと考えられています。

アルコール依存症では脳の興奮に関わるグルタミン酸が過剰に存在しているため、脳内のバランスを保とうとするためにお酒を欲するようになります。

これが強い飲酒欲求を起こさせるメカニズムと考えられています。
レグテクトがお酒の欲求を減らす事で、サポートしてくれます。

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)の用法と使用上のご注意

■ レグテクト使用方法 ■
(※あくまでも目安となりますので、詳しいレグテクトのご使用方法等は専門医または薬剤師等にご相談下さい。)
1回2錠 1日3回レグテクトを服用して下さい。

■レグテクトの注意点
※指示された服用回数、量を守り、正しくレグテクトを服用してください。
※レグテクト使用方法及び服用方法による一切の責任を負いかねます。
レグテクトご使用の際は、必ずかかりつけの医師や薬剤師にご相談して下さい。
適量・療法にはご注意してレグテクトをご使用ください。

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)の飲み合わせと副作用

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)飲み合わせ

レグテクトの併用禁止薬は下記になります。
腎機能に障害がある方は、レグテクトを使用出来ません。
高齢者の方は、レグテクトを使用出来ません。

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)副作用

レグテクトの副作用に関して、吐き気、嘔吐、下痢などの報告を受けています。

レグテクトジェネリック(アルコール依存症)のクチコミ【クチコミを投稿する】


レグテクトジェネリック(アルコール依存症)の口コミ点数
評価:★★★★

アルコール依存症で、飲んでいない時は手の震えが治まりません。
レグテクトジェネリックを服用して禁酒をはじめました。
まだ、1週間ですが頑張れてます。


レグテクトジェネリック(アルコール依存症)のクチコミを投稿する


商品名 評価
クチコミ投稿内容

海外薬店通販会員ログイン



パスワードを忘れた方は:
こちらからお問合せ下さい

個人輸入医薬品



海外薬店通販の電話注文



お電話にて注文も承ります
日本語電話対応
海外薬店通販の電話注文
ご注文以外のお問い合わせに関しましては、下記よりお問い合わせ下さい。
商品の効果・副作用につきましては、薬事法の関係でお答え出来ません。予めご了承下さい。

その他お問い合わせはこちら

海外薬店通販のFAX注文



FAXにて注文も承ります
海外薬店通販のFAX注文
上記よりFAX注文用紙を印刷してください。FAX注文方法も記載しております。

海外薬店通販のメール注文


メール注文も24時間可能です。
下記のボタンを押してメールを起動し、購入したい商品を送信して下さい。
海外薬店通販のメール注文
届いたメールを確認次第、当サイトスタッフよりメールを返信させて頂きます。

海外薬店通販配送状況確認


ご案内した追跡番号で配送状況を検索できます。


※発行から反映まで数日かかる場合が御座います。

海外薬店の商品閲覧履歴

海外薬店通販は安心安全対応


海外薬店通販郵便局留め

海外薬店通販安心梱包

海外薬店通販処方箋不要

海外薬店通販上に戻る